1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 家庭でのかん腸は危ない?看護師の強い言葉でドキッとする|思わぬ原因で嘔吐した話

家庭でのかん腸は危ない?看護師の強い言葉でドキッとする|思わぬ原因で嘔吐した話

この漫画は、おーちゃんママ(@ooochan.mam)さんの3歳の長女が突然おう吐し、その後、病院のレントゲン検査で便秘が原因だったと判明するまでのお話しです。おーちゃんママは、小児科の看護師に、夜間診療で処方されたかん腸の使い方について質問しました。すると、看護師から「腸が傷ついちゃうから、医療従事者以外は使わない方がいい」と教えられました。おーちゃんママは看護師の言葉にショックを受け、次回からは病院で行ってもらおうと心に決めたのでした。『思わぬ原因で嘔吐した話』第10話をごらんください。

©ooochan.mam

はじめから読みたい方はこちら

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

©ooochan.mam

漫画に登場する看護師が危険性を指摘したストッパー付きかん腸薬。処方時の説明書をよく読み、正しい使い方で使用すれば家庭で扱ってよいものです。ただし、かん腸薬の説明書には投与時の注意点として「腸を傷つけてしまう可能性があるため慎重に」という旨の記載があります。誤った姿勢で使用して直腸を傷つけた事例もあるため、看護師は強い言葉でリスクを説明したのかもしれません。

もしこうしたかん腸薬を処方された際は、挿入方法や使用の注意点について細かく確認しましょう。また、使用を試みた際に難しかったときは、無理に注入せずに処方した医師に相談しましょう。

出典元:
「たかが便秘・されど便秘」子どもの排便回数、ノーチェックの怖さを痛感|思わぬ原因で嘔吐した話

関連記事:

「たかが便秘・されど便秘」子どもの排便回数、ノーチェックの怖さを痛感|思…

この漫画は、おーちゃんママ(@ooochan.mam)さんの3歳の長女が突然おう吐し…

【全話読める】
思わぬ原因で嘔吐した話

甘く見ることはできない「子どもの便秘」

©ooochan.mam

©ooochan.mam

このお話は、おーちゃんママの長女が突然おう吐し、のちに便秘が原因だと診断された体験を描いています。

おう吐後も発熱したり他の症状が出たりすることはなく、自宅では何が原因なのか見当がつかなかったといいます。その後レントゲン検査を受けた結果、便がたまっていたことが原因だと指摘されたそう。子どもが自分でトイレに行き排便できるようになっても、便通の状況は把握しておく必要があるのですね。

作品内では便秘の子どものケアについて医師からさまざまなアドバイスを受けたシーンも描かれており、かん腸の取り扱いなど勉強になる点が多かったようです。『思わぬ原因で嘔吐した話』は、子どもの健康について改めて考えるきっかけになる作品です。

おーちゃんママ@3児母どたばた子育て漫画(@ooochan.mam)さんのインスタグラム

出典元:
元気な次男、唯一の気がかりは大きなイビキ「赤ちゃんなのに…」|次男のイビキの原因は!?

関連記事:

元気な次男、唯一の気がかりは大きなイビキ「赤ちゃんなのに…」|次男のイビキ…

このお話は、赤ちゃんのころから体重が増えない次男・カイトくんの、成人並…

朝起きたら、娘の顔半分がひきつっていた|娘が顔面マヒになった話#1

関連記事:

朝起きたら、娘の顔半分がひきつっていた|娘が顔面マヒになった話#1

子どもの体調の変化は、前触れなく突然起きることがありますよね。これは子…

「漫画」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧