ママに人気のL.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグをご紹介

モデルの梨花さんをはじめ、田丸麻紀さんなど多くのママタレントも愛用しているL.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ。5種類のサイズ展開で、普段使いだけでなくマザーズバッグとしても使えます。モノグラムの刺繍でオリジナルトートを作ることも可能。おしゃれなコーディネート例とともに、おすすめのL.L.beanトートバッグを5パターンご紹介します。

画像:wear.jp

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグが人気のワケ!

梨花さんや田丸麻紀さんなど、ハイセンスなママ芸能人から愛用されているのがアメリカのアウトドア用品メーカーL.L.Beanのトートバッグ。

好きなサイズや色を組み合わせて選べるうえに、イニシャルや文字などの刺繍を入れたオリジナルのトートバッグを作ることもできるとあって人気です。

また、厚手のキャンバス地で丈夫なので、ママバッグとして気兼ねなく使えるのもポイントです。

L.L.Bean公式通販

ママバッグとして使えるサイズは?

サイズは全部で5種類。従来のスモール、ミディアム、ラージ、エクストララージに加えて、2016年秋からはミニサイズが加わりました。また、持ち手はレギュラーとロングの2種類から選べます。

マザーズバッグとして使いやすい大きさはミディアム。本体の高さ30cm(ハンドルの長さは含まず)×底面の幅33cm×底面の奥行15cmで、A4が横に入る大きさです。1.5リットルのペットボトルが6本入るサイズで容量は十分。外出時におむつや哺乳瓶を持ち歩くなど、子供がまだ小さくて荷物が多い時期に向きそうですね。

また、子供が大きくなって荷物が減ったら、ミニやスモールなどひと回り小さいサイズも重宝するでしょう。

名前を入れてオリジナルのトートバッグにも!

L.L.Beanでは、トートバッグに自分で選んだ好みの刺繍を施すこともできます。名前やイニシャル、好きな数字、お気に入りの言葉など…多種多様なモノグラムを使って自分だけのオリジナルトートを完成させましょう。刺繍の色も選べますよ。

マザーズバッグに人気のエルエルビーンのトート!どんな服と合わせてる?vol.1

関連記事:

マザーズバッグに人気のエルエルビーンのトート!どんな服と合わせてる?vol.1

シンプルで丈夫な「エルエルビーン」のトートバッグ。ベーシックなデザイン…

定番&人気のL.L.Bean(エルエルビーン)トートバッグ5選

それでは、マザーズバッグとして定番&人気のカラーや柄を5つご紹介します。カラーやデザインによっては男性にも使えるので、パパも喜んで荷物を持ってくれるかもしれませんよ。

1.まずは定番のブラック

持ち手をモノトーンにしておけば、どんな洋服でもコーディネートしやすく使いやすさもアップしそうですね。カジュアルが苦手な方でもブラックならトライしやすいかもしれません。

2.ブラックよりも軽い色みのブルー

カジュアルなお洋服が多いなら、ほどよく落ち着いた印象のブルーのほうが合わせやすいかもしれません。バンダナなどで差し色を加えるとワンポイントになります。

3.一時期な入手困難に⁉大人気のカモフラ(迷彩)柄

カモフラージュ(迷彩)柄は一時期売り切れが続いて手に入るにくくなったほど人気の商品。ほどよくカジュアルで、意外ときれいめファッションにも合わせやすいデザインです。

4.ガーリー系ママならピンクもおすすめ

シンプルなキャンバス地にピンクの持ち手がよく映えます。重くなりがちな秋冬のファッションも明るく見せてくれそうですね。

5.ポップな色が好みならレッド

レッドはモノトーン基調のコーディネートのアクセントにもなります。足元をレッドのスニーカーにして合わせてもかわいいですね。

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグは大活躍間違い無し!

これからマザーズバッグを買おうとしているプレママ、子育てに使える丈夫なバッグが欲しいと思っているママ、飽きのこないシンプルなデザインと末永く使える丈夫さを持ち合わせたL.L.Beanのトートバッグはいかがですか?

マザーズバッグとしての使用が終わっても、小旅行や遠足など、活躍の場はまだまだありますよ。またL.L.Beanのトートバッグは男女でも持てるデザインなので、パパはもちろん家族みんなで使えますよ。お気に入りのをぜひ見つけて下さいね。

「L.L.Bean」「エルエルビーン」「トート」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧