1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 小3から受験の話題…わが家はのんびりしすぎ?|私、母親失格なの!?中学受験マウント沼にハマりました

小3から受験の話題…わが家はのんびりしすぎ?|私、母親失格なの!?中学受験マウント沼にハマりました

主人公の美里は夫と息子・正人の3人家族。息子と向き合う時間を大事にしていました。そんな美里ですが、正人が小学3年生になると周りのママたちが中学受験を意識し、塾などに子どもを通わせるように。受験は意識していなかった美里。しかし周りがどんどん動いていることに焦り始めます。この記事では、原案・ぽんちゃんさん、漫画・ちゃんこさんによる漫画作品『私、母親失格なの⁉︎中学受験マウント沼にハマりました』(KADOKAWA)電子書籍をご紹介する、試し読み企画をお送りします。※本記事は『私、母親失格なの⁉︎中学受験マウント沼にハマりました』(KADOKAWA)から一部抜粋・編集しました。

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

(C)Ponchan, Chanko 2022

息子・正人が小学3年生になるころには周りのママ友から「中学受験」というキーワードがちらほらと聞こえるように。そして小学4年生になるとさらにそれがエスカレートし、仲のいいママ友たちはみな受験の情報収集や勉強に力を入れるようになります。その中でも特にお受験ママだったのが、潤子。自信家で特に高圧的なところもありましたが、苦労を惜しまない姿を尊敬すらしていた美里でした。

中学受験は関係ないと他人事のように見ていた美里ですが、次第に焦りを感じるように。中学受験は周囲に合わせてすることではないものの、周囲の家庭の動きは気になりますよね。

そこまで言う?ママ友のマウンティングに絶句|私、母親失格なの!?中学受験マウント沼にハマりました

関連記事:

そこまで言う?ママ友のマウンティングに絶句|私、母親失格なの!?中学受験マ…

美里の息子・正人は小学4年生の春休みになっても受験を意識することはありま…

夫婦で目線合わせをしながら検討を

今回のエピソードの中で、美里と夫は中学受験について話をしました。しかし、夫は美里が話す「周囲の状況」についてよくわかっていないようにも見えます。教育方針は各家庭で違っていいものですし、受験をしないというのも選択肢。しかし、その理由が「自分たちが子どもの時は受験が珍しかったから」というのは、少し判断基準として不十分かもしれません。

受験をする・しないいずれにしても「今」世の中はどうなっているのか、周囲はどう考えているのかを知るのは大切なこと。そのうえで、夫婦でわが子をどう教育していくのかを決められると後悔しにくい判断ができそうです。

「周囲が受験するから」受験をする、あるいは「昔は珍しかったから」受験しない、というのではなく、今の環境とわが子をよく見て判断したいですね。

『私、母親失格なの!?中学受験マウント沼にハマりました』電子書籍も発売中

私、母親失格なの!? 中学受験マウント沼にハマりました

「中学受験を甘く見すぎ!」「子供をうまくコントロールしないと!!」…子どもたちの中学受験の土俵でマウンティングを繰り返す高飛車ママ友に疲弊する日々…。
昨今、過熱する〝中学受験戦争〟ってこんなにも大変なの⁉

原案:ぽんちゃん
漫画:ちゃんこ
--------------------------

おすすめ記事

「中学受験」「小学生」「塾」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧