マタニティフォトを自宅で撮ろう!おしゃれで可愛い、みんなのセルフフォトの画像と撮り方のコツまとめ

貴重な妊娠中の様子をおしゃれに記録するマタニティフィト。最近ではスマホの高性能化により、自宅で手軽に撮影ができるようになったせいか、インスタグラムなどの画像投稿サービスへの投稿も増えています。今回はそんなみなさんのマタニティフォトの中から、真似したくなるハイセンスなものを集めてみました!

PIXTA

思わず真似したくなる!自宅で撮れるマタニティフォト

マタニティフォトはスタジオだけしか撮れないと思っていませんか?自宅でも背景やアイディア次第でとても素敵なマタニティフォトは撮れますよ!

しかも、旦那さんや友人にお願いすればお金もかかりません。その場合、撮影が終わったら最後のオフショットとして、撮影してくれた方と全員並びセルフタイマーで撮影すれば、さらに思い出や絆も深まることでしょう。

こちらでは旦那さんと撮影したりものや面白いアイディアなど、いつくかご紹介します。

マタニティフォトは今しか撮れない貴重なものですが、長時間大きいお腹を出していたり無理な姿勢をしてしまったりせず、適度に休憩を取りながら撮影してください。そういった意味でも、好きなときに好きなだけ休憩ができる自宅でのマタニティフォトはメリットが大きいですね!

1.ママの真似っこ

上の子とお揃いの洋服とお腹のお顔がかわいらしいですね!これなら自宅で気軽に撮影できそうな良いアイディアです。

家族が増える喜びが伝わってくるマタニティフォトですね。

2.モノクロでかっこよく決めて

全身のスタイルを写真として記録に残したい方やファッションに興味がある方は、雑誌のようにかっこよくおしゃれなポーズで撮ってみては?

お花を飾り付けるだけで一気に特別感がでますね!

3.ファーストシューズと一緒に

これから生まれてくる赤ちゃんへのプレゼントをお腹に乗せただけなのに、とても美しいマタニティフォトですね。

ポイントは、余計なものが写らないようにすること!靴をアップにすることで、なんだか感動的な1枚になるんです。これを履いて一緒にお出掛けする日が待ち遠しくなりますね。

4.シルエットの美しさと加工

妊娠中のキレイなラインを見せるためには、お腹を出して撮影するといいですよね。目線を下に向けることによって、生まれてくる赤ちゃんの誕生を心待ちにしている感じが伝わってくるようです。

今はスマホのアプリで簡単に加工できちゃうので、このように赤ちゃんに向けてメッセージを書いてみるのもいいですね!

5.パパだって赤ちゃんと会えるのが楽しみ!

マタニティフォト PIXTA

将来子供が見たら、両親の愛情を実感すること間違いなしのこちらの写真。子供が大きくなっていずれパパママになるときに見るのも感慨深いものです。

服装は、夫婦でお揃いになるドレスコードを決めると統一感が出ますね!

6.キュートなマタニティペイント

ペイント PIXTA

膨らんだお腹に赤ちゃんのお顔をペイント!ヘッドフォンを付けるという遊び方は面白いアイディアですね。

ママが手を添えることで愛おしさが伝わってきます。

赤ちゃんはお腹の中で今もママの声に聞き耳を立てていることでしょう。

7.上の子と一緒に!撮り方も工夫して(お兄ちゃん編)

兄弟 妊娠 PIXTA

ママの顔は写さない、お兄ちゃんと2ショットのこちらは聴診器のおもちゃを使っています。

マタニティフォトだからといって身構える必要はありません!優しい温もりを表現したいときはマニキュアやアクセサリーが無いほうがすっきり見えます。

ママもお兄ちゃんもいつもの恰好のほうが、よりナチュラルな温もりを感じますね。

8.上の子と一緒に!撮り方も工夫して(お姉ちゃん編)

ペイント PIXTA

おままごとの延長でかわいがっているかのような1枚。顔をペイントすることで、そこに笑っている赤ちゃんがいるようなキュートな写真になりますね。

白いソファや窓際で撮影することで明るい印象に仕上がっています。白いソファでなくても構いませんが、明るい印象にしたい方は白っぽい布や服で挑みましょう。

赤ちゃんが生まれたら、またこの同じ場所で撮影して比較してみても素敵ですね!

子供が生まれたら、家族で見返そう

PIXTA

マタニティフォトを撮影した方はせっかくなら、子供が大きくなったときに一緒に見返してみてくださいね。

生まれる前からみんなに愛されていたことを伝えてあげましょう。子供が大きくなり、自分の子供ができたときにはその写真をその子に見せて「パパやママ、みんなこんなときがあったんだよ」と教えてあげてもいいですね。

親から子へ、子から孫へ。家族の絆が深まり、楽しい会話のきっかけになりますように。

「マタニティフォト」「自宅」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!