七五三おすすめのお参り(東北編)

3歳、5歳、7歳のお祝い行事、七五三。お着物や袴、かわいらしく日本髪を結った七五三の子供たちは、いつにも増してかわいいですね!寒さが厳しい東北地方では、10月から11月の初めにかけて、七五三お参りが行われます。七五三お参りでは何をするのかとともに、東北地方の七五三お参りスポットを5つご紹介します。

PIXTA

七五三とは

七五三とは、3歳、5歳、7歳の年に、子供の成長をお祝いする行事。神社へお参りなどをして、子供が無事に成長したことを地元の氏神様に報告し、これからも健康に育つようお祈りします。

七五三の由来

病気などが原因で、子供が大きく育つ前になくなってしまうことが多かった時代、朝廷や貴族の間では子供の成長を祝い、健やかな成長を祈る儀式がたくさん行われていました。貴族の間で行われていた、3歳で行う「髪置き」の儀式、5歳で行う「袴着」の儀式、7歳で行う「帯解」の儀式が、七五三の由来だと言われています。

この祝いの儀式が、子供の成長を祝う風習としてだんだんと庶民の間に広まり、現在の七五三になったと言われています。

七五三のお参り

七五三 PIXTA

七五三は、3歳、5歳、7歳になる年の11月15日に行われます。東北地方では11月になるとかなり冷え込むこともあり、10月中の週末や吉日に七五三のお参りを済ませることが多いようです。最近では満年齢で行われることが多くなりましたが、東北地方では数え年で行うことが多く、男は満3歳と満5歳、女の子は満3歳と満7歳に七五三のお祝いをします。

お参りで何をする?

七五三のお参りのご祈祷は、神職によるお清めのお祓いと祝詞があり、神楽舞を奉上するところもあります。

七五三の初穂料は神社によって異なりますが、ほとんどは5,000~10,000円ぐらいです。初穂料は、「御初穂料」や「御玉串料」と書いたのし袋に入れて奉納します。金額は神社によってまちまちですので、予約などの際に確認しましょう。

出典元:

東北地方のお参りおすすめ神社

七五三 PIXTA

東北地方には地元の方々に長く親しまれている神社がたくさんあり、七五三のお参りにおすすめのスポットです。神社によっては七五三のご祈祷が予約制のところがあります。9月ぐらいまでに、1度お参り予定の神社に確認をしましょう。

1: 青森県 廣田神社

天照大御神の荒御魂を御祭神とする青森の廣田神社。廣田神社では10~11月に毎日七五三のご祈祷を受け付けています。

来社日時をあらかじめ連絡しておくと、ご祈祷がスムーズに受けられます。初穂料は5,000円です。着物のレンタルと着付け、ご祈祷、写真撮影がセットになったプランも用意されています。

廣田神社

2: 岩手県 駒形神社

岩手県の駒形神社は、地元の方々に親しまれている神社で、お正月のみかんまきやピッカピカの新1年生へ「ランドセル祈願」を行っている神社です。駒形神社では、毎年10~11月に七五三のご祈祷を行っています。初穂料は5,000円。

予約は必要なく、9時半~16時半の間でご祈祷の受付を行っています。東北地方は昔ながら、数え年で七五三をお祝いしますが、満年齢でもご祈祷をしてもらえます。

陸中一宮 駒形神社

3: 宮城県 護国神社

皇族の方がご参拝にも訪れている宮城県の護国神社は、朱色の本殿がとても美しい神社です。敷地内には朱色の渡橋がかかった神池もあり、景観がとてもきれいです。

この朱色に、七五三のかわいい着物や袴が映えますね!ここ護国神社では、数え年で七五三のお祝いをしています。

護国神社

4: 秋田県 土崎神明社

秋田県の土崎神明社は、毎年7月に行われる「土崎神明社祭の曳山行事」が、重要無形民俗文化財に指定されている有名な神社です。七五三のお参りは、10月初旬から11月末まで可能です。

御祈願の予約は必要なく、毎日9~17時で受けて受けています。

土崎神明社

5: 山形県 總宮神社

總宮神社でも、東北の他県同様、10~11月に七五三のお参りが行われます。總宮神社では、七五三のお参り日が設定されており、この日は七五三のご祈祷のみ、1日中行ってくれます。

特別な予約も不要で、待ち時間も少なくご祈祷してもらえるので、子供が待ち疲れてしまうことなくお参りが行えます。初穂料は、1人5,000円、2人7,000円、3人10,000円です。

總宮神社

寒くなる前に、七五三のお参りを

七五三 PIXTA

東北地方は冬の寒さが厳しいため、本来の七五三の11月15日はかなり冷え込みます。そのためまだ暖かい10月に七五三のお参りを済ませておくといいでしょう。

せっかくお参りに行ったのに、子供が風邪などひいてしまっては、おめでたい七五三も残念な思い出になってしまいます。東北地方には、地元の方々に長年親しまれてきた神社が多くありますので、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に七五三のお参りに行けば、きっといい思い出になるでしょう。

「七五三」「お参り」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧