hattiki0421

hattiki0421さんの記事一覧

  • 子育て中の就職、転職の条件は?ママたちが考える「理想の職場」とは

    子育て中の就職、転職の条件は?ママたちが考える「理想の職場」とは

    子育て中の就職や転職は心配ごとが多いですね。子供の体調不良による早退や欠勤、また保育園の保育時間による働く時間の制約など、ママ自身の気持ちだけでは同僚と同じだけ働くことはできないため、負い目を感じたり、働きにくさを感じたりする事例があるようです。新たな就職先や転職先を探すときには、自分がどのように働きたいのか理想をはっきりさせ、それを実現するために必要な制度が整っていて、さらに実際に活用されている職場を探すようにしましょう。

    hattiki0421

  • 子供に自転車を教えるステップは?安全と上達のためのアドバイス

    子供に自転車を教えるステップは?安全と上達のためのアドバイス

    大人になると多くの人が乗っている自転車。子供たちも成長につれて自転車に興味を持つことがあるかもしれません。しかし、自転車は練習せずにすぐ乗れるものではなく、パパやママと一緒に練習が必要でしょう。自転車を教えるには、まずは安全のための点検をし、ヘルメットや手袋などのグッズを用意することが大切です。練習では焦らず、バランスを取ることからゆっくり教えていきましょう。

    hattiki0421

  • 叱りすぎた時はどうしている?先輩ママたちのフォロー方法

    叱りすぎた時はどうしている?先輩ママたちのフォロー方法

    子供を叱ったあと、子供の気持ちのフォローをしていますか?しつけはしなくてはいけないものですが、子供になかなか思いが伝わらず、気づくと大声を出したり、叱りすぎたりしてしまうことがあるかもしれません。そのような時、先輩ママやパパはどのようなフォローをしているのでしょうか?4歳と2歳の子供を育てる私の場合と、先輩パパ、ママたちのさまざまなフォロー方法をご紹介します。家庭に合ったフォロー方法で、子供に愛情を伝えてくださいね。

    hattiki0421

  • 認可保育園の選考結果が来る前に!内定&落ちた時やることリスト

    認可保育園の選考結果が来る前に!内定&落ちた時やることリスト

    自治体によって選考が行われ、入園が決定する認可保育園。申込み者が多い自治体では、希望した園に入園できない場合がありますし、申し込みから結果が出るまで時間がかかるため、ソワソワしてしまうものですね。しかし、ソワソワする間にも、結果通知が来た後にどのようなことをするべきか考えることはできます。内定の場合は参加する健康診断などの予定を確認しつつ、職場復帰の計画をしましょう。落選の場合は他の園への入園や、育休の延長について検討が必要です。

    hattiki0421

  • 乳幼児がいる家庭の引っ越し、押さえておきたい手続きリスト

    乳幼児がいる家庭の引っ越し、押さえておきたい手続きリスト

    赤ちゃんや小さい子供がいる引っ越しは大変。家族全員の荷物を箱詰めし、新居で荷ほどきするだけでもとても疲れてしまうでしょう。しかし、引っ越しは荷物の移動だけではありませんよね。役所などでの手続きもたくさんあります。転居や郵便物の転送などの基本的な手続きはもちろん、子供に関する手続きも忘れてはいけません。子連れの引っ越しで特に押さえておきたいポイントをまとめました。引っ越し前にリストを作成しておくと便利ですよ。

    hattiki0421

  • 平成30年度川口市認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    平成30年度川口市認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    川口市の認可保育園の申込期間、入園決定率、申込者数などについてまとめました。平成30年度の情報が公開されていないものについては、前年度以前の情報をもとに掲載しています。川口市では2012年以降申込者数が増加傾向となっています。2015年に入園決定率が80%に上昇したものの、2016年には下降。平均としてはおおむね50~70%程度で推移しています。

    hattiki0421

  • 平成30年度杉並区認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    平成30年度杉並区認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    杉並区の認可保育園の申込期間、入園決定率、申込者数などについてまとめました。平成30年度の情報が公開されていないものについては、前年度以前の情報をもとに掲載しています。杉並区では2012年からの5年間、認可保育園への入園希望者数が増え続けており、内定するのは約半数の児童となっています。もし認可保育園への入園が難しい場合は、認証保育所、杉並保育室などの受け皿があり、保育料の助成制度があります。

    hattiki0421

  • 平成30年度江戸川区認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    平成30年度江戸川区認可保育園の申込方法、過去5年の実績から見る入園決定率

    江戸川区の認可保育園の申込期間、入園決定率、申込者数などについてまとめました。平成30年度の情報が公開されていないものについては、前年度以前の情報をもとに掲載しています。江戸川区では2012年からの5年間、認可保育園への入園希望者数が増え続けており、内定するのは約60%の児童となっています。もし認可保育園への入園が難しい場合は、認証保育所などの受け皿があり、保育料の助成制度があります。

    hattiki0421

  • アタマジラミは「不潔」とは無関係、感染ルートと予防策

    アタマジラミは「不潔」とは無関係、感染ルートと予防策

    アタマジラミは頭皮につく寄生虫です。吸血されるとかゆみがでます。子供に患者が多く、保育園や家庭内で他の人にうつる可能性があります。シラミという名前から「不潔にしているから寄生されるのでは」と考えられやすいですが、実際には不潔とは関係なく、誰もが寄生される可能性があります。もし寄生された場合は、すき櫛などで卵や成虫を取り除きつつ、毎日シャンプーでしっかり洗い流すことが大切。10日ほどで良くなってくるでしょう。

    hattiki0421

  • 保健師に聞く「私の仕事」、ママの思いに寄り添うサポーター

    保健師に聞く「私の仕事」、ママの思いに寄り添うサポーター

    保健師とは、地域や企業にいて、そこにいる人々の健康をサポートするための仕事をする人たちです。母子にとっては新生児訪問、乳児健診で会うことが多いでしょう。中野区で働く保健師の土屋優恵さんは、4年間母子の健康を見守る部署で仕事をしてきました。ママたちを見守る中で土屋さんが大切にしていることは「ママの思いを尊重する」「ママも赤ちゃんも一番」ということ。保健師としての土屋さんの考えや、ママたちへの思いを聞きました。

    hattiki0421

  • 子連れで結婚式参列、子供を飽きさせないためには?先輩ママのアドバイス

    子連れで結婚式参列、子供を飽きさせないためには?先輩ママのアドバイス

    子供を連れて結婚式に参列するときは、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。挙式と披露宴の間、長時間じっとしていることは、子供にとって簡単ではありません。できるだけ飽きずに過ごせるよう、お気に入りの食べ物やおもちゃを用意しておくと良いでしょう。また、寝かしつけ用のベビーカーや、必要なグッズをまとめたフォーマルバッグもあると便利です。先輩ママに聞いた、子連れ結婚式参列のコツをご紹介します。

    hattiki0421

  • 認可、認証、認定こども園…保育園の種類について知っておこう

    認可、認証、認定こども園…保育園の種類について知っておこう

    保育園にはいろいろな種類があります。自治体や民間事業者が運営する施設や、個人が家庭で行う保育ママ制度など、規模も費用もさまざまです。また、園独自のしくみや教育方針が存在するため、子供を保育園に入園させることを検討し始めたら、見学や説明会に参加してみると良いでしょう。さまざまな保育園の概要と、保育園に関するママ達の声を集めました。

    hattiki0421

  • 申請しなければ受け取れない!妊娠・出産でもらえるお金

    申請しなければ受け取れない!妊娠・出産でもらえるお金

    妊娠、出産は何かとお金がかかるもの。妊婦健診や赤ちゃんの日用品を揃えるなど、出費が増えますね。さらに、つわりで仕事に行けない日が続く時期や、妊娠中のトラブルで、入院を余儀なくされることもあります。そのような時は収入が減り、さらにお財布事情が厳しくなりそうです。しかし、妊娠中から出産後までは、知っていれば受け取れる給付金がたくさんあります。忘れずに申請して、お財布の心配を少なく子育てをスタートさせたいですね。

    hattiki0421

  • 子連れ結婚式はどのように参列する?先輩ママに聞いたご祝儀と子供の服装

    子連れ結婚式はどのように参列する?先輩ママに聞いたご祝儀と子供の服装

    親戚や家族ぐるみで付き合いがあった友人など、家族で結婚式に招待されることがあります。夫婦での参列ならあまり不安はありませんが、子連れとなると話は別。「ご祝儀は子供の分も?」「何を着せていく?」と心配事がたくさんあるものです。そこで、家族で参列する結婚式でのご祝儀の相場や、先輩ママに聞いた子供の服装などをお伝えします。子連れで結婚式に参列するときの参考にしてくださいね。

    hattiki0421

  • 保健師とはどのような仕事?ママと赤ちゃんの心と体の健康を守る相談相手

    保健師とはどのような仕事?ママと赤ちゃんの心と体の健康を守る相談相手

    保健師とは、自治体や病院などで人々の健康に関するアドバイスをしたり、保健指導を行ったりする専門職のことです。赤ちゃんが生まれたあとの新生児訪問や、自治体での乳児健診などで見かけることがあるでしょう。保健師は体の健康を管理するだけではなく、心の不安や、育児に関する悩みの相談も受けてくれます。誰に相談して良いかわからない日々の育児での不安や、家族に関する悩みも、保健師に相談することでアドバイスを得られるかもしれません。

    hattiki0421

  • 保育士に聞いた「手づかみから箸まで」食事の自立の進め方とコツ

    保育士に聞いた「手づかみから箸まで」食事の自立の進め方とコツ

    手づかみ食べから始まり、子供はだんだんと食事を自分で行うようになっていきます。スプーンやフォーク、箸と使える道具が増えてくると、食事が楽しくなってくるものです。早く上手に使えるようになってほしいですが、焦りは禁物です。あくまでも食事を楽しむ気持ちと、本人のやる気を大切にトレーニングを進めましょう。遊びの中に自然と食事の動きを取り入れていくこともおすすめです。保育士のトマトさんに、食事の自立の方法とコツを聞きました。

    hattiki0421

  • 「挨拶」「順番」はどのように教える?保育士に聞いた良い習慣の身につけ方

    「挨拶」「順番」はどのように教える?保育士に聞いた良い習慣の身につけ方

    社会で生活していく上で必要な「挨拶」や「順番」といった基本的な生活習慣。大人になるまでにわが子にも身につけてほしいと思うものの、どのように、いつから伝え始めてよいかわからない方は多いかと思います。親子カフェで働くベテラン保育士のトマトさんによると、良い習慣を身につけるには日々の積み重ねが大切だそう。はじめはうまくいかないかもしれませんが、焦らずに根気よく伝え続けていきましょう。遊びの中で自然に良い習慣がつけられると良いですね。

    hattiki0421

  • 「保育園行きたくない」には、スキンシップと共感を。ベテラン保育士のアドバイス

    「保育園行きたくない」には、スキンシップと共感を。ベテラン保育士のアドバイス

    昨日まで普通に保育園に通っていたはずなのに、いきなり始まってしまう登園時のぐずり。「保育園は嫌」「行きたくない」と言われると、保育園で何かあったのではないかと心配になりますね。ママとしては1日も早く元気に通ってほしいと思うものですが、ママにできることはどのようなことがあるのでしょうか。親子カフェで働いていて、保育士としての経験が豊富なトマトさんに、登園ぐずりの原因や対処法を聞きました。

    hattiki0421

  • 光化学スモッグとは何?赤ちゃんへの影響と、小児科医からのアドバイス

    光化学スモッグとは何?赤ちゃんへの影響と、小児科医からのアドバイス

    光化学スモッグは、化学物質が空気中に滞留した状態のこと。日差しが強く、気温が高くて風がない日には「光化学スモッグ注意報」が発令されやすくなります。光化学スモッグを浴びると、個人差はありますが、目が痛くなったり喉がイガイガしたりするなどの症状が出る場合があります。小児科医のばば典子先生は、暑い日に外で遊ぶ子供は特に症状が出やすいため、注意報発令時には注意して屋内で過ごすべきだと話します。光化学スモッグの影響や注意点についてご紹介します。

    hattiki0421

  • 着替えは何からどのように教える?年齢別ステップとおすすめの服装

    着替えは何からどのように教える?年齢別ステップとおすすめの服装

    毎日行う「着替え」。赤ちゃんの頃はママにすべて着せてもらっていた子供たちですが、年齢が大きくなるにしたがって、自分で着ることができる洋服が増えていきます。どのような順序で着替えを自立させていけばよいのでしょうか。子供ごとに個人差は大きいですが、年齢別で着られるようになる洋服の目安や、教え方についてまとめました。また、親子カフェで働く保育士のトマトさんに、段階ごとの「挑戦したい服装」について聞きました。

    hattiki0421

  • 実の両親との同居生活はどうなる?二世帯住宅に住むママに聞いた暮らしぶりと本音

    実の両親との同居生活はどうなる?二世帯住宅に住むママに聞いた暮らしぶりと本音

    実両親との同居を考えたときに気になることは、実際に同居を始めた後の暮らしですね。結婚前とは違い、夫と子供がいる中、両親と一つ屋根の下で暮らすとはどのような生活で、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。それぞれ異なった間取りの二世帯住宅に暮らす3人のママに聞いたリアルな暮らし方から、同居を成功させるコツを考えました。実両親との関係の中では「甘えすぎないこと」がキーワードになりそうです。

    hattiki0421

  • 国内でヒアリ発見、ヒアリとそうでないアリの見分け方と対処法

    国内でヒアリ発見、ヒアリとそうでないアリの見分け方と対処法

    平成29年6月13日以降、国内でヒアリの発見が相次いでいます。ヒアリは特定外来生物で、毒性の強い針を持つ危険なアリです。刺されると水ぶくれなどを起こし、海外ではアレルギー反応が起こったという報告があります。中には死亡例もあり、特に注意すべき生物として、現在駆除や捜索が続いています。子供たちにとっては身近な存在でもある「アリ」。公園などによくいるため、ヒアリかそうでないかを確認するポイントや予防策を知っておきましょう。

    hattiki0421

  • 「気持ちを客観視」怒り日記で毎日のイライラを軽減しよう

    「気持ちを客観視」怒り日記で毎日のイライラを軽減しよう

    つい溜め込みやすい、子育てのイライラ。自分自身が、どのようなことにイライラしやすいのかを知っていますか?怒りの傾向を客観視して自分のこだわりを知ると、日々のイライラを減らすための対策ができ、笑顔で過ごせる時間が増えるかもしれません。ストレスをコントロールするために使う「怒り日記」について、カウンセラーでもあり、一般社団法人日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントファシリテーター™としても活躍する朴澤和歌子さんにお話を聞きました。

    hattiki0421

  • ママはそこにいるだけで100点。心の限界を感じたら、我慢せずにカウンセリングを

    ママはそこにいるだけで100点。心の限界を感じたら、我慢せずにカウンセリングを

    日々家事や育児に追われるママたち。つい自分の思いを押さえて、子供や家族のために我慢をしていませんか?育児は大変で、つらい時間があることは自然なこと。心穏やかなママでいられないことや、うまくいかないことは恥ずかしいことではなく、ママが頑張っているからこそです。それでもつらくてモヤモヤする気持ちになったときは、専門家のカウンセリングを受けてみませんか。カウンセラーの朴澤(ほおざわ)和歌子さんのお話から、ママのカウンセリングについてご紹介します。

    hattiki0421

  • 悩みを分析!カウンセラー流、義母との関係に悩んだ時に使える「心の断捨離術」

    悩みを分析!カウンセラー流、義母との関係に悩んだ時に使える「心の断捨離術」

    ママにとって悩みの種になりやすい、義母との関係。子供にとっての母であるママと、祖母である義母。お互いに主張が異なってしまったり、思いがすれ違ってしまったりすると、関係がギクシャクしてしまうことがあります。初めのきっかけがあるにせよ、気づけば「どこが嫌かわからないけれど姑が嫌」という状況になるかも。そんなストレスを少しでも和らげたいときに使える「心の整理術」をカウンセラーの朴澤(ほおざわ)和歌子さんに聞きました。

    hattiki0421

  • 「言葉のおうち」で伸ばすコミュニケーション力、親子のひと時を楽しんで

    「言葉のおうち」で伸ばすコミュニケーション力、親子のひと時を楽しんで

    1歳半~2歳ごろ気になるのが、言葉の発達。健診の項目にも「言語発達」が挙げられ、順調に成長しているのか、不安になることがありますよね。言葉の発達を促すには、何をすればよいのでしょうか。つい「言葉で表現すること」に気を取られてしまいますが、大切なのは言葉だけではなく、子供自身の「人と関わりたい力」「人に伝えたい力」が育っていること。子供にあった関わり方で言葉を育てましょう。臨床発達心理士の新井範子先生にお話を聞きました。

    hattiki0421

  • 母体保護法で守られない命がある、悲しい選択の前にできることを

    母体保護法で守られない命がある、悲しい選択の前にできることを

    母体保護法は、女性の生命や健康を維持するため、不妊手術や人工妊娠中絶を条件付きで認める法律です。しかし、この法律で守られない命があります。それは、お腹に宿った命です。人工妊娠中絶では年間約18万人の胎児がなくなっています。女性には、悲しみや罪悪感から心理ストレス症状が出る場合があります。中絶は「育てられない」と判断した人たちにとっては必要な処置ですが、それ以前に望まない妊娠をしないための対策をすることが必要なのではないでしょうか。

    hattiki0421

  • 子供に医療保険は不要?自治体の助成制度や保険外治療の可能性を考えて検討を

    子供に医療保険は不要?自治体の助成制度や保険外治療の可能性を考えて検討を

    各自治体には、子供向けの医療費助成制度があります。制度は自治体ごとに異なり、助成される年齢制限や、所得制限などに違いがあります。基本的には子供の医療費は無料、もしくは一定額までは助成されるため、助成制度以外に医療保険に加入して備える必要はありません。しかし、保険外治療や、差額ベッド代などの保険外の医療費に備えるためには、医療保険を検討する選択肢もあるといえます。各自治体の制度と助成を理解した上で考えてみましょう。

    hattiki0421

  • 習い事費は月収の10%未満に!コスパは「親子双方の満足度」で考えよう

    習い事費は月収の10%未満に!コスパは「親子双方の満足度」で考えよう

    「子供には色々なことにチャレンジしてほしい」…そんな思いでついついかけすぎてしまう傾向がある習い事費用。親心で習わせているつもりが、子供自身のやる気があまり無かったり、上達しない状況にママがモヤモヤしたりしていませんか?習い事費用は教育費全体を考えて、その他の娯楽も含めて月収の10%までに抑えることが理想です。また、習い事でいうコストパフォーマンスは「親子双方の満足度」と捉え、何を習うかじっくり検討しましょう。

    hattiki0421

  • 不妊治療「費用」が心配?検査や治療にかかる費用と助成金を知ろう

    不妊治療「費用」が心配?検査や治療にかかる費用と助成金を知ろう

    赤ちゃんが欲しいと思っても、なかなか妊娠しない時「もしかしたら不妊症かもしれない」と考える方もいると思います。その時すぐに不妊治療を受ける選択ができるでしょうか。実際には、多くの方が「自然に任せたい」と感じたり、費用面に不安を感じたりして、すぐには治療を受けないようです。しかし、実際に治療にかかる期間や費用を知り、さらに自治体からもらえる補助金について知ると、その考えが変わるかもしれません。

    hattiki0421