キャンプ初心者に必要な持ち物と道具リスト!簡単にできる料理も紹介

子供を連れて初めてのキャンプを考えている方、そもそもキャンプが初挑戦の方は必要な道具や持っておいた方がよい物など迷ってしまいますよね。この記事では、初めてキャンプに行く方が知っておくべき心構えと必要な持ち物と道具リストを説明しています。また初挑戦でも使いやすいキャンプ道具とおすすめの簡単な料理も一緒にご紹介します。初めてのキャンプ、手探りしながら家族で楽しんでみましょう。

PIXTA

初めてキャンプする時の下準備

初めてのキャンプで大切なのは、事前準備。キャンプを思い存分楽しめるように、以下の点を注意してみてくださいね。

  • お風呂、シャワーはあるか
  • トイレはきれいか
  • 付近にスーパーはあるか
  • テントの横に車を止められるか
  • スタッフが常駐しているか
  • ご飯やお昼寝のタイミング
  • 渋滞情報を確認する
  • 子供が遊ばせる場所はあるのか
  • キャンプ道具のレンタルはあるか…etc

最近のキャンプ場は敷地内に銭湯や車で数分のところに日帰り温泉があることが多いですが、昔からあるキャンプ場となると、シャワーも付いていないところもあるため注意しましょう。

また初めてのキャンプでは道具をそろえるのが大変す。キャンプ場によっては、テントやバーベキューセットなどをレンタルしている場所もあります。キャンプ道具は一つ一つが高額のため、まずはレンタルしてこれからも家族でキャンプを楽しめそうだな、と思ってからの購入をおすすめします。

その他にも、「オートサイト」と呼ばれるテントの横に車を付けられる場所でないと、荷物の持ち運びがかなり大変になってしまいます。初めてキャンプに行く場合は、ネットや口コミなどを確認したうえで、電話でも周辺情報を詳しく聞いておくと、子供連れでも安心して初めて臨めると思いますよ。

出典元:

キャンプ初心者に必要な持ち物&道具リスト

バーベキュー amana images

キャンプをする時はロッジなどもありますが、基本的にはテントを立てて野外泊です。お泊まりする時のセット以外にも、用意する物が多くなるため、これから紹介するリストを参考に準備してくださいね。

また、初めてのキャンプにおすすめの道具も一緒に紹介しています。先述したように、キャンプ場によってはレンタルが可能です。一度に全てをそろえるのではなく、少しずつ購入することをおすすめしますよ。

持ち物リスト

  • いつも通りのお泊まりセット(歯ブラシ、着替え、充電器など)
  • お風呂セット(バスタオル、ハンドタオル、シャンプー、洗顔など)
  • 水着、サンダル(夏場)
  • 帽子
  • 虫よけスプレー、日焼け止めクリーム
  • 食材、調味料
  • 調理器具(包丁、まな板、ヘラ、おたまなど)
  • 調理道具(鍋、フライパン、湯沸かし器など)
  • 洗浄・片付けグッズ(食器洗いたわし、洗剤、ふきん、ぞうきん、ゴミ袋など)
  • ペーパー類(キッチンペーパー、ティッシュ、ウェットティッシュなど)
  • 食器類(割りばし、コップなど)
  • 車中グッズ(車の中で遊んで楽しめるもの、リラックスできるもの)
  • 現地で遊べるもの(花火、水鉄砲など)…etc

キャンプに持っておいた方がよい持ち物リストです。ひとまず、お泊りとシンプルに考えて家族分のお泊りセットを用意しておきましょう。

夏場に川遊びなど水で遊ぶ場合は、多めにタオルが必要です。虫よけや日焼け止めは、肌を守るための必需品です。どんな虫がいるか分からないため、肌に付ける用と付近に置いたり吹きかけたりする用も用意することをおすすめします。

食器類は大人用だけでなく、子供用も忘れずに準備しましょう。食事の時に使う子供用のエプロンは、使い捨てが売っているため、そちらをおすすめします。

食材は、お昼までにキャンプ場に到着する場合は、夕食用・翌日の朝食用に加えて、昼食用の食材も用意が必要です。事前に計画して、前日までに買い物をしておくと当日は時間に余裕が生まれますよ。メニューが決まれば、必要な調理器具と調理用具が決まると思います。

忘れがちですが、キャンプ場まで行く時間の車内で子供たちが遊べるものも用意しておくようにしてくださいね。

道具リスト

テント amana images

  • テント、タープ
  • レジャーシート
  • インナーマット
  • 寝具(寝袋、タオルケット、枕)
  • メインテーブル、サブテーブル、椅子、子供用椅子
  • ライト類(ランタン、懐中電灯など)
  • バーベキューセット(コンロ、たき火台、鉄板、アルミホイルなど)
  • 着火ライター、着火剤、バーナー
  • 炭、まき
  • クーラーボックス…etc

キャンプをする時、主に必要な道具リストです。

テントにタープ、テーブル類、イス類、バーベキューセットなど野外泊するには、必要なものばかりです。また冷蔵庫が無いため、クーラーボックスも必須です。少しでも荷物を少なくしたいという方は、炭・まきはキャンプ場の売店や周辺のスーパーなどでも購入できますよ。

忘れがちなのは、ライト類。真っ暗で過ごすことになると不便なため、何個か持っていくようにしましょう。着火ライターや着火剤などは、火をつける時に欠かせないグッズですが、初めての場合はガスコンロなどでもよいかと思います。初めから完璧にやろうとせずに、手を抜うところを決めるとよいでしょう。

また屋外で寝るため、寝具も大切。子供がいる場合は寝付けなかったり、夜中起きたりしないように準備できるとよいですね。夏場は、サーキュレーターなど空気を循環させるグッズがあると便利でしょう。冬場は暖房器具は危険なため、厚手の寝巻や冬用の寝袋を用意しておくようにしてくださいね。

キャンプ初心者が簡単に使えるおすすめの道具はコレ!

キャンプに行きたい気持ちはあるけど考えるところで止まっている方、具体的にどのようなグッズが必要なのか悩んでいる方は必見です。アウトドアに欠かせないおすすめアイテムを集めました。どれもこれも簡単に扱える上に、便利で役に立つこと間違いなしの商品です。

FIELDOOR(フィールドア)「ワンタッチテント5人用」

 ワンタッチ 5人用

キャンプには必需品の1つであるテント。こちらのテントは、組み立てるのに掛かる時間が15秒。骨組みから作る必要がなく、ワンタッチで設営できるため、キャンプ初心者の方にぴったりなアイテムです。いつもなら、パパに任せがちな作業ですが、こちらのテントならママにも簡単に組み立てられそうですよね。

また通気性がよく、6本のポールを使用しているため、機能的にも問題ありません。重量は約4.9kgと軽量タイプなため、持ち運びも楽にできます。この重さなら、移動の際にも困りませんね。

家族で使えるサイズがおすすめ!初心者も簡単に組み立てられるキャンプ用テント12選

関連記事:

家族で使えるサイズがおすすめ!初心者も簡単に組み立てられるキャンプ用テン…

アウトドアブームと言われるようになってしばらくたちますが、アウトドアは…

DABADA(ダバダ)「LEDランタン63灯」

LED ランタン 63灯

シンプルな設計で、誰にでも簡単に操作できるランタンです。夕方から夜にかけては灯りが全くないため、真っ暗です。そのため、キャンプにはランタンが欠かせません。

こちらのアイテムの充電方法は、USB充電・手回し充電・ソーラー充電・乾電池充電・車載充電と全部で5つの方法があります。万が一、充電をし忘れてしまった時でも安心です。

また、緊急時には携帯電話を充電することもでき、災害時にも役立ちます。キャンプ用にはもちろん、防災グッズとしても準備しておきたい商品です。

子供がいても大丈夫!LEDタイプもあるおすすめランタン10選&ランタンスタンド3選

関連記事:

子供がいても大丈夫!LEDタイプもあるおすすめランタン10選&ランタンスタンド3選

外で寝泊まりができるキャンプ。バーベキューや川遊び、釣り、夜はお酒を飲…

FIELDOOR(フィールドア)「ワンタッチタープ」

ワンタッチタープ

料理や食事をする時のスペースを確保するタープ。こちらの商品は、強度のあるスチールフレームを採用し、安定性も抜群。生地には高耐水加工が施され、雨の日も安心してキャンプできるでしょう。

生地に施されたUVカット加工・シルバーコート加工により、暑さや紫外線を気にせず快適に過ごせます。

組み立ては、大人2人で持ち上げて広げるだけのため、あっという間に設営は完了!簡単に組み立てることができます。キャンプに、ビーチに、ピクニックに、学校などの行事に大活躍な万能アイテムです。

タープとは?ワンタッチや自立式タープテントなど、おすすめ12選

関連記事:

タープとは?ワンタッチや自立式タープテントなど、おすすめ12選

キャンプやアウトドアで日差しよけや雨よけに大活躍のタープ。見た目のデザ…

「カラフルレジャーシート」

カラフルレジャーシート

アウトドアに欠かせないアイテムの1つである、レジャーシート。こちらのアイテムは大人4~6人が座れるサイズで、程よく厚みがあり、凸凹が気になる地面でも座り心地は抜群です。

カラフルでおしゃれなチェック柄が、楽しい気分をより一層盛り立ててくれるでしょう。キャンプやピクニック、学校行事などで大活躍間違いなしですね。

また、コンパクトに収納することができる点もポイントが高いでしょう。取手が付いているため、持ち運びにとても便利ですよ。

FIELDOOR(フィールドア)「折畳みクッショングランドシート」

折畳みクッショングランドシート

キャンプで快適に過ごすためにあると便利な、グランドシート。こちらのアイテムは、厚さ5㎜のクッション材が入っています。座っている時に冷えを感じることなく過ごすことができます。気になる悩みが解消できるうれしいアイテムですよね。

レジャーシートとしての利用だけでなく、テント内に敷き込んでも使えます。便利なポケット付きで、小物の収納にぴったりです。折りたたみ方も簡単で、長さ調節可能なストラップが付いており、持ち運びにとても役立ちますよ。

Coleman(コールマン) 「アドベンチャースリーピングバッグ」

アドベンチャースリーピングバッグ

野外泊には欠かせない、スリーピングバッグ。こちらの商品は、テント内での使用はもちろん、車中泊にもおすすめの寝袋です。カラーも落ち着いたブルーで、デザインもすてきですよね。

こちらのアイテムは1人用ですが、上下を分割することで2人用に変身します。またマットレスとしても使用できるようになっており、とても優秀なアイテムです。さらに、出し入れが簡単なクッション型ケース付きなところもうれしいポイントです。

寝袋はコンパクトで洗えるものがおすすめ!モンベルやコールマンなど15選

関連記事:

寝袋はコンパクトで洗えるものがおすすめ!モンベルやコールマンなど15選

今年、キャンプに行く予定はありますか?キャンプで寝るときに用意しておき…

FIELDOOR(フィールドア)「レジャーテーブルセット」

レジャーテーブルセット

キャンプ時にぴったりなレジャーテーブルセットです。こちらのアイテムは、一人でも簡単に組み立てることができる設計です。また、テーブルの中にベンチが収納できるようになっているため、持ち運びにも最適なコンパクトサイズを実現しています。

コンパクトに収納できる上に、ベンチは大人2人が座っても問題なしの静止耐荷重160kg。しっかりとした機能性も兼ね備えているアイテムですよ。さらに、カラーバリエーションも6種類と豊富。自分の好みで選べるところもうれしいですよね。

キャンプ用テーブルは折りたたみがおすすめ!コンパクトで軽量な商品10選&テーブルクロス3選

関連記事:

キャンプ用テーブルは折りたたみがおすすめ!コンパクトで軽量な商品10選&テ…

キャンプに行くときのテーブルは皆さんどのようなものを持っていますか?現…

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 「コンパクトテーブル」

コンパクトテーブル

サブテーブルにぴったりの、コンパクトテーブルです。お手軽なコンパクトサイズで、持ち運びも楽々。組み立ても簡単です。

ドリンクホルダー付きになっているため、飲み物を置く場所にも困りません。特に小さな子供がいると、飲み物をひっくり返してしまうことも日常茶飯事…テーブルにドリンクホルダーが付いているとママも助かりますよね。

いろんな場所で活躍するアイテムです。

snow peak(スノーピーク) 「焚火台オリジナルセット 」

 焚火台オリジナルセット

キャンプと言えば、たき火台での調理が楽しみの1つですよね。こちらの商品は、初めての方におすすめのたき火台スターターセットです。一つ一つそろえる必要はなく、手袋から火ばさみまでたき火に必要な道具が全てセットになっています。

サイズがS/M/Lあるため、使用する人数で選んでくださいね。口コミでは、「長く使える商品だと思う」、「サイズが丁度よい」などの声がありますよ。

「バーベキューコンロ」

 バーベキューコンロ

バーベキューをするなら、バーベキューコンロも必要です。こちらの商品は、4~5人が楽しめるサイズです。家族でバーベキューをするなら最適なサイズではないでしょうか。また材質がスチールのため、本体重量が約2.7kgと軽く持ち運びがしやすいでしょう。

「ガスバーナー」

ガスバーナー 

こちらもあると便利なアイテム、ガスバーナーです。この記事で紹介するのは、カセットコンロ用のカートリッジに装着するだけですぐに使えるタイプの商品です。バーベキューなどの火おこしの際に大活躍ですよ。

またキャンプやバーベキューの時だけでなく、ご家庭でも役立ちます。例えば、サーモンなどお刺身を炙るだけで本格的なお店の味に大変身するかも。口コミでは、「炎が強力で使いやすい」、「コスパがよい。連続使用しても問題なく使える」などの声がありました。

FIELDOOR(フィールドア) 「クーラーボックス46Lキャスター付」

クーラーボックス 大型 46L キャスター付

冷蔵庫のないキャンプ場には必須となる、クーラーボックス。こちらの商品は、2リットルのペットボトルが11本収納できるサイズです。キャスターとハンドルが付いているため、重くても持ち運びは楽にできますよ。

キャンプや海水浴などアウトドアでの使用はもちろん、災害時にも冷蔵庫代わりに活躍するはず。一家に一つ持っておきたいアイテムですね。

ここで紹介したクーラーボックスのサイズは46リットルですが、同じ形、デザインで80/100/150リットルと4サイズあります。利用する人数や、車のサイズで選ぶことをおすすめします。

子供も一緒にみんなで楽しめるキャンプにおすすめの料理

食事 PIXTA

キャンプで楽しい食事の時間。野外で食べる食事はまた格別に美味しいものですよね。キャンプでの料理と言えば「バーベキュー」。または「カレーライス」といったところでしょうか。実は、その他にもキャンプで楽しめる料理はたくさんあります。大人だけでなく子供も楽しめるような、おすすめのアウトドア料理をご紹介します。

  • パエリアなどの大皿料理
  • スペアリブなどのスタミナお肉料理
  • シチューなどの煮込み料理
  • 見た目がわくわくするような鳥の丸焼き
  • 朝ごはんにおすすめホットサンド

パエリアなどの大皿料理は見た目も色鮮やかで、ご飯と野菜、お肉も一度に取れる一皿ではないでしょうか。ダッチオーブンなどで作ればインスタ映えも間違いなし。大皿料理はパエリア以外にも、グラタン、アクアパッツァ、キッシュなどがありますよ。焼き肉以外で子供たちも喜ぶ肉料理を考えると、骨付きのスペアリブはおすすめです。他にもローストビーフやロールキャベツなどもあります。

またシチューやカレーなどの煮込み料理は、あまり手間がかからなくておすすめ。その他、朝ごはんにはハムとチーズを挟んだホットサンドに野菜たっぷりのミネストローネ。チョコバナナを挟んだホットサンドを作ると、朝から子供も大喜びですよ。

今年こそ!子供と一緒にキャンプに行こう

キャンプ PIXTA

アウトドアグッズ売り場を見る度に、毎年のようにキャンプに行ってみたいなぁ…と考えつつも、実際にはなかなか行動に移せていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際にどのようなグッズが必要なのは分からなかったり、どのような商品がよいのか手元に情報がなかったり。それでも、やっぱり子供を連れてのキャンプは憧れるものですよね。今年こそ、キャンプに行ってみませんか。

また、アウトドアグッズは出費もかさむことも考えられますが、キャンプでの使用以外にも防災グッズとして備えておけるため、決して無駄な買い物にはならないと思います。そして、なによりもお金には代えられない時間が過ごせるはず。ぜひ、検討してみてくださいね。

今話題の記事

「キャンプ」「初心者」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧