家族で使えるサイズがおすすめ!初心者も簡単に組み立てられるキャンプ用テント12選

アウトドアブームと言われるようになってしばらくたちますが、アウトドアは道具をそろえたり、準備をしたり、いろいろと大変そうですよね。この記事では、今年こそキャンプデビューしたいという方のために、家族でキャンプ行く際におすすめのテントを紹介しています。家族の人数や使い勝手、行き先によっても使いやすいテントのタイプが違ってくるもの。自分に当てはまる条件をイメージして、選んでみてくださいね。

PIXTA

川でも山でも大丈夫!おすすめキャンプ用テント12選

キャンプには欠かせないのは、寝床のテント。最近では、キャンプ場にロッジやコテージ、テントをレンタルするなど自前のテントを持っていなくても十分キャンプを楽しめます。ただ、ハイシーズンには予約が必要だったり値段が高かったりします。テント自体の値段は安いものは1万円から、高いものは10万円以上するものですが、1つ持っていると思い立った時にでも行けますよ。

ただ、どのサイズがよいのか、寝るときに快適なテントはあるのか、など初めて買うときの選ぶ基準が難しいかと思います。この記事では、家族の人数や行き先に合わせて選びやすいように、タイプ別・ブランド別に筆者がおすすめする順に紹介しています。

12位.LOGOS(ロゴス)「ナバホTepee400 4点セット」

ナバホTepee400 4点セット

かわいいナバホ柄はこだわりのデザイン。組み立て簡単なワンポールテントで、初心者でも気軽にチャレンジできそう。

しっかりとした広さと、十分な高さで快適。同じシリーズでそろえられるタープテントもあるため、コーディネートしてもよいですね。デコレーション用のフラッグもセットになっています。自分らしく飾れば気分も上がりそう。

こちらの商品は、300cmと400cmの2サイズ用意があります。定員は300cmが1~2名で400cmが3~4名です。家族で使用するのであれば、400cmがおすすめですね。

キャンパーに長く愛されるブランドLOGOSで、トレンド感あふれるキャンプデビューをしてみてはいかがでしょうか。

11位.Quechua(ケシュア)「キャンプ テント ARPENAZ FRESH&BLACK - 3人用」

キャンプ テント ARPENAZ FRESH&BLACK - 3人用

寝室のみのシンプルな作りのテントは、ポンっと広げて固定するだけで、初心者でも組み立てが簡単。シンプルですが、風に強く撥水加工もしっかりされているため、安心して過ごすことができます。

食事やアクティビティはほかの場所で楽しむというときにはこれくらいの機能で充分かと思います。そのときの天候に合わせて、タープなどを組み立てると快適に過ごせますよ。

コンパクトに畳めて、収納場所を取らないこともおすすめのポイントです。

10位.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)「ワンポールティピ型テント」

ワンポールティピ型テント

遊牧民の家のようなティピ型テントは、遠くからでも目を引くデザイン。デザインにとことんこだわるなら、テント周りに飾り付けをしても楽しめますよ。こんなおしゃれなテントなら、きれいな星空の下でたき火を囲んで、ロマンチックな夜が過ごせそうです。

メッシュ素材で、夏でも通気性抜群。大人でも立ち上がれる高さと、4人が並んで眠れる広い室内でゆったり過ごせます。

9位.山善(YAMAZEN) 「プロモキャノピーテント5(4-5人用) 」

山善(YAMAZEN) プロモキャノピーテント5(4-5人用)

定番のドーム型テントは、別売りのスクリーンハウスや車とジョイントできて便利。

ドーム型テントは壁が垂直に近く空間を広く感じられる設計になっているため、キャンプ場が混んでいても家族でゆったりくつろぐ空間やプライバシーを確保することができます。

ランタンフックや小物が収納できるメッシュポケットなども装備しています。前後を開放すれば通気性も抜群。夏でも快適に過ごせます。価格もお手頃で、初めてでも購入しやすいかと思います。シンプルなベージュとグリーンの2色展開です。

8位.snowpeak (スノーピーク)「アメニティドームMマット スターターオリジナルセット」

アメニティドームM マット  スターターオリジナルセット

「初めてキャンプをする人に、最高の幸せを」というスノーピークの願いから生まれたベストセラー「アメニティドーム」。そのシリーズに、キャンプ初心者向けにマットシートがセットになったスターターオリジナルセットが登場。

ポールを通すフレームエンドが色分けされていて、初心者でも組み立てやすいように工夫されているのもうれしいポイント。広さの目安は、大人2人+子供3人。家族で並んで眠ることができます。お子さんがまだ小さいという家族にはゆったりできるサイズ感です。

口コミでは「初心者におすすめしたい、一人でも建てられるテント」、「強風にもかなり強い」「大雨に見舞われたが、浸水しなかった」などの声がありました。

7位.TENT FACTORY(テントファクトリー)「トンネル型2ルームテント専用グランドシート付き 」

トンネル型2ルームテント 専用グランドシート付き

全長560㎝の超ロングサイズで、広々空間を実現。高さも190㎝あり、不自由なく動き回れる解放感とプライベートスペースを確保しています。

奥行きが長くなると、出入りのしやすさや通気性などが気になるところですが、この商品は前後からだけでなく左右4面から出入りが可能。サイド部分にもメッシュが施され、テント内のどこにいても快適に過ごすことができます。

インナーを取り外せばトンネル型の大空間になり、緊急時のシェルターとしても使えます。別売りのトップルーフを合わせて使えば、耐水性もアップ。大自然の中で天気を気にすることなく、キャンプを満喫できます。

しっかりとした強度と耐水性を持ち、グランドシートも標準装備していながら、大型テントとしてはお安いのもうれしいですね。定員は4~5名です。

6位. Coleman(コールマン) 「ラウンドスクリーン2ルームハウス」

 ラウンドスクリーン2ルームハウス

家族でゆっくりくつろぐスペースを確保できる2ルームテント。家族でくつろぐスペースと寝室がつながったシンプルな設計です。日よけや雨よけ用に付属で付いているキャノピーを広げると、バーベキューを楽しむのにも十分な広さです。

前面にあるキャノピーは三面オープンで通気性も抜群。解放感があって、実際のサイズ以上に広く感じます。立ち上がっても頭がぶつからない高さもうれしいですよね。

キャノピーを下ろしてしっかり閉めておけば、山のキャンプでも荷物が夜露にぬれるのを防いだり、盗難を防止できたりと安心です。大人2人に子供3人でも余裕のあるテントです。

口コミでは「大人6人ぐらい入りそう、快適に過ごせる」、「設置が簡単」などの声がありました。

5位. snowpeak(スノーピーク)「大型ファミリーテントランドブリーズ6SD-636」

大型ファミリーテントランドブリーズ6SD-636

キャンパーには定番のランドブリーズシリーズ。急な天候の変化にも対応できる撥水加工・UVカット加工を施したテント生地。

テント内の気温を快適に保つためのメッシュパネルを前後に搭載しているため、夏の暑い季節も使えそう。冷気を防ぐマッドスカートも装備し、一年中快適なキャンプを楽しめます。

寝室スペースは300㎝四方で、高さも162㎝と圧迫感のない空間に。家族でおしゃべりしながらゆったりとした時間を過ごせそうです。風にも強い構造で、自然を思いっきり楽しみたい家族におすすめです。この記事では、6人用を紹介しましたが、同じデザインで2人用と4人用もあります。

口コミでは、「女性でも簡単に設営できそう」、「通気性がよく夏でも快適に過ごせました」などの声がありました。

4位. Coleman(コールマン)「大型テント BCクロスドーム」

 大型テント BCクロスドーム

使いやすいサイズと組み立てやすさ、購入しやすい価格など、初めてテントを購入してみようという方におすすめです。

正方形のこのサイズは、インナーシートなど、ぴったりと合うサイズのものを見つけやすく、使い勝手を見ながらアイテムを少しずつ買い足していくのに向いています。

アウトドアは初心者という方は、初めから本格的なものを全部そろえてしまうのではなく、まず手頃な価格のテントからデビューして慣れていくとよいかもしれませんね。

こちらも定員は4~5名と家族用テントとしては十分な広さながら、比較的コンパクト。キャンプだけでなく日帰りのアウトドアにも使えそうです。

3位.FIELDOOR(フィールドア)「ドーム型ワンタッチテント」

ドーム型  ワンタッチテント

コンパクトサイズを探している家族にはこれ。軽量かつ組み立て簡単、しかもこの価格!収納スペースも取りません。

日よけや雨よけになるキャノピーは、別売りのポールを使えば設置可能。人数に合わせて複数で使うこともできます。お子さんの成長に合わせてそれぞれのテントに分かれたり、お友だちと並べて使ったり、キャンプの楽しみ方が広がりそうです。

また、内側のシルバーコーティングで、夏は気温の上昇を抑え、前後の出入り口で通気性を確保。快適に過ごせます。

すでにテントを持っている方もセカンドテントにもよいかもしれませんね。キャンプだけでなく、バーベキューや運動会など日常で気軽に使えるテントです。

定員は4名です。

2位.LOGOS(ロゴス)「 PANELドゥーブル XL 5人用 2ルームテント」

PANELドゥーブル XL 5人用 2ルームテント

本格的にアウトドアデビューしたい方のために、高い機能性と強度、快適な居住空間をかなえてくれる2ルームテントです。車体とジョイントできる本格派で、LOGOSのほかの製品とも組み合わせて使うことができます。もちろんジョイント金具付き。

広々空間は使い方に合わせて仕切れるように、仕切りはつり下げ式で間取りの変更も簡単。ランタンフックも付いています。

蒸し暑い夏の夜も、結露が気になる冬でも、こまめに換気を行うことで不快感をかなり軽減します。しっかりとした装備があれば、1年中いつでもキャンプに出かけられます。

口コミでは、「通気性がよく子供も快適に過ごしていた」、「初心者でも簡単に設営できた」などの声がありました。

1位.snow peak(スノーピーク)「エントリーパック TT SET-250四人用」

 エントリーパック TT SET-250四人用

設営のしやすいメインテントと、定番のヘキサ型タープがセットになった、初心者向けの使いやすいパック。大きめのタープは家族そろってのにぎやかなバーベキューに最適。雨が降ってきても慌てずに楽しむことができます。

タープをたたんでも、日よけや雨よけに最適なキャノピー部分にゆったりした広さを確保。天気を気にせずキャンプを続けられます。インナーシートなども同じメーカーのもので探すと、合うサイズが見つかりやすいですよ。少しずつそろえて本格的なキャンプマスターを目指しましょう。

口コミでは、「コスパがよい、室内がとても広く設営も簡単でした」、「冬でもインナーテントで寒さ対策できました」などの声がありました。

アウトドアデビューの夏、家族皆で自然を楽しもう!

キャンプ PIXTA

初心者でも設営しやすいテントを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「テント」と言っても、サイズや機能はさまざま。設備の整ったキャンプ場に行くのか、ありのままの大自然を満喫するのかによっても選ぶものが違ってくるはず。今回は家族向けのゆっくりサイズを中心に紹介しましたが、最近はデザインも機能にも優れたアウトドアグッズがたくさんあります。

家族で楽しいキャンプデビューができるとよいですね。

楽天で「キャンプ用テント」をもっと見る!

今話題の記事

「キャンプ」「テント」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧