本物そっくり「シルバニアファミリー」のパークが登場! 休日は家族で遊びに行こう

8月に入りましたね。ここまで厳しい暑さの日が続くと、外に出るのも一苦労。でも、やっぱり夏は家族で遊びに出かけたくなりますよね。連休の予定は決まっていますか?実はシルバニアファミリーのパークができました。小さいころシルバニアファミリーで遊んだというママも多いのでは?ショコラウサギの実物大の家などもあり、シルバニアファミリーの世界に潜り込んだよう。子供も思いっきり遊べるパーク、ぜひ行ってみてください。

シルバニアファミリーとは

シルバニアファミリーと聞いて、懐かしく感じるママもいるのではないでしょうか。筆者もその一人です。ウサギやクマの家族をそろえたり、あの緑色の家具をいろいろ並べ替えたりして、夢中になって遊びました。

そんなシルバニアファミリーは1985年生まれ。かわいいウサギの家族を中心に、お家と11種類の家具、9種類の家族というラインナップで発売されると、大人から子供までを魅了する人気シリーズになりました。

その後も、あかりの灯る大きなお家やショコラウサギファミリーなども加わり、シルバニアファミリーの温かな世界は広がり続けています。

シルバニアファミリーは「自然」「家族」「愛」をコンセプトに作られたおもちゃです。子供が遊びの中で日常生活に役立つお片付けなどの習慣を身に着けるようサポートし、一人遊びはもちろん、お友達と一緒に遊ぶことでコミュニケーション能力を育むことを目的とされています。

また商品そのもののかわいさも魅力の一つ。大人でもその魅力にはまっている方はいるのではないでしょうか?子供にせがまれて買っているつもりが、いつも間にか自分のためにコレクション目的で購入していたママもいるはず。たくさんの魅力が詰まっていますね。

だからこそ、シルバニアファミリーは3世代にわたり愛され、世界中60ヶ国以上の国や地域でもたくさんの子供たちに親しまれているのですね。

シルバニアパークを紹介

©EPOCH

2018年7月14日に茨城県稲敷市にある『こもれび森のイバライド』内にグランドオープンしたシルバニアパーク。シルバニアファミリーの世界を等身大で楽しめる癒やしの空間です。

『こもれび森のイバライド』は、ヒツジやアルパカと触れ合ったり、ジップラインやアスレチックで体を動かしたりと、家族で一日中楽しめるスポット。

首都圏からの車でのアクセスも良く、土日や祝日にはJR常盤線牛久駅から無料の送迎バスもあるので便利。授乳室やペット連れOKな店舗などもあり、家族で一日中楽しむことができます。

『こもれびイバライド』内に作られたシルバニアパーク。シルバニア村に遊びに来た気分を味わえる、屋外型のテーマパークです。クイズラリーにチャレンジしながらパーク内をまわるのも楽しそう。

シルバニアファミリーのほのぼのとした世界観に包まれて、ゆっくりとした時間を楽しみましょう。

施設情報

  • 施設名称:Sylvanian Families in こもれび森のイバライド
  • 所在地:〒300-0528 茨城県稲敷市上君山2060-1
  • 営業時間:10:00~17:00(最終入場は16:00まで)
  • 定休日:火曜日
  • 入場料:一人500円(2歳以下は無料となります。)
  • ※別途イバライドへの入園料がかかります

シルバニアのかわいい世界観を大切にするため、エリア内の建物は入り口や天井の高さが低めになっています。大人は頭をぶつけないように注意して進みましょう。

シルバニアパーク内にはトイレがありません。パークのほかのエリアのトイレをご利用ください。入場リストバンドを手首に巻いておくと再入場することができるので、忘れずに手首に巻いておきましょう。

今年の夏は連日の猛暑。屋外型の施設なので、日陰で休憩したりこまめに水分補給をしたりして、熱中症対策をしっかりして遊ぶようにしてくださいね。

入り口は「赤い屋根のお家」

©EPOCH

シルバニアパークへの入り口は「赤い屋根のお家」。シルバニア村へようこそ!これから始まるシルバニアの仲間たちとの出会いにワクワクです。

ショコラウサギの女の子が2階から顔を出してお出迎え。「赤い屋根のお家」が細部まで再現されています。

ここで、クイズラリー用紙をもらって進みます。パーク内のさまざまな建物を巡ってクイズに応えましょう。周り終わる頃にはあなたもシルバニア博士になっているかも。

9月2日までの期間限定で、クイズにすべて答えると、オリジナルの洋服を着た赤ちゃんの人形がもらえるキャンペーン中。家族で協力して考えるのも楽しそうですよね。

さあ、シルバニアファミリーの世界へ出かけましょう!

ファミリーワゴンにも乗れます

©EPOCH

風の丘のステージにあるファミリーワゴン。実際に動かすことはできませんが、乗車してスタートボタンを押すと、画面を使ったシルバニア村のドライブ遊びができます。

お話の中でショコラウサギファミリーは、幸せな7つのものを探しながら海へドライブに出かけます。道の途中で出会う友だち、空に浮かぶ雲や小鳥さんたち、7つのどんぐりや7色の虹などなど。

家族で7つの幸せを数えながらドライブに出発したいですね。家族でワゴンに乗り込んでシルバニアファミリーになりきって、写真をたくさん撮っちゃいましょう。きっと、すてきな思い出の1ページになりますよ。

7/14にはオープニングセレモニーが開かれました

©EPOCH

稲敷市の副市長である高山氏、エポック社前田社長、株式会社ファーム髙井社長が参加して、セレモニーが行われました。ショコラウサギちゃんたちと記念撮影もパチリ。シルバニアパークのスタートを盛り上げました。

シルバニアパークのグランドオープンに合わせて、7月14日から9月2日までサマーフェスタが行われています。夏休みならではの楽しいイベントがたくさん。

ショコラウサギちゃんとブルーベリーヨーグルトアイス作り体験をしたり、お泊まりキャンプをしたりと、今年の夏にぜひチャレンジしたい企画が盛りだくさんです。

大好きなショコラウサギちゃんとお友だちになれるかも。イベントは申込数に限りがあるので、ホームページや電話で必ず確認してくださいね。

ショコラウサギちゃんと記念撮影も可能

©EPOCH

フラワーガーデンは、シルバニアパークのベストフォトスポット!

季節のお花がいっぱいのお花畑に置かれたベンチに座って写真を撮ったり、ショコラウサギちゃんと並んで撮ったりすることもできます。カレンダーボードがあるので、とても良い記念になりそう。

お耳の先がチョコレート色のショコラウサギファミリー。お父さん、お母さん、男の子、女の子のほかに、赤ちゃん、ふたごちゃん、おじいさん・おばあさんもいる大家族です。

その中でも、なりきって遊べるショコラウサギの女の子はかわいさ抜群。憧れのショコラウサギちゃんとお友だちになって、パークでの1日を満喫してくださいね。

「ツリーハウス」ではすべり台で遊べます

©EPOCH

本物の木を囲うように作られているにぎやかツリーハウス。暑い季節も元気に走り回って遊びたい子供たちにピッタリのスポットです。

シルバニアファミリーのシリーズには登場していないツリーハウスですが、自然が豊かでのどかなシルバニア村には、きっとこんなすてきで遊び心あふれたツリーハウスがピッタリ合うはず。

広々としたウッドデッキからパークを見わたせば、新たな発見があるかも。たくさん上って冒険しましょう。

ツリーハウスの中もしっかりチェック。小屋の中や双眼鏡をのぞいて、シルバニアパークを知り尽くしちゃいましょう。

ツリーハウスの隣にある「おとまりファミリーコテージ」には、大きなボールプールが。ハンモックの上からシルバニアファミリーのお友だちを探してみてね。

歩き疲れたら、ツリーハウスの木陰でひと休みするのもおすすめです。

水遊びも楽しめます

©EPOCH

パーク内には、「キラキラ湖」と「せせらぎ川」という水遊びスポットがあります。暑さの厳しい今年の夏は、上手に涼みながら遊びたいですね。

せせらぎ川を渡るとコテージやツリーハウスにつながるので、この場所は楽しく休憩するのに便利。

キラキラ湖には幻の金色の魚がいるという言い伝えがあるのだとか。水遊びをしながら探すのも楽しそう。

パーク内の「丸太小屋記念館」では、過去のシルバニアファミリーの展示や映像作品を見ることができます。ママたちには懐かしいシリーズに会えるかもしれません。プレイコーナーではシルバニアの新商品を試すこともできるので、歩き疲れたら、涼しい屋内での休憩をかねて立ち寄ってみるのはいかがですか。

パーク内にはほかにも、屋内でシルバニアファミリーの世界を楽しめる場所がたくさん。「あそびのお部屋」でシルバニア村のジオラマを見たり、「森のマーケット」で海外のシルバニアファミリーグッズを探したり。1日中楽しめますよ。

家族で楽しめる、シルバニアファミリーの世界へ!

©EPOCH

今年の夏休みのおでかけに、家族でシルバニアファミリーの世界へ飛びこんでみるのはいかがですか?

ママも子供のころを思い出して一緒に楽しめるはず。家族で、友だち同士でぜひおでかけください。シルバニアファミリーのほのぼのとした世界に癒やされること間違いなしです。

今年の夏はいつも以上の厳しい暑さと言われています。屋外ですごすときは、くれぐれも熱中症に気を付けて、こまめな水分補給や休憩を心がけましょう。

シルバニアパークは屋外型のテーマパークですが、涼しい室内で楽しめるものもあり、休憩しながらまわることができます。

ママも子供のときの気持ちを思い出して、お子さんと一緒にシルバニアファミリーの等身大の世界を満喫してください!

「シルバニアファミリー」「シルバニアパーク」「こもれび森のイバライド」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧