1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 「今度こそ障害児になっちゃうかも」娘を案じる母親の思い|リエゾン「名前の意味」#2

「今度こそ障害児になっちゃうかも」娘を案じる母親の思い|リエゾン「名前の意味」#2

児童精神科で研修中の志保は、話し出すと止まらない少女・希(のぞみ)とその母親の予診を開始。3歳児健診で発達の遅れを指摘されたものの、当時は小児科医から「様子を見ましょう」と言われたといいます。しかし今、母親はある不安を抱えていました。児童精神科医の佐山と研修医の遠野志保が、生きづらさを抱えた親と子に向き合う 『リエゾン−こどものこころ診療所−』。3巻から「名前の意味」を4回にわたってお送りします。※2021年3月7日までの期間限定公開です。

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

「このままだと小学校に入ってから困ると思う」と、娘である希(のぞみ)を案じる母親。検査結果が出るのを前に、不安をつのらせます。

もし希が発達障害だとしたら、どのように接していくのがよいのか。そして佐山や志保はどのように親子に向き合うのか。

続きの#3は2月20日配信予定です。お楽しみに。

「どうしてうちの子だけ…」受け入れられない現実|リエゾン「名前の意味」#3

関連記事:

「どうしてうちの子だけ…」受け入れられない現実|リエゾン「名前の意味」#3

発達障害の可能性がある少女・希(のぞみ)。発達検査の結果を伝えたところ母…

『リエゾン』の続きが気になる方はこちら

©ヨンチャン・竹村優作/講談社

『リエゾンーこどものこころ診療所ー』はコミック1〜3巻が好評発売中。そのほか、コミックDAYやコミックプラスなどの電子書籍サイトでも1話単位で購読できます。続きが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

コミックDAYSで続きを読む

おすすめ記事

「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧