1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 「彼氏を優先」どこからが異常?夢や睡眠時間も捨ててしまう|モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話

「彼氏を優先」どこからが異常?夢や睡眠時間も捨ててしまう|モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話

漫画家になる夢のためバイトの後にアートスクールへ通っていたアイコ。ある時、つい寝過ごして彼氏・レンタローとの待ち合わせに遅刻してしまいます。謝っても機嫌が悪いレンタローにアイコは萎縮し、自分を優先することに罪悪感を覚えるように。そして次第にレンタローを優先する生活に変わっていきました。アイコの夢はどうなってしまうのでしょうか。この記事では、笹川めめみさんによる漫画作品『モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話』電子書籍をご紹介する、試し読み企画をお送りします。※本記事は『モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた』から一部抜粋・編集しました。

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

(C)Mememi Sasakawa 2022

レンタローとの約束に遅刻し、機嫌が悪いレンタローを見たことがトラウマとなり、レンタロー最優先になってしまったアイコ。嫌われたくないという思いからアートスクールへ行くことをやめてしまいました。夢よりも彼氏を選んでしまったようです。

自尊心がなくなっていくアイコに追い討ちをかけるように、レンタローはモラハラ発言をし、アイコは自分には「何もない」と思うように。そして、レンタローの好みの女の子になるべく自分をどんどん見失っていきます。

「彼女として認められた」周囲の忠告を無視した結果|モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話

関連記事:

「彼女として認められた」周囲の忠告を無視した結果|モラクズ男との共依存恋…

レンタローの好みに合わせ、髪をバッサリ切り服装も変えたアイコ。しかし、…

お互いにとって心地よいのが「恋愛」

アイコはレンタローの機嫌を損なわないために、夢を諦め、自分の好みの服装も変えてしまいます。しかし、本当に大切な存在であれば、相手の夢や好みをコントロールしようとは思わないのではないでしょうか。好きという気持ちやずっと一緒にいたいという気持ちから、どんどん自分を捨ててレンタローのために行動しはじめているアイコ。読者としては違和感を覚えますが、当事者はなかなかこの異常な状態に気づけないのかもしれません。

恋愛はお互いにとって心地よいものでありたいものですね。相手も自分も尊重して、生活がより楽しく幸せになるのが恋愛のよさではないでしょうか。もし今自分の恋愛に少し違和感があるという方は、今の状況が心地よい状況で、相手と自分を双方大切にできているか、一度見直してみるとよいかもしれません。

『モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話』電子書籍も発売中

モラクズ男との共依存恋愛から抜け出せた話

アイコは同じバイト先のレンタローと付き合っている。アイコは彼に夢中になりすぎるあまり、レンタローの言うことをなんでも聞いたり、彼が望む姿に一生懸命なろうとする。ところが、実はレンタローはモラクズ男だった…! 彼女が離れていかないことに甘えて、横柄で我が儘な態度を取り…。こんな男と一緒にいて、アイコは幸せになれるの!?

作:笹川めめみ
--------------------------

元恋人の誕生日にプレゼントを選んだら…夫の過去エピソードが想像の斜めだった話

関連記事:

元恋人の誕生日にプレゼントを選んだら…夫の過去エピソードが想像の斜めだった話

この漫画は、夫と過ごす日々を描いてインスタグラムで発信している、みりん…

2度目の恋は突然に…。忘れられない恋の記憶にキュンとくる作品

関連記事:

2度目の恋は突然に…。忘れられない恋の記憶にキュンとくる作品

皆さんには忘れられない「恋」の思い出はありますか?初恋や忘れられない思…

おすすめ記事

「モラハラ」「彼氏」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧