子供がいても大丈夫!LEDタイプもあるおすすめランタン10選&ランタンスタンド3選

外で寝泊まりができるキャンプ。バーベキューや川遊び、釣り、夜はお酒を飲みながらキャンプファイヤーなど子供だけでなく大人も楽しめるアウトドアですよね。ただ、夜のキャンプ場は真っ暗!ランタンは必需品です。最近は、LEDタイプのランタンも販売されているのはご存知ですか。この記事では、ガスを使う本格的なランタンから子供たちがいても安心のランタンまで幅広く紹介していす。またあると便利なランタンスタンドも一緒に紹介します。

amana images

いつものキャンプに雰囲気をプラス!おすすめランタン10選

キャンプに必要なランタン。ガスを使って火が出るタイプのランタンは本格的で雰囲気もありおすすめですが、小さい子連れのキャンプでは危険が伴います。

最近は、火を使わないLEDタイプのランタンも販売されています。この記事では、ガスタイプのランタン、LEDタイプのランタン、明かりの強いランタンなどさまざまなタイプを筆者のおすすめ順に並べてみました。参考にしてみてくださいね。

10位.APRIO「テント用ランタン」

テント用ランタン

本体が直径7cmと手のひらサイズで、持ち運びがしやすいコンパクトサイズのテント用ランタン。

小さいながらも広範囲に明るさが広がるため、真っ暗な夜でもこれ1つでパッと明るく、頼りになります。また、明るいだけでなく暖色のLEDを使用しているため、目に優しい明るさです。

重量が約100gと軽く、背面にマグネットとフックが付いているため、木の枝などさまざまな場所に吊るせます。

9位.BRUNO(ブルーノ)「LEDランタン」

LEDランタン

オイルを使用する本格的なランタンをイメージしたレトロなデザインのLEDランタンです。ブリキとガラスで作られており、暖かい雰囲気が出ます。15灯のLEDライトを搭載し、明るさを調整することができます。火を使わないため、テントの中で使用しても安全です。

また壁に掛け、色も6種類と豊富にあるため、キャンプだけでなく、自宅のインテリアとしても使うこともおすすめです。

8位.Coleman(コールマン)「LEDランタン」

LEDランタン

アウトドアブランドで有名なコールマンが出しているLEDランタンです。こちらのランタンは、画像のように置いて光るだけでなく、逆さまにつるして使用することができます。逆さまにすることで、明るく広範囲を照らしてくれます。

LEDのライトに暖色を使用しています。電池式ですが、充電でも使えます。単一の乾電池4本と専用の充電器は別売りです。また、防水機能付きのため、多少の雨でも使えますよ。

7位.GENTOS(ジェントス)「 LEDランタン エクスプローラー」

 LEDランタン エクスプローラー

こちらのランタンは、昼白色、白色、暖色の3種類の光に対応しているため、朝・昼・夜と状況に応じて変えることができます。

また口コミで、光自体がとても明るく、また電池式のためもし充電が切れても電池さえ持っていれば安心との声が多く見受けられました。

キャンプ場で明るさは重要ですよね。また充電式だと、充電し忘れるとただの荷物になってしまいますが、その点は電池式の方が安心かもしれませんね。

6位.DABADA(ダバダ)「LEDランタン63灯」

LEDランタン63灯

持ち運びがしやすいこちらのランタンは、ソーラー充電・乾電池・シガーソケット充電・手回し充電・USEケーブル充電なんと5つの方法で充電することができます。

そのため、キャンプの時だけでなく停電や防災対策として自宅で使用することもおすすめです。

充電時間と点灯時間はそれぞれ異なりますが、フル充電の場合は、1回の充電で約2日使用することができます。一家に1台あるとうれしいランタンですね。

5位.Coleman(コールマン)「ルミエールランタン」

ルミエールランタン

炎がよい雰囲気を出してくれる、キャンドルをイメージしたガスを使用するランタンです。口コミでも、雰囲気のよさがとても評価されていましたよ。暗い夜のキャンプ場でともす炎の雰囲気は、電池式のランタンと異なる点です。

ただ、メインのランタンにするには少し物足りないため、補助用として購入することをおすすめします。

こちらの商品にはガス缶がセットになっています。ガス缶1つで約28~38時間の明かりがともります。

4位.UCO(ユーコ)「キャンドルランタンキット」

キャンドルランタン

ランタンには珍しい、ろうそくを使用して明かりをともすタイプのランタンです。ろうそくの明かりは全体に広がりませんが、明かりを拡散するリフレクターが付いているため、ろうそくの優しい明かりを広範囲でともすことができます。

ろうそくの明かりがメインのこちらの商品は、テーブルでご飯を食べる時や、夜の晩酌の時などに使用すると雰囲気が出ておすすめです。

3位.Coleman(コールマン)「クアッドマルチパネルランタン」

クアッドマルチパネルランタン

画像で見る限りでも明るさが伝わってくるこちらのランタンは、屋内外問わず、明るく照らしてくれるライトが欲しい方向けのマルチパネルタイプのランタンです。

ランタンには4つの発光パネルが取り付けられていますが、こちらは取り外すことが可能です。明かりが強い昼間は取り外すなど、さまざまなシーンで使用することができますよ。いくつもライトを用意しなくていいのはありがたいですね。

本体にはUSBポートがついているので、点灯しながらの携帯電話などのモバイル機器の充電が可能です。そのため、キャンプだけでなく防災グッズとしても活躍しそうです。

2位.enkeeo「電撃殺虫と照明両用のLEDランタン」

電撃殺虫と照明両用のLEDランタン

キャンプに虫は付き物。自然の中には想像できないような虫が多く潜んでいますが、子連れで行く場合は特に心配してしまいますよね。こちらの商品は、商品名の通り、虫が好む波長で光をともし虫を寄せ付け、5m範囲内に入った時に殺虫効果が出るランタンです。

薬剤や煙を使っていないため、子供がいても安心して使えます。キャンプの虫対策としてだけでなく、普段使いで、窓を開けて寝るときの虫対策としても使えるので便利です。

1位.Coleman(コールマン)「ワンマントルランタン」

ワンマントルランタン

燃料をタンクに入れて、火をともすタイプのワンマントルランタンです。燃料式のランタンならではの暖かい光に癒やされること間違いなし。本格的なランタンが欲しいという方には特におすすめの商品です。

他のランタンに比べて値が張りますが、口コミでは一生大切にしたいという方が多く見受けられました。長年愛される理由があるランタンの1つですね。

ランタンと一緒に使いたい、ランタンスタンド3選

キャンプ PIXTA

LEDタイプのランタンから、本格的な燃料タイプのランタンまでさまざまなランタンを紹介しました。

キャンプではもちろん、普段使い、防災グッズとして使えるものもあり、キャンプにはいかないけれども持っておきたいと思ったママもいるのではないでしょうか。

次にランタンを支えてくれる便利な、ランタンスタンドを紹介します。お気に入りのランタンとともに便利に使いこなしてみてください。

3位.North Eagle(ノースイーグル) 「ランタンスタンド2」

ランタンスタンド2

110cm~250cmまで、高さが自由に調節することができるランタンスタンドです。そのため、高くランタンをつるしたいという方にはぴったりなスタンドですよ。

口コミでは重さがあり、頑丈でしっかりしているため、ガタつくことなく安定感があり安心し使えるとの声が多くありましたよ。

2位.snow peak(スノーピーク)「パイルドライバー」

パイルドライバー

地面に打ち込んで使うタイプのランタンスタンドです。ハンマーを使わずに、強めに地面に打ち付けることで、先端の鋼の石突きが地面に食い込んでくれます。そのため、倒れる心配なく使用可能です。

また高さを3段階に調整することができるため、照らしたい場所をピンポイントで灯せます。

1位.VISIONPEAKS(ビジョンピークス)「ランタンスタンド」

ランタンスタンド

高さを102cm~230cmと調節可能なスライド式のランタンスタンドです。スタンドをペグで固定することができ、倒してしまう心配もなく、また不安定な場所でも設置可能な点が魅力です。

重さはありますが、しっかりとした作りで、キャンプだけでなくさまざまな用途で使っているという口コミがありましたよ。

おしゃれで機能的なランタンでキャンプをもっと楽しもう

キャンプ PIXTA

ランタンをしっかり固定してくれるランタンスタンド。キャンプで走り回る子供たちがいても、しっかり固定することができるスタンドがあれば安心して使えますね。

ランタンがあるだけで雰囲気が抜群になるキャンプ。ぜひ、気になるランタンがあったら手に取ってみてはいかがでしょうか。

また、ランタンは防災グッズとしても使うことができますし、インテリアとしてもおしゃれなものもあります。キャンプに行く予定がないママでもぜひ注目してみてください。

楽天で「ランタン」をもっと見る!

今話題の記事

「ランタン」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧