L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグの魅力!おすすめ商品3選

サイズや色がバリエーション豊富なL.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグ。最近では芸能人ママがマザーズバッグとして愛用しているのも話題になっています。毎シーズン新作が出ているのも魅力の一つです。今回はベーシックなデザインの「ボート&トート」、過去売り切れになったほど人気のカモフラージュ柄、レザーハンドタイプの以上3つについて、特徴やコーディネート例をご紹介します。

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグの魅力とは?

そもそも、L.L.Beanのトートバッグは氷の塊を運ぶために作られたというのが始まり。重い氷を運ぶために頑丈な作りと、飽きのこないシンプルなデザインがが特徴的です。

シンプルなデザインは洋服を選ばないし、コーディネートも楽しめます。シンプルながら様々な魅力が詰まったバッグなのです。

  • 豊富な種類とカラーバリエーション
  • 24オンスのキャンパス生地を使用
  • 名前が刺繍できる
  • バッグのサイズ、ハンドルの長さが選べる
  • 汚れた箇所の部分洗い可能

丈夫なのに値段がお手頃、さらには部分洗いができるということで、子供と遊んでいるうちに気づくと汚れているトートバッグもこれなら安心。

また、名前の刺繍ができるため、保育園などにかばんを持ってく際には他のママたちと被ることもなく、良いかもしれませんね。マザーズバッグとして愛用しているママも街中でよく見かけます。

出典元:

L.L.Bean(エルエルビーン)のトート3種類をご紹介

ここでは、定番トートから人気の迷彩柄トートまで3種類をご紹介します。どのトートバッグも一つあったら便利かつおしゃれに。さらに、名前の刺繍入りなら世界にたった一つのトートバッグになりますよ。

1.ボート&トート

シンプルで使いやすい定番の「ボート&トート」。L.L.Bean トートの魅力が詰まったバッグ。色は5種類から選べます。中でも黒はどんなファッションにでも合わせやすいでしょう。

オープントップ(ジップなし)は、ものを入れやすくて便利。マザーズバッグとして使う時は、中身が見えないジップトップも使えますね。

口コミ

自分が好きでよく着るコーデの色に合う色がベストです。
いろんな色を着るという方は、シンプル&ベーシックな色が合わせやすいですよ。 出典: styleparadigm.com

普段いろんな色の洋服を着る方は、シンプルなバッグが一つあると、合わせやすくて重宝するようです。

2.カモフラージュ柄

カモフラージュ柄は根強い人気。過去には売り切れと再販を繰り返したこともあるようです。柄が入っているのは持ち手と底の部分だけなので、カモフラージュ柄も印象がそこまで強くなく、さりげなく普段のファッションに取り入れられそうですね。

口コミ

必要な物がジャストに入り
ロゴの刺繍の色もゴールド色でかわいくて。
想像以上に可愛くてお気に入り。
いつも買い物帰りの荷物が多くて
ストレスあったけれど、
ショルダーとして使えるから
日々のコーディネイトに、
旅行にと活躍してくれること間違いなし!
買って良かったアイテムデス^^
出典: xn--eckub9eg4gl8c.jp.net

ストラップ付きのショルダータイプを選べば、両手が開くので便利。マザーズバッグとしても活躍してくれそうです。

3.レザー・ハンドル・ボート・アンド・トート

LL Bean boat Leather Handle Boat and Tote(Irregular) regular handle

定番の「ボート&トート」とはまた雰囲気がかわり、こちらはオトナの上品な雰囲気が漂うトート。ハンドル部分がレザー仕様になっていて、カジュアルなコーデももちろん、きれいめコーデとの相性ばっちりです。

口コミ

肩に掛けやすい長さのハンドルが欲しかったの!
レザーがいいアクセントです。モノグラフはお気に入りのブロック体のイニシャルです。 出典: blog.livedoor.jp

ハンドルがレザーだと一気に大人っぽさが増します。また、ハンドル部分が肩にかけやすい長さかどうかは、意外と見逃しがちな点かも。できれば店頭で持ってみるとよさそうですね。

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグを持って出かけよう

街中で時々、荷物が多くてバッグも2~3つ持ち歩いているママさんを時々見かけます。とはいえ、子供と過ごす時はなるべく両手を空けておきたいですよね。

汚れを気にせず、荷物がたくさん入ってなおかつおしゃれ。名前を入れて、自分だけのオリジナルとして使ってみてはいかがでしょうか。

マザーズバッグとしての役目が終わっても、普段使いだけでなく旅行バッグとしても使いやすいでしょう。

「L.L.Bean」「エルエルビーン」「トート」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧