1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 営業マンの口車にのせられて、とんでもない土地を買ってしまった|家を建てたら自治会がヤバすぎた

営業マンの口車にのせられて、とんでもない土地を買ってしまった|家を建てたら自治会がヤバすぎた

新庄アキラさんは夫と娘の3人家族。夢のマイホームを購入し、のどかな郊外でのんびり子育てをし、温かいご近所付き合いをすることを楽しみにしてました。しかし、現実はそう甘くはなかったよう。無事に引越しを終えご近所へあいさつに行くと、くせの強い住人たちにあっけに取られ、洗礼を受けることに。この記事では、新庄アキラさんによる漫画作品『家を建てたら自治会がヤバすぎた』(KADOKAWA)電子書籍をご紹介する、試し読み企画をお送りします。※本記事は『家を建てたら自治会がヤバすぎた』から一部抜粋・編集しました。

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

(C)Akira Shinjo 2022

郊外での暮らしと聞くと豊かな自然に、優しい人たちというイメージがある方もいるでしょう。しかし、実際にはさまざまなトラブルに見舞われ、その元凶は全て自治会だったと語る著者の新庄アキラさん。入っても地獄、入らなくても地獄だといいます。

まずはご近所にあいさつ回りをする3人でしたが、何人かはかなりくせが強そう。プライベートを詮索されたり、個人の価値観で決めつけるような言葉をかけられたりするのは嫌なものですよね。

自治会の懇親会に手ぶらで行って大目玉、引っ越して早々に地獄だった|家を建てたら自治会がヤバすぎた

関連記事:

自治会の懇親会に手ぶらで行って大目玉、引っ越して早々に地獄だった|家を建…

マイホームを建てた主人公の新庄アキラさんは夫と娘の3人で、のどかな郊外で…

マイホーム計画は慎重に

今回のストーリーでは、新庄さんが家を買うまでから、近所へのあいさつ回りまでが描かれました。

マイホームを購入する際、価格はやはり気になるところですが、初めに土地を見た時にコンビニが遠い、お年寄りしかいないことから「ちょっと不便そう」と感じていた新庄さん。しかし、営業マンに「子育ては豊かな自然といろいろな世代に囲まれてするべき」という意見に押されてしまいましたね。

結果として周辺の住民が高齢者ばかりで、気の合いそうな世代の方が少なかったよう。一度家を建ててしまうと簡単には引っ越せないため、その土地にどんな世代の人が住んでいるのかは知っておいたほうがよさそうです。家を建てたい、土地選びから始めたいという方にはとくにおすすめの作品です。

『家を建てたら自治会がヤバすぎた』電子書籍も発売中

家を建てたら自治会がヤバすぎた

他人の陰口...。口答えする者は排除...。ご近所トラブル...。こんな自治会はイヤだ!! クセがすごい住人たちとどうすればうまくいくの!?

著者:新庄アキラ

--------------------------

おすすめ記事

「マイホーム」「自治会」「体験談」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧