1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 3年間育てた「血のつながりがない子」と、お別れできますか?『うちの子、誰の子?』

3年間育てた「血のつながりがない子」と、お別れできますか?『うちの子、誰の子?』

あなたは「もしわが子と思って育ててきた子が、取り違えられた子だったら」と想像したことはありますか。もしも、その子が他人の子どもだった場合、あなたはその子どもとお別れできるでしょうか。子どもとは血のつながりで親子になるのか、それとも同じ時を重ねるうちに親子になるのか。家族の愛情について問う作品『うちの子、誰の子?(漫画:たけ みゆき 原案:ママリ)』の見どころについてお伝えします。

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

3年間大切に育てた娘と、血のつながりがなかった

このお話の主人公はサキ。サキは不妊治療を経て、まな娘、サクラを出産します。代々続く酒屋の跡取りである夫と3人で穏やかな日常を過ごしていました。

幸せな日々を送っていたある日、一通の封書が届きます。差出人はサクラを出産したクリニック。なんとそこには「サクラの妊娠時、受精卵の取り違えが起きた可能性がある」という内容が。

サキは突然「娘と自分たち夫婦の血がつながっていない」という事実を突きつけられるのです。

「子どもの交換」各家庭の父・母の思い

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

事実を受け入れることができないサキ。取り違いが起きた相手家族・滝田家も同席し、クリニックで説明を受けますが、すぐに納得できるはずもなく。

「サクラは自分たちの子ども」と主張するサキですが、相手方は交換に対して積極的な態度です。唯一味方になってくれるだろうと思っていた夫・タイチまで「交換を検討する」と発言し、サキは激しくショックを受けます。

「家族とは何か」を問う作品

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

ⓒたけ みゆき/KADOKAWA

本作では当事者夫婦の思いだけでなく、その周辺にいる祖父母の思いも描かれています。読者としてサキの立場に立てば「子どもを交換するなんて」という気持ちも理解できますが、家族それぞれの立場になると「家族とは何か」という考え方にそれぞれ違いがあることに気づきます。

本作では家族同士が思いをぶつけあいながら「現在育てている子どもとは血がつながっていない」という事実を受け止め、向き合う様子が描かれます。

あまりにも受け入れにくい現実と対峙しながら「家族とは何か」という答えに近づいていく様子は、読む人の心を震わせます。子どもとのつながりとは、血縁で生まれるのか、ともにした時間で生まれるのか。

今心の中で「家族とは」という問いが生まれている方には本作『うちの子、誰の子?』を読んでみることをおすすめします。

3年間育てたわが子が「うちの子じゃない」なんて|うちの子、誰の子?#1

関連記事:

3年間育てたわが子が「うちの子じゃない」なんて|うちの子、誰の子?#1

もしある日突然、育ててきたわが子が自分の子どもではないと言われたら、皆…

電子書籍『うちの子、誰の子?』発売中

うちの子、誰の子? もしもわが子が取り違え子だったら【電子書籍】[ ママリ ]

大切に育ててきたわが子が、自分の子ではないことがわかったら、あなたならどうしますか?
ある日郵便受けに届いた一通の手紙が、家族の幸せを一変させるなんて――

3年間大切に育てた愛娘とは、血がつながっていない…?!
ごく普通の家族だった三橋家が直面したのは、愛娘サクラの出生の真実。
血縁か?それとも共に過ごして芽生えた愛情か?
あなたなら、どう向きあいますか?

---------------------

漫画:たけ みゆき
原案:ママリ

おすすめ記事

「取り違え」「家族」「子ども」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧