七五三おすすめのお参り(中国・四国編)

一般的に数え年で七五三をお祝いする中国・四国地方。満3歳では男の子も女の子も一緒に七五三をお祝い。そんな中国・四国地方には、日本の国宝に指定されている吉備津神社や子供の守り神である津嶋神社など、七五三お参りでぜひ訪れてみたい神社がたくさんあります。七五三の記念に、お参りに行ってみてはいかがですか?

PIXTA

七五三とは

七五三とは、子供が無事に成長したことを地元の氏神様に報告し、これからも健康に育つことを見守ってもらうようお願いする行事のことを言います。七五三は、3歳、5歳、7歳の年にお祝いします。

七五三の由来

七五三 PIXTA

昔は子供の生存率が低く、病気などが原因で、子供が大きくなる前に死んでしまうことが多くありました。そのため、朝廷や貴族の間では、これまでの子供の成長を祝い、これからの健やかな成長を祈る儀式がたくさん行われました。その中で、3歳で行う「髪置き」、5歳で行う「袴着」、7歳で行う「帯解」が、七五三の由来だと言われています。

江戸時代に入り、これらの儀式が庶民の間でも行われるようになり、それが現在の七五三になったと言われています。

七五三のお参り

七五三 PIXTA

中国・四国地方の七五三は、一般的に数え年で行うことが多く、男の子は満3歳と満5歳、女の子は満3歳と満7歳になる年の11月15日に行われます。

七五三のお参りは、必ずしも11月15日に行うのではなく、家族や祖父母の都合を考慮し、家族そろって10月中旬から11月中旬の週末や吉日に行っても問題ありませんよ。

お参りでは何をする?

七五三のお参りでは、お清めのお祓いがあり、続いて神職が祝詞をあげます。神社によっては、巫女による神楽舞を奉上するところもあります。ご祈祷はだいたい15分ぐらいです。

さらに玉串と呼ばれるものをお供えしてから、二拝二拍手一拝(2度お辞儀、2回手を叩き、さらに1度お辞儀)の作法でお参りをします。

あまり馴染みのない方も多いと思いますが、大切なことは感謝の気持ちと願いを込めてお参りすることです。そして千歳飴意外にもお守りや記念品をもらえる場合が多いようです。

出典元:
  • 三越「日本を楽しむ年中行事」(かんき出版)
  • 大野湊神社「社務日誌(ブログ) あらためて学ぼう!七五三のアレコレ」大野湊神社(http://oonominato.or.jp/ritual/20141002/

中国・四国地方のお参りおすすめスポット

七五三 PIXTA

中国・四国地方の七五三のお参りにおすすめのスポットです。神社によっては、七五三のお参りに予約が必要な場合があるので、あらかじめお参り予定の神社に確認をしましょう。

1: 島根県 出雲大社

出雲大社では3~10月は午前6時~午後8時まで、11月~2月は午前6時30分~午後8時までお参りすることができます。七五三で祈祷を受けたい場合には午前8時30分~午後4時30分までの受付です。

祈祷料は5,000円、8,000円、10,000円以上とされています。なお、事情により祈祷に行けない方のために郵送での受け付けも行っています。必要な方はホームページで確認してくださいね。

出雲大社

2: 香川県 津嶋神社

瀬戸内海に浮かぶ小島にある津嶋神社は、全国でも珍しい「こどもの守り神」。本殿があるこの小島までは、朱色の美しい橋が架けられています。この橋、開通するのは1年にたった2日!この珍しさに多くの人が参拝に訪れる神社です。

津嶋神社では、数え年で七五三のお参りが行われています。11月の毎週末に七五三の祈祷日が設けられていて、七五三のご祈祷が受けられます。ご祈祷は9~16時頃まで、御玉串料は7,000円。事前のオンライン申し込みが神社HPからできるようになっています。七五三のご祈祷は、橋の手前の遥拝殿(ようはいでん)で行われます。

津嶋神社

3: 岡山県 吉備津神社

桃太郎のモデルにもだったといわれる大吉備津彦大神をまつる岡山県の吉備津神社は、本殿・拝殿が国宝にも指定されている神社です。国宝の本殿・拝殿は出雲神社の2倍以上もあり、とても大きくて厳かです。桃太郎のようにたくましく育つようにと、吉備津神社に七五三のお参りをしてみてはいかがでしょうか?

七五三のご祈祷は11月中、平日は8:30~16:30、祝日は8:00~17:00で受け付けています。御初穂料は、3,000円、5,000円、10,000円です。

吉備津神社

4: 山口県 山口大神宮

「西のお伊勢さま」として人々に親しまれている山口大神宮は、伊勢神宮とつながりがある神社です。七五三の御祈願は予約制で、9~16時半まで行われています。毎年11月に行われる七五三祝祭には、かわいい着物姿の子供たちがたくさんお参りに来る神社です。

山口大神宮

5: 愛媛県 八幡神社

安産祈願や初宮参りでも人気の愛媛県の八幡神社。祈祷の受け付けは9時~16時です。祈祷の服装は平服でも可能ですが「タンクトップ、短パン、サンダルといった極端にラフな格好でのご参拝はご遠慮願います。神様に失礼のない服装でお越し下さい。」とホームページに注意書きがあります。

七五三にふさわしい服装で祈祷を受けるようにしましょう。

八幡神社

3歳は男の子も女の子もお祝い

七五三 PIXTA

七五三は数え年でお祝いし、満3歳は男の子も女の子もお祝いをするという中国・四国地方には、七五三のお参りにおすすめの神社がたくさんあります。

子供の守り神である津嶋神社や国宝の吉備津神社は、おめでたい七五三のお参りにはぴったりですね。氏神様に子供の成長を報告し、これからもすくすくと成長することを祈る七五三には、ぜひ家族でお参りに行きましょう。

「七五三」「お参り」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 三越「日本を楽しむ年中行事」(かんき出版)
  • 大野湊神社「社務日誌(ブログ) あらためて学ぼう!七五三のアレコレ」大野湊神社(http://oonominato.or.jp/ritual/20141002/

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧