二人目妊娠、出産はここが違う!妊娠生活や出産までの時間について

実は二人目妊娠・出産は、一人目よりも大変なことが意外とあります。上の子の世話もあり、妊娠中はゆっくりマタニティライフを楽しんでいる時間も少ないでしょう。上の子とお腹の赤ちゃん、両方のことを考えながら妊娠生活を送るため大変なこともあると思います。そこで、二人目妊娠のタイミングやつわりから上の子のケアまで一人目とはココが違うという二人目妊娠、出産のあるあるについてまとめました。

PIXTA

二人目を妊娠するタイミング

二人目を妊娠したいと思った際に考えることの1つに、上の子との年齢差があるのではないでしょうか。

帰宅時間が比較的早く、家事や育児に協力的なパパや親などから助けてもらえるような環境だと、年齢差が近くても子育てしやすいかもしれません。

逆に家族の協力を得られない場合は、年齢差があることで上の子もお兄ちゃんお姉ちゃんの自覚ができ、ママを助けてくれることも考えられます。

妊娠・出産のタイミングは予定通りにはいかないこともあるので、あまり悩みすぎず、各ご家庭にあったタイミングが良いでしょう。

上の子との妊娠生活

妊娠 子ども PIXTA

二人目の妊娠となると上の子がいる中での妊娠生活になるため、一人目の時と大きく異なる点がたくさんあります。二人目妊娠時に重要な上の子との妊娠生活についてまとめました。

妊婦健診は上の子連れ

子供 手 つなぐ PIXTA

妊娠すると定期的にある妊婦健診ですが、保育園や身内に預けられない場合、上の子と一緒に健診に行くことなります。

上の子が幼い場合は、子供が遊べるキッズスペースがある産院もあるので病院を決める際に調べてみても良いでしょう。詳細については直接病院に問い合わせてみるのをおすすめします。

入院中の上の子

出産の際の、入院中の上の子の預け先をどうするのかしっかりと事前に話し合っておきましょう。

ママの実家なのか、パパの実家なのか事前に預け側にもしっかり相談をして、陣痛がきた際には誰がどう動いて上の子のお世話をするのか各自しっかり把握しておきましょう。

また上の子連れの入院可能な産院もありますので、事前に調べておくのもひとつの方法です。詳細情報は直接病院に問い合わせると良いでしょう。

出典元:

保育園の利用の仕方

保育園 PIXTA

保育園は共働き家庭のための場所でもありますが、保護者が妊娠出産する場合、利用保育園申し込みの条件にも出産により託児が必要という項目があり、一定期間、上の子の保育園利用が可能となります。

また妊婦健診のときに短時間利用できるような一時預かり制度を設けている保育園もありますので、自治体のホームページなどをよく調べておくとよいでしょう。

すでに仕事をしている人が妊娠中の場合はすでに保育園に入園していることもあるでしょう。出産による休暇中でも継続して在園できる自治体もありますので、窓口などで問い合わせをしてみることをおすすめします。

この場合は保育園を退園しなければならないのかと心配される方もいらっしゃいますが、一定の期間が設けられていてそれまでに復職するという条件で、保育園に通い続けることができる場合もあります。

保育園利用の条件は地域や園によって異なるので、お住まいの自治体や利用を考えている保育所に事前に確認しておきましょう。

出典元:

出産までの時間

分娩 PIXTA

一度出産を体験していると、このくらいの痛みだとまだまだ生まれないなど感覚的に覚えている人もいるでしょう。しかし油断は禁物です。

陣痛開始から子宮口が完全に開くまでの平均所要時間は、初産婦でおよそ10~12時間、経産婦でおよそ5~6時間とされています。ただしこれはあくまでも目安であり平均値なのですべての人に当てはまるものではありません。

二人目のお産の進みは一人目より早い傾向にあるとされます。まだまだだなという自己判断はせず、一人目の時より早めの行動を心がけましょう。

出典元:

後陣痛が強い

腹痛 PIXTA

出産後、胎盤を娩出した後に感じる陣痛のような痛みを後陣痛といいます。子宮復古を促すもので、妊娠により大きくなった子宮が出産を経て収縮することによっておこります。

この後陣痛は不規則で弱いものですが、一人目の出産時よりも二人目はさらに強くなることがあります。痛みがあまりにひどい場合には相談し、母乳の方は授乳中も可能な痛み止めを処方してもらうようにしましょう。

出典元:

二人目妊娠中も楽しい時間を過ごしましょう

家族 PIXTA

一人目のときとの大きな違いはやはり上の子がいることです。一人目のときより考えなくてはならないことが増えているので、妊娠中は意外と大変かもしれません。

事前に知っておくだけでも、いろいろなことに余裕を持って取り組んでいけるのではないでしょうか。

また大変なことだけでなく、上の子の成長を感じることができうれしいことも増えるので、二人目妊娠中も楽しい時間をすごしてくださいね。

「二人目」「妊娠」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧