1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 息子はかわいそうな子じゃない、障害児母の思いをつづる漫画が胸を打つ

息子はかわいそうな子じゃない、障害児母の思いをつづる漫画が胸を打つ

知的障害をともなう自閉症の息子たつきくんを育てるNEGI@エッセイ漫画(@negiii51)さん。祖母がたつきくんの障害を「かわいそう」と表現することに反発心を持ち、自分は隠さずにたつきくんの存在を知ってもらおうと心に決めます。しかし、入園の時期を前に幼稚園の説明会に参加してみると、他の子との違いを痛感し。園長のある言葉が重くのしかかります。障害児を育てる母の思いをつづった『幼稚園編』をダイジェストでご紹介します。

@negiii51

@negiii51

@negiii51

©negiii51

@negiii51

@negiii51

障害がある息子を「かわいそう」と言う祖母

物語の中心は、自閉スペクトラム症と知的障害のあるたつきくんと、母であるNEGIさん。たつきくんは公園や散歩をして過ごすことが多く、散歩コースであるNEGIさんの祖母の家をひんぱんに訪れていました。

NEGIさんの祖母は息子の障がいを知ってから「かわいそう」と言い続けています。

NEGIさんの母は「母であるあなたの苦労を思っているのでは」と言いますが、NEGIさんはどうしても祖母の「かわいそう」という表現を受け入れられずにいました。

私は、息子の障害を隠さない

@negiii51

@negiii51

@negiii51

祖母の考え方に対して反発心を持ったNEGIさんは、たつきくんの障がいを隠すことなく育ててきました。また、知り合いにはたつきくんの障害について説明し、隠すことなく育てていこうと決めていました。

障害があっても息子はかわいそうなんかじゃない。障害があっても自分が必ず幸せに育ててみせると考え続けていたNEGIさん。たつきくんの障害を受け止め、たつきくんが幸せでいられるように努力をする様子が描かれています。

大変なのは「今だけ」重くのしかかった言葉

@negiii51

@negiii51

@negiii51

息子を幼稚園に通園させることを検討し、説明会に出掛けたNEGIさん。他の同年代の子どもとたつきくんの違いを感じていたところに、園長の言葉がのしかかります。

育児が大変なのは「今だけ」。

障害のない子どもの親なら何気なく聞き流すような言葉でも、NEGIさんにとってこの言葉は重いものでした。息子の育児はいつ楽になるかわからない。楽にならないかもしれない。そんな思いで、NEGIさんの心は押しつぶされそうに。

「息子はかわいそうではない」一方、「できないことが多く、これからもできるようにならないかもしれない」どちらもNEGIさんの本心でした。

このあとNEGIさんは思いの丈を園の職員に伝え、不安な思いを理解してもらい、母子ともに支えてもらうきっかけができました。

『幼稚園編』は、入園を控えた息子の障がいに向き合う母・NEGIさんの心の中を飾らずに描いた作品。子どもを幸せにしたいというストレートな思いが伝わり、心が温まるエッセーです。

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

関連記事:

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

知的障害を伴う自閉スペクトラム症のたつきくんを育てるNEGI@エッセイ漫画(@…

【全話読める】
幼稚園編
好きだったことが苦痛になり…世界は真っ黒に変わった|雨の日の次の日#1

関連記事:

好きだったことが苦痛になり…世界は真っ黒に変わった|雨の日の次の日#1

小さいころから絵を描くことが好きだったNEGI@エッセイ漫画(@negiii51)さん…

集団活動ができないわが子の入園|発達凸凹息子が幼稚園面接ズタボロだった話#1

関連記事:

集団活動ができないわが子の入園|発達凸凹息子が幼稚園面接ズタボロだった話#1

わが子が成長し、就園の年齢が近づくと気になるのが幼稚園や保育園などの園…

NEGI@エッセイ漫画(@negiii51)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「自閉スペクトラム症」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧