1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 障害のある息子を理解できない。母の正直な思いを描く漫画作品を紹介

障害のある息子を理解できない。母の正直な思いを描く漫画作品を紹介

知的障害をともなう自閉スペクトラム症の息子、たつきくんを育てるNEGI@エッセイ漫画(@negiii51)さん。幼稚園の説明会で他の子との違いを目の当たりにし、息子を理解したくてもできないもどかしさを感じます。たつきくんを絶対に幸せにする、笑顔を守ると決めたけれど、成長が想像できず不安になるNEGIさんの揺れる気持ちに心が締め付けられます。障害のある息子を育てる母の思いを飾らずに描いた『幼稚園編』をダイジェストでご紹介します。

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

親なのに、息子のことがわからない

知的障害を伴う自閉スペクトラム症のたつきくんを育てる母・NEGIさん。NEGIさんには「絶対に息子の笑顔を守って育てる
」という育児の目標がありました。

たつきくんに障害があると知り「かわいそう」と繰り返す祖母への反発心もあり、たつきくんのことは誰にも隠さず、悲観せずに子育てをしようと決め、それを実現しながら育児を続けていたのです。

自分が子どものころの記憶を頼りにたつきくんに歩み寄ろうとするNEGIさん。しかし、たつきくんを理解することは難しく、親なのに息子のことをわかってあげられないことについて、悲しいと感じることがあるようです。

かわいそう子なんかじゃない

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

NEGIさんは育児の壁にぶつかっても、泣くことができずにいました。泣いたら、息子のことを悲観することになり、反発している祖母からの「かわいそう」という言葉を認めることになってしまうからです。

「絶対に守る」という気持ちを持ち続けていたNEGIさんに、ある転機が訪れます。

それは、NEGIさん自身が幼いころに通っていた幼稚園の説明会。自らの楽しかった記憶を頼りに、たつきくんを入園させることを考えますが、いざ説明会に行ってみると、ほかの子どもとたつきくんの発達の差を目の当たりにすることに。

「このままでいいのだろうか」「息子のことがわからない」そんな思いがだんだんとNEGIさんを追い詰めていきます。

母自身の不安に寄り添う存在との出会い

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

ⓒnegiii51

息子を幸せにしたいと強く願いながらも、理解しにくい息子の行動や思うように進まない発達に心が折れかけていくNEGIさん。できることが増えていくことが当たり前ではなく、できることが増えるのかもわからない。障害のある子どもを育てる親の気持ちがていねいに描かれ、胸に響きます。

NEGIさんは、園の説明会で息子のことを打ち明け「よく頑張ったわね」という言葉を受け取ります。これがきっかけで不安を打ち明けることができ、NEGIさんは自分自身の気持ちに向き合ってくれる存在を得られたのでした。

障害のある子どもを育てる母がいだく不安も、子どもに向ける温かい感情もていねいに描いたエッセー。不安を打ち明けることができたあとのNEGIさんの表情が明るくなっていく様子に、読者も温かい気持ちになれる作品です。

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

関連記事:

「かわいそうに」息子の障害に、祖母が繰り返す言葉|幼稚園編#1

知的障害を伴う自閉スペクトラム症のたつきくんを育てるNEGI@エッセイ漫画(@…

【全話読める】
幼稚園編

NEGI@エッセイ漫画(@negiii51)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「漫画」「自閉スペクトラム症」「知的障害」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧