1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 毎日同じ行動を繰り返す…それは子どもにとって大きなメッセージだった|リエゾン#3

毎日同じ行動を繰り返す…それは子どもにとって大きなメッセージだった|リエゾン#3

残りの研修を佐山クリニックで行うことになった志保。クリニックでは近所の小学校と連携して、さまざまな問題を抱える児童たちの相談も受け付けています。普通ではないことを手助けする意味があるのかと訴える担任に、佐山先生が出したアドバイスとは?ヨンチャン・竹村優作の著書『リエゾン−こどものこころ診療所−』第3話をぜひご覧ください。

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

ⓒヨンチャン・竹村優作/講談社

大人からすると意味がないように思う行動であっても、子どもからするととても大切な意味があることに気づかされた先生たち。心に問題を抱えた児童は後を絶たない…佐山先生も含め志保たちはどのように対処していくのでしょうか。

金の卵と言われる少年とその理由、そして志保のこれからの対応にも注目です。

なお、同作品を監修する児童精神科医の三木崇弘先生に、大人の発達障害について伺いました。育児や家事がどうにもうまくいかない時、「もしかしたら、自分に何か問題があるのかも」と感じることはありませんか。「インターネットでセルフチェックをしたら、該当する点が多くて不安になった」という方もいるかもしれません。そんな方にぜひ読んでいただきたいメッセージが詰まっています。あわせてご覧ください。

大人の発達障害「もしや私も?」と不安になったときにこそ知ってほしいこと

関連記事:

大人の発達障害「もしや私も?」と不安になったときにこそ知ってほしいこと

近年話題になっている、大人の発達障害。育児や家事がどうもうまくいかない…

1・2話はこちらからどうぞ。

小児科医になるためにやってきたのに…私は発達障害だった!?|リエゾン#1

関連記事:

小児科医になるためにやってきたのに…私は発達障害だった!?|リエゾン#1

小児科の研修医、遠野志保は、研修が終了しても次の臨床研修先が決まらず、…

虐待に苦しむ子ども見て、蘇るのは子どもの頃の記憶…|リエゾン#2

関連記事:

虐待に苦しむ子ども見て、蘇るのは子どもの頃の記憶…|リエゾン#2

志保の臨床研修先に決まった佐山クリニックは、子どものための児童精神科だ…

『リエゾン』の続きが気になる方はこちら

『リエゾンーこどものこころ診療所ー』はコミック1〜2巻が好評発売中。そのほか、コミックDAYやコミックプラスなどの電子書籍サイトでも1話単位で購読できます。続きが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

コミックDAYSで続きを読む

コミックプラスで続きを読む

おすすめ記事

「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧