1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 全てが線でつながった、救急搬送された子どもの意外な病名|神辺先生の当直ごはん「成長の速度」#3

全てが線でつながった、救急搬送された子どもの意外な病名|神辺先生の当直ごはん「成長の速度」#3

市内唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院を舞台に、新米小児科医の平野と先輩医師、神辺によるエピソードを描く『神辺先生の当直ごはん』。この記事では、子どもの成長・発達を心配する母親と小児バセドウ病との関係について描く第10話「成長の速度②」をご紹介します。体調不良を「風邪」と思われてきた7歳の雄大くんですが、ある日高熱を出し救急搬送されました。診断の結果は…。『神辺先生の当直ごはん』第10話「成長の速度②」配信第3回、どうぞお読みください。

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

これまで疲れやすさが目だったり運動が苦手だったりした雄大くんですが、今回の診察によってそれらの症状は「バセドウ病」によるものだと判断されました。

ただ作中にあったように、小児のバセドウ病はなかなか発見されにくく、雄大くんもここまでバセドウ病の可能性があると指摘されたことはありませんでした。

このことについて平野は「どこかで救えていたはず」「なぜ見逃されてきたのか」という悔しさを感じているようです。先輩・神辺はどのようにアドバイスをするのでしょうか。

次回へ続きます。

もっと早く気づけば…治療の遅れに対する母と医師の思い|神辺先生の当直ごはん「成長の速度」#4

関連記事:

もっと早く気づけば…治療の遅れに対する母と医師の思い|神辺先生の当直ごはん…

市内唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院を舞台に、新米小児科医の平野…

『神辺先生の当直ごはん』書籍も好評発売中!

神辺先生の当直ごはん 2

夜の診療と切り離せない小児医療――命の現場のごはん事情!
ここは市内で唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院。
新米小児科医の平野は新米ながらも、日々真面目に診療にあたっていた。
しかし、小児診療には個性的な患者も多く神経をすり減らす毎日。
――にもかかわらず、そんな平野の先輩医師、神辺先生は日々当直室でご飯を自炊する変わり者だった。

「一日一食は美味しいものを」

神辺先生のゆる~いモットーが、緊迫した医療現場を和ませる?
命と食を何より愛する神辺先生の医療×ごはんマンガ!

作:漫画/能一ニェ 原作/ちんねん

おすすめ記事

「漫画」「試し読み」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事