1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. エンターテイメント
  4. 医師の判断と自分の「勘」…どちらを信じる?『母の勘を信じて』

医師の判断と自分の「勘」…どちらを信じる?『母の勘を信じて』

病気やケガをした時、医師の処方した薬を飲んだり、必要な治療に専念したりしますよね。しかし、もし、医師の判断を聞いても納得ができないときがあったら…皆さんはどうしますか?今回ご紹介する作品は、自分の勘を信じ、医師を説得して子どもを守った母親のエピソード。みほはは(@miho.haha)さんのフォロワーさんの体験談を元に、インスタグラムで掲載された漫画、『母の勘を信じて』をご紹介します。

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

子どもが硬貨を誤飲したかもしれない…

このお話は、みほははさんのフォロワーさんの体験を元に描かれています。フォロワーさんには4歳のユウナちゃん、そして2歳のタイガくんと言う2人のお子さんがいました。

ある日、フォロワーさんの弟さんが2人に100円玉をプレゼントしました。フォロワーさんは、タイガくんが100円玉を誤飲したように見えたのですが、果たして…?

医師の診断は風邪。だけど違和感は消えない!

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

タイガくんの様子がいつもと違うことが気がかりなフォロワーさん。証拠もなく、現場を見たわけでもないので、わが子への違和感は「勘」でしかありませんでした。

医師の診断に一度は安心しますが、タイガくんの小さな変化に対する違和感は収まらなかったようです。医師にレントゲンをお願いしますが、「大げさです」と言われてしまいます。それでも、わが子の命のため、フォロワーさんは一歩も引くことはありませんでした。

専門家に判断されると、自分の勘に自信を持てなくなったり、安心して勘が薄れてしまったりすることがあるかもしません。それでも、何かあってからでは遅いのです。自分の勘を信じて、納得するまで検査をしてもらうことは大切ですよね。

医師も驚いた母親の勘

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

Ⓒmiho.haha

自分の母親としての「勘」を信じ抜いた結果、100円玉の誤飲が発覚。無事に取り出すことができました。「勘」がわが子の命を救ったのです。

子どもの誤飲は命に関わる重大な事故です。子どもの口に入りそうなものは、手の届かないところにしまったり、なるべく子どもから目を離さないようにしたりするなどの対策をしましょう。

そして何より誤飲に限らず、子どもの小さな異変や違和感を抱いたら、見過ごさないことも大切です。誰よりもわが子を見ているからこそ分かる、「勘」を信じることの大切さを教えてもらえる作品です。

息子の様子がおかしい、まさか100円玉を誤飲した?|母の勘を信じて(硬貨誤飲編)

関連記事:

息子の様子がおかしい、まさか100円玉を誤飲した?|母の勘を信じて(硬貨誤飲…

この物語は、著者・みほははさんのフォロワーさんの体験談。ある日、2歳の息…

【全話読める】
母の勘を信じて

みほはは(@miho.haha)さんのインスタグラム

わが子に異変!見たこともない表情に青ざめる|初めての熱性けいれん#1

関連記事:

わが子に異変!見たこともない表情に青ざめる|初めての熱性けいれん#1

大切なわが子が高熱を出したり、大きなけがをしたりすると心底心配になりま…

子どもや赤ちゃんが誤飲・窒息したときは?消費者庁のすすめる対処法と蘇生法

関連記事:

子どもや赤ちゃんが誤飲・窒息したときは?消費者庁のすすめる対処法と蘇生法

赤ちゃんが1人遊びを始めるようになると、つい目を離してしまいがちに。けれ…

おすすめ記事

「漫画」「育児」「誤飲」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧