赤ちゃんはいつから浮き輪を使える?水遊びのできるおすすめ商品9選

猛暑が続くの夏、プールや海へのお出かけは大人や赤ちゃんにとって快適な遊び方ですよね。赤ちゃんと一緒に水遊びの場に行く際に、持っていきたいアイテムのひとつが浮き輪ではないでしょうか。実は赤ちゃん用の浮き輪にもいろいろな種類があるのはご存じですか。浮き輪によって使える時期も異なってくるため、子供の年齢を考えてぴったりの浮き輪が探せるとよいですよね。この記事では、赤ちゃん用浮き輪を探している方におすすめの浮き輪を紹介します。

PIXTA

赤ちゃんが浮き輪を使える時期

赤ちゃん用の浮き輪は生後何ヶ月から使用できるかご存じですか?浮き輪のタイプはさまざまありますが、早くて生後3ヶ月頃から使用できる赤ちゃんの浮き輪が販売されています。0歳からでも家族で海水浴を楽しめるのはうれしいですよね。以下、月齢が低めから使えるタイプの浮き輪と1~2歳が使用できる浮き輪を紹介しています。

月齢低めから使用できるタイプ

Free Swimming Baby

浮き輪のなかには月齢が低い赤ちゃんから使用できるものもあります。こちらの商品は、メーカが推奨している対象月齢、生後3ヶ月~7ヶ月の浮き輪です。商品によりますが、上記のように両腕を通して背中でとめることができるタンクトップ式の浮き輪であれば生後3ヶ月程度から使うことができるようですね。

このタイプの浮き輪なら、赤ちゃんをしっかり抱きとめるベルトが付いていて安心して使うことができるのではないでしょうか。

足を入れるタイプ

INTEX (インテックス)「 デラックスベビーフロート」

浮き輪といえばこの形をイメージする方も多いのではないでしょうか。

足や体もしっかりしてくる1歳頃になれば、足を入れるタイプの浮き輪も使うことができるようになります。パパやママと一緒のプールにも入ることができるため、ぷかぷかと水に浮かぶのも楽しそう。水遊びの幅がぐんとが広がりますね。

商品の作りや大きさにもよりますが、このタイプの浮き輪は、1歳頃から使えると覚えておくとよいでしょう。

人気のキャラクターから写真が映える商品まで赤ちゃんにおすすめの浮き輪9選

浮き輪 PIXTA

早速、子供が喜ぶ浮き輪9商品をチェックしていきましょう。足を入れるタイプの浮き輪はもちろん、水遊びがさらに楽しくなりそうなアームリングまでさまざまな商品を紹介します。人気のキャラクターから、かわいいタイプの浮き輪までたくさんの種類があってママも迷ってしまうかも。この記事では、筆者のおすすめ順に紹介しています。

9位.アガツマ「アンパンべビーうきわ」

アンパンマンべビーうきわ 

子供から大人気のアンパンマンの浮き輪は、プールや海でも熱い視線を集めそうです。子供がつかむ取っ手が付いていて、安心して水に浮くことができるはず。また大人が引くことができるロープも付いているため、より安心ですね。アンパンマンの浮き輪で、元気いっぱい夏の水遊びを楽しみましょう!

対象年齢は1歳半から3歳未満です。

8位.「ベビーフロート」

ベビーフロート

こちらの商品は、空気を抜くとコンパクトになるため、旅行や海水浴などに持ち運びしやすいタイプの浮き輪です。Sサイズであれば、生後3 ヶ月から使用することができます。サイズはSサイズで生後3ヶ月から12ヶ月まで、Lサイズは生後6ヶ月から2歳半まで、XLサイズは2歳から6歳までです。

浮き輪の構造として、上下に空気を入れるタイプのため、片方の空気が急に抜けたとしても一気に沈むことはありません。また体を2本のベルトでしっかりと固定することができるため、月齢が低い子供も安心して楽しめますよ。

7位.アガツマ「子供用うきわ アンパンマン」

子供用うきわ アンパンマン

こちらはアンパンマン好きにはたまらない、アンパンマンが飛んでいる姿の浮き輪です。浮き輪に足を入れると自分がアンパンマンの背中に乗っている感覚になる、まさに子供心をくすぐる商品ですよね。

アンパンマンの顔が立体的なのが本物そっくりで、子供たちが喜ぶこと間違いなしの商品です。アンパンマンが大好きなお子さんにはこちらの浮き輪でたくさん遊んでもらいましょう。

6位.INTEX(インテックス) [ベビーフロート」

ベビーフロート

こちらの浮き輪は、内側のリングと外側リングが独立している2空気室になっており、水の上に浮かぶときに安定感のある商品です。座る場所はおむつ型になっていて、赤ちゃんが落ちてしまう心配もありません。赤ちゃんの安全を第一に考えられた、ママも安心できる商品ですよね。

背もたれがついているのも、赤ちゃんがリラックスできるためおすすめのポイントです。

5位.SwimBee(スイムビー)「ステップ1うきわ」

ステップ1 うきわ

水面に浮かぶハチをイメージさせるかわいらしいこの浮き輪は、写真映えもばっちりです。8kgから使用可能のため、月齢が低めの赤ちゃんでも挑戦することができます。

肩にはめるタイプのショルダーリング、背面バックルなど、赤ちゃんの体をしっかりサポートしてくれる設計です。別売りの保護者用浮き輪と接続可能なつくりになっているため、ママやパパと一緒に水遊びが楽しめそうです。

4位.Seimava(スイマーバ)「ボディリング」

ボディリング

こちらの商品は、スイマーバから販売されている、ボディリングです。赤ちゃんの脇の下にフィットするように作られています。

空気を入れる箇所が表と裏にあり二重構想のため、片方の空気が漏れてしまっても、急に沈むことがありません。またベルトも表裏、両方にありしっかりと固定することで安全性が高まります。浮き輪の形も、赤ちゃんが自由に体を動かせるように工夫されています。

サイズは、小さい方のベビーサイズは生後6ヶ月から2歳ごろまで、キッズサイズは2歳から4歳ごろまで使用できます。

3位.INTEX(インテックス)「マイファースト スイムフロート」

マイファースト スイムフロート

こちらの浮き輪はママやパパと一緒に入れるのがうれしい、8の字型の商品です。ヤシの木がモチーフのサンシェードがついているため、真夏の太陽が照りつける日でも快適に遊べそうですよね。

ちょっと変わった形のかわいい浮き輪でSNS映えも狙えますよ。ママと同じ浮き輪に入って水に浮かべば、プールデビューの赤ちゃんでも安心できるはず。赤ちゃんの顔を正面に見ながら、ママも安心して水遊びを満喫してくださいね。

2位.INTEX(インテックス)「アンダーザシーアームバンド」

アンダーザシーアームバンド

水遊びグッズで人気の高いインテックスが販売しているこちの商品は、腕にはめるタイプのアーム用フロートです。腕に付けるタイプで海水浴に行けば、子供の動きを制限せず思いっきり遊ぶことができそうです。

また空気を入れる仕様のため、旅行などにもかさばらずに持ち歩くことができますよ。サイズは、1歳から3歳ころまでと3歳から6歳ころまでの二つ用意されています。

1位.「一人用屋根付き浮き輪」

一人用屋根付き浮き輪

存在感抜群のこちらの浮き輪は、サンルーフ、背もたれ、浮き輪のなかのインナーリングなど赤ちゃんが安心して水遊びを楽しめる工夫がされている商品です。

ハンドルは音の鳴るラトル機能付きで、赤ちゃんが水に怖がることがないように工夫されています。またサンルーフは取り外し可能なため、外すと室内でも使用することができます。安定感も安全性もばっちり、ママもうれしい優秀な浮き輪です。

同じシリーズに、ママと一緒に入れる「屋根付き親子浮き輪」もありますよ。

赤ちゃんにぴったりの浮き輪を見つけて、残りの夏も満喫しよう

プール PIXTA

夏も残りわずかになってきましたが、まだまだ暑い日には水遊びができそうですよね。天気がよい日には、大好きなキャラクターやお気に入りの浮き輪を持って水遊びの場に行ってみましょう。

0歳の赤ちゃんでも安全に使える浮き輪があり、お好みの浮き輪と一緒にプールデビューするのも思い出になりそう。3歳以上のお子さんは、アームリングを上手に使って泳ぐ練習をするのも楽しそうですね。

すてきな浮き輪を見つけて、残りの夏もたくさん思い出を作りましょう。

今話題の記事

「赤ちゃん」「浮き輪」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧