イヤイヤ期まっただ中!2歳3ヶ月、2歳4ヶ月の発達って?

2歳3~4ヶ月は言葉が増えたり、手指の使い方が上手になるなど、できることが増えてお世話が楽になります。その反面、自己主張が激しくなって、ママを困らせる色々な行動・発言をしてくる子も。イライラしがちなこの時期、楽しくこどもと過ごすにはどうしたら良いでしょうか?子供との暮らしが楽しくなるヒントを探してみました。

PIXTA

2歳3ヶ月、2歳4ヶ月ってこんなことができるようになります!

小さかった赤ちゃんもひとりで歩き、お喋りをしはじめ、あっという間に成長が感じられる時期でもありますね。お散歩やお話が出来るようになると、ママもお世話が少し楽になり余裕が出てきます。

このままずっと楽しいことばかり…かと思いきや、2歳になり、突然言うことを聞いてくれなくなった!「イヤイヤ期」の壁にぶつかった!というママも多いのでは?

そんなイヤイヤ期真っ最中。自己主張の激しい、2歳3ヶ月、2歳4ヶ月は、具体的にこんなことが出来るようになります。

お話がとても上手になります

2歳 PIXTA

2歳から2歳半にかけては「言葉の爆発期」といわれ、その名のとおり言葉が爆発的に増えます。話す内容も、意味のない単語の羅列から、体の部位・症状・状態(たとえば「あたま、ごっつんした」)など、的確な言葉の使い方が出来るようになります。

その為、「何かよくわからないけれど泣いている」といった状況が少なくなり、ママはまた少し楽になります。

ピースサインなどの細かい指の動きが出来るようになります

2歳までは、本をめくる時に何枚か重なった状態でめくっていたり、お絵かきをしたりする時にクレヨンを強く握って殴り書きをしている子がほとんどです。この月齢になると、それらの動作に正確性が出てきます。

絵本を1枚1枚めくり、ページごとの絵を楽しみながら読むことが出来るようになります。お絵かきでは、ある日突然ぐるっと曲線を描いて、目・目・お口でお顔を描いた!なんてサプライズもあるかも知れません。

生活面でも手指の発達により出来ることが増えてきます。蛇口の水の開閉、みかんの皮を剥くなど、生活に密着した動きはもちろん、写真を撮る時にピースの指が出来るようになっている子も。

指示されるのが大嫌い!拘束されたくない!

2語文を話しはじめ、ママと言葉でのコミュニケーションがとれてくると、「~しない!」「イヤ!」とつっぱね、ママを困らせることがあります。これこそが世に言う「イヤイヤ期」です。

今までママの言うとおりだった子供が自己主張をはじめるのがこのイヤイヤです。子供にとってのやりたい気持ちとできること、伝えたい気持ちと言葉がうまく出てこないギャップなどが「イヤ!」につながりますが、大きくなるのに大切な過程の一つです。

尊重してあげる。この時期の子どもの上手な向き合い方

3歳 PIXTA

日常の中で会話を増やそう

言葉の発達にはばらつきがあり、上に書いた「言葉の爆発期」もあくまで目安の時期です。「爆発期なのに全然話さない…」と焦る必要はありません。

子供が話しかけてきたときにはパパやママもきちんとした言葉で返しましょう。簡単な色や、上下、などについても会話の中に交えると良いでしょう。

友達の名前が言えるようになる子もいますが、まだまだきちんとした発音ができない場合もあります。そうしたときにも親は赤ちゃん言葉ではなくきちんとした言葉を使って会話しましょう。そうしたことで「さしすせそ」などの赤ちゃんにとっては難しい発音も上手になっていきます。

イヤイヤには大人の余裕で

この時期、こどもは「自分でやりたい」という気持ちがどんどん芽生えてきます。今までされるがままだった子も「自分でやるから」とママを突っぱねて、自我の発達が著しい時期です。

毎日そんなことの繰り返しで嫌になるというママも少なくないでしょう。あらかじめ選択肢を与えて選ばせる、困らないことはある程度好きにさせる、などママがイライラしないよう余裕を持って対応しましょう。

また同じ年齢の子供がいるママたちと、声のかけ方やイヤイヤ対策について共有しましょう。

雨の日を楽しもう

傘 PIXTA

1歳代に比べて体力がついてくる2歳代では、とにかく体を動かしていたいという子供が多いです。雨の日に室内でばかり遊んでいると飽きてしまう、つまらなくなるなど子供の機嫌が悪くなることも考えられます。

雨の日の屋外では、普段なかなか体験できないことが多くあります。長靴で水たまりを踏むのも楽しめますし、傘を差して歩く練習などをするのも良いでしょう。

見守って、こどもの心を理解することが大切

2歳 PIXTA

2歳代はお話が出来るようになったとはいえ、コミュニケーション能力についてはまだまだ成長段階です。子供が本当は何を伝えたいのか、わからないこともあるでしょう。そんな時はママが子供の心を読み取り、理解してあげたいですね。

できないことも多いですが確実に成長している2歳3~4ヶ月のこの時期。子供とうまくコミュニケーションをとって、イヤイヤ期を楽しく乗り越えたいですね。

「イヤイヤ期」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧