子供の薬の飲ませ方を伝授します!嫌がる我が子への対処法を体験談も含めご説明!

子供にとっても親にとってもおタイムは楽しくない時間になることがあります。嫌がって泣き叫ぶ子供におを飲ませるのはたいへんですよね…。皆さんどうやって子供が嫌がるおを飲ませているのでしょうか?子供がおを嫌がる訳は?またシロップの飲ませ方や、粉飲ませ方に関する工夫を先輩ママの実際の体験談と共にご紹介します。

PIXTA

子供はどうして薬を嫌がるの?

子供が病気になった時、処方されることがあるお薬。これが毎回ママたちを悩ませます。さて、どうやって飲ませよう…?だんだん子供も苦い薬があるなど分かってくるころからが大変です。

褒めてみたり怒ってみたたり、いろいろな技を駆使して苦労して飲ませているママもいるようです。

薬の飲ませ方の基本

子供 薬 PIXTA

医師や薬剤師から支持されたとおりに薬を飲ませることは重要です。しかし泣いている子供に無理矢理飲ませては、気管に入ってしまうなどの危険性もあるとされます。

そのため赤ちゃんや子供が泣いているときに飲ませないこと、そして飲めたら褒めることを心がけましょう。褒めることの延長としてご褒美にシールをあげるなどの方法も試してみましょう。

またママの言っていることが分かるようになってからは、きちんと薬が必要であることを伝えるという点も大切です。

基本の薬の飲ませ方を、乳児と幼児それぞれについて説明します。

乳児の場合

乳児、つまり赤ちゃんの薬の飲ませ方の基本は次のとおりです。

  • ミルクに混ぜない
  • シロップは哺乳瓶、スポイト、スプーンなどを使って飲ませる
  • 粉薬は少量の水などで練って団子やペースト状にして飲ませる

粉薬はペースト状にした後、赤ちゃんの上顎や頬の裏側に乗せます。舌の上にのせると吐きだしてしまうことがあるため気をつけてください。

その後授乳したり飲み物を飲ませたりすることで薬を飲むことができます。

幼児の場合

1歳以上の幼児に薬を飲ませるときは、次のようなポイントに気をつけましょう。

  • 粉薬は少量の水などで溶いて飲ませる
  • 苦い薬は甘いものと混ぜて飲ませる

薬によっては苦みを感じるものもあります。子供が苦いから飲むのを嫌がる場合、甘いものと混ぜて飲ませることは薬剤師も勧める方法の1つです。

具体的にはチョコレートアイス、ジャムなどがおすすめです。また甘いからといってジュースに混ぜた場合、逆に苦みが強調されてしまう味もあります。どのような飲ませ方が良いか、薬剤師に相談してみましょう。

嫌がる子供への薬の飲ませ方☆先輩ママの体験談

PIXTA

薬を飲ませるにあたって苦労しているママはいるようです。どのようにお薬をあげてこの状況を乗り越えているんでしょうか?体験談をいくつかご紹介していきます。

量の多さが難点☆シロップ薬の場合

シロップ PIXTA

子供用の薬は飲みやすいように甘い味が付けられていることが多いようです。しかし体験談によると、それでも工夫して飲ませているママがいます。

りんごジュースに混ぜる

ウチは風邪薬のシロップならリンゴジュースでいけます。薬に対しだいぶ大目のジュースを入れます。わざわざリンゴすりをして絞った事もありました。
ポカリやオレンジは駄目だそうです。
出典: komachi.yomiuri.co.jp

多めのりんごジュースに混ぜると飲みやすいという先輩ママのおすすめ方法です。わざわざりんごをすったりママは大変ですね。

シロップ薬全般が苦手な子供の場合、粉薬などに変更することも可能かもしれません。遠慮せず医師に伝えるようにしましょう。

飲みにくくて大変☆粉薬の場合 2歳児編

粉末 PIXTA

粉薬は大人でも苦手な人もいるようです。子供にはどのように飲ませているのでしょう?まずはイヤイヤ期の2歳児の先輩ママたちの体験談をご紹介していきます。

お団子状にして飲ませる

子供の風邪は薬を飲んだから劇的に治るものでもないんです。それほど強い薬は出されていないはずですから。基本的には、体がウィルスを退治するのを待つしかありません。だから、飲まなきゃ飲まないで、のんびりかまえてもいいと思いますよ。

うちの娘も、薬を飲ませるのに苦労しました。無理やり飲ませるなら、粉を少量の水で練って、ペースト状にして、上あごの裏側に貼り付ける、という方法が一番成功率が高かったです。 出典: oshiete.goo.ne.jp

お薬を水で練る方法なら赤ちゃんから使えます。体重によってですが、お薬の量が少なければ一口で済むので、子供にもこれだけ頑張ろうって言いやすいですね。

コンデンスミルクやジャムなどに混ぜて

最近小児科で見たポスターで知った技。コンデンスミルクやジャム、パンに塗るチョコクリームなどと混ぜてスプーンで一口分に。
2歳の子供が喜んで飲みました。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらの子供は2歳で甘いものをとても喜んでくれたようです。牛乳アレルギーなどがなければコンデンスミルクも効果的ということです。甘いものはちょっと…というママもこのときだけ特別と言い聞かせてあげるようにするのも良いかもしれません。

飲みにくくて大変☆粉薬の場合 3歳児編

粉薬 PIXTA

3歳ごろには会話が上手になってきます。そのため薬を飲むという話をすると嫌がる子供もいるようです。先輩ママたちの体験談を紹介します。

チョコアイスに混ぜて

アイス PIXTA

うちの子はチョコアイスが好きなのでそれにまぜてあげてみたら、食べました。
冷たいので味が麻痺してわからないんじゃないでしょうか。
出典: www.happy-note.com

チョコアイスは薬剤師からも勧められるものです。またチョコレートクリームなども苦みのある薬を飲むためにおすすめです。また甘いものでもチョコレートなどをあげたくないというママにはバナナも良いでしょう。

3歳過ぎたらそのままで

うちの娘も2歳前後でかなり苦労してたんですが、当時から保育園に通っていたので担任にどうやって飲ませてますか?って効いたら『普通に2~3回くらいに分けて飲ませてますよ?』と逆に変な顔をされたくらいでした。

実際家でも飲ませてみたら嫌がらず飲んでましたよ~。

元々こども様の薬って甘い味がついているので他のものと混ぜると変な味になるんじゃないかと思うんですよね・・・

普通に飲めるとかなり飲ませるのも楽ですし一度少量ずつそのままで飲ませてみてはどうですか?

3歳なら十分飲めると思いますよ? 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

他のものに混ぜたり溶かしたりすることで苦くなる薬があります。そうした薬は粉のまま、飲ませたほうが良いでしょう。薬によっては混ぜたり溶かしたりした方が飲みやすいものもありますので、医師や薬剤師に確認してください。

飲みにくくて大変☆粉薬の場合 4歳児編

薬 子供 PIXTA

4歳では少し早いかもしれませんが5歳になると錠剤も飲める子が出てきます。飲めそうならお医者様に相談して変えられるものは変えてもらいましょう。

お友達効果で飲めるように!

うちは4歳ですがシロップ、粉薬共全く飲まず怒ったり、言い聞かせたり、泣き落とし、全てアウト‥
で、お薬飲まないと注射になるよ!っと言ったのですが「じゃ注射がいい」って言う始末。。

熱も高く食事もとれないほど咳込む事があり小児科へ行き薬を飲まないで困ってます、本人は注射を希望してますと伝えると注射(点滴)になりました。

先生いわく点滴するほどの症状ではないが「薬を飲まないと注射だよ」と言う母の言葉が脅し文句で終わらない為でもあり、早く回復へ向かうための物として施されました。

点滴は手の甲です。 痛いはずなのにやせがまんし全然平気な我が子‥
それほどまで薬が嫌なのか驚きました。
その日はまだ薬を飲まないので次の日再び点滴へ‥。
それとその晩仲良しのお友達に電話して「○○君(うちの子の名)薬飲まないと治らないよ!遊べないよ」と言ってもらいました。

相乗効果のせいか薬を飲む様になりました。
出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

点滴の痛みを我慢しても薬は嫌だと言っていた子が、お友達の一言で飲めるように!まさにお友達効果ですね。ちょっとでも飲めるようになったらあとは褒めるのみ!

飲めるようになるきっかけも子供によって違うと思いますので、その子によっていろいろな方法を試してみましょう。

早く元気になぁ~れ!

子供 PIXTA

いかがでしたか?解決のヒントは見つかったでしょうか?子供が病気になると出てくるお薬問題ですが、飲んでくれない時はとにかく試行錯誤するしかありません。

水で溶いても飲めなかったからとヨーグルトなどに混ぜたり、いろいろ試して結局そのまま飲ませたら飲めたなんてこともあるようです。

お薬は苦くても飲まなければいけないものだと伝え、子供自身が飲もうと思うようになるのが一番ですね。どんなに工夫しても言い聞かせても、どうしても飲まないときもあります。そうした場合は無理矢理飲ませるのではなく医師や薬剤師に相談しましょう。

「子供」「薬」「飲ませ方」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧