1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. もっと早く気づけば…治療の遅れに対する母と医師の思い|神辺先生の当直ごはん「成長の速度」#4

もっと早く気づけば…治療の遅れに対する母と医師の思い|神辺先生の当直ごはん「成長の速度」#4

市内唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院を舞台に、新米小児科医の平野と先輩医師、神辺によるエピソードを描く『神辺先生の当直ごはん』。この記事では、子どもの成長・発達を心配する母親と小児バセドウ病との関係について描く第10話「成長の速度②」をご紹介します。体調不良の原因が小児バセドウ病と分かった雄大くんですが、雄大くんを診察した平野は今まで雄大くんの病気が見過ごされてきたことに怒りを覚えてしまいます。そこへ神辺がかけた言葉とは。『神辺先生の当直ごはん』第10話「成長の速度②」配信第4回、どうぞお読みください。

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

ⓒ能一ニェ/ちんねん

雄大くんの病気に、これまで関わってきた医師がもっと早く気づけていたら…そう憤りを感じていた平野ですが、神辺先生の言葉に自分を見つめ直したようです。

その後、平野は自身の経験の浅さをカバーするため、一生懸命バセドウ病の勉強をします。そして雄大くんとママが再診に訪れた際、平野は雄大くんのママにとって、とても励みになる言葉をかけていましたね。

平野の言葉に笑顔を見せた雄大くんのママには、最近の雄大くんの様子も、とてもうれしいようでした。作中にあったように小児バセドウ病は発見すること自体がむずかしいようですが、発見してからの治療で症状が改善できると分かれば、希望をいだけます。今後の平野の成長も、雄大くんの成長も楽しみになるお話でした。

『神辺先生の当直ごはん』他にもたくさんのエピソードが本作に収録されています。気になる方はぜひ手に取ってくださいね。

原作者・小児科医 ちんねん先生からのコメント

はじめまして。神辺先生の当直ごはん 原作担当で現役小児科医のちんねんです。

私自身も作中に登場する乳幼児健診を担当する中で、子どもの発達の個人差に驚かされます。9か月で歩き始める子と1歳半で歩き始める子。人生で2倍の時間差がありますが、どちらも正常発達です。正常ですらこれだけ振れ幅がある発達、親御さんがさまざまな不安を感じる機会が多いのも当然だと思います。

育児不安を取り除くこと、それは各自治体がかかげる健診の目的の一つであり、たとえ健診でなくても『育児中に感じた不安』はそれだけで十分な受診理由だと思います。

そしていざ受診、診断となった場合、作中のお母さんがそうだったように、治療までにかかった時間について考えてしまうこともあるでしょう。しかし、子どもの成長は治療によるものだけではないと思います。

例えば、好きなアーティストのライブに行くときワクワクしますよね。新しい職場では人と仲良くなれるか緊張しますよね。子どもはそのワクワクや緊張を世の中すべてに感じながら成長するのが日常です。そのパワーたるや…。

診断が早ければ結果が変わったかどうかは誰にもわかりません。ただ家族が与えていたそんな日常が一番効果的なものであった、それを日々の診療の中で感じることは多いです。

『神辺先生の当直ごはん』書籍も好評発売中!

神辺先生の当直ごはん

夜の診療と切り離せない小児医療――命の現場のごはん事情!
ここは市内で唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院。
新米小児科医の平野は新米ながらも、日々真面目に診療にあたっていた。
しかし、小児診療には個性的な患者も多く神経をすり減らす毎日。
――にもかかわらず、そんな平野の先輩医師、神辺先生は日々当直室でご飯を自炊する変わり者だった。

「一日一食は美味しいものを」

神辺先生のゆる~いモットーが、緊迫した医療現場を和ませる?
命と食を何より愛する神辺先生の医療×ごはんマンガ!

作:漫画/能一ニェ 原作/ちんねん

おすすめ記事

「漫画」「試し読み」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事