妊婦の過度なダイエットはNG!体重管理方法と理想の体重増加ペース

かつては「妊娠したら赤ちゃんの分まで食べなさい」と言われていた時代もありました。しかし現在では、妊娠中の過度な体重増加はNGとされています。一方でダイエットのし過ぎももちろん妊婦さんの体や、赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。体重が増加する理由を正しく知り、理想的な体重増加のペースを知っておきましょう。

画像:soukai.morinagamilk.co.jp

なぜこんなに増えるの!? 体重増加の謎

妊娠中は体重管理に悩まされる方も多いです。昔は「妊娠したら赤ちゃんの分まで食べなさい」と言われていた時期もありましが、どのくらいまで体重増加して大丈夫なのか不安になるかと思います。

そこで、今回は初めに妊娠すると体重が増えてしまう理由について説明していきます。
体重増加の理由として以下のような理由が挙げられます。

  • 赤ちゃんを守るために必要な体の機能が備わる
  • 脂肪がつきやすくなる
  • 母体の血液量が増加
  • 食べ過ぎてしまう

赤ちゃんを守るために必要な体の機能が備わる

赤ちゃんを守るために、子宮や羊水・胎盤など様々な機能が備わってきます。そのほかにも赤ちゃんの体重増加がママの体重増加にもつながるので、妊娠中は大幅に体重が増えていきます。

  • 赤ちゃん:3kg
  • 子宮:1kg
  • 羊水:0.5kg
  • 胎盤:0.5kg

以上だけでも5kgほど増えていきますが、そのほかにも脂肪のつきやすさと血液量の増加によってさらに体重は増加していきます。

脂肪がつきやすくなる

脂肪がつきやすくなる原因として、胎盤からhPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)というホルモンが分泌されることが挙げられます。このホルモンは体内に脂肪を溜め込む働きを持っているために、妊娠中は脂肪がつきやすくなり体重が増加します。個人差はありますが、一般的に1ヶ月につき1kgほど増加すると言われています。

血液量の増加

画像:ninsin-akachan.com

妊娠中は母体だけでなく胎児にも血液を循環させなければいけません。そのために、ママの血液中の水分量を増加させて胎児に血液を回しています。そのため、血液量が通常時の約1.4倍(7000c)に増えるため、体重も2kgほど増加します。

つわり後の食べ過ぎに注意

つわりが落ち着いてくると食欲が戻ってくるため、つわりの時の反動でついつい食べ過ぎてしまうことがあります。しかし食べ過ぎはNGです。適正な体重を保って、規則正しい食生活を送りましょう。
また、臨月近くになると動きにくくなってカロリー消費が減り、太りやすくなりがちなので注意しましょう。

【これが理想】良い体重の増え方

画像:www.beginning-pregnancy.com

妊娠中の理想的な体重増加のペースは、妊娠前の体重によっても違ってきます。
まずは、一般的な肥満の程度の指標となるBMIを計算してみてください。

【BMIの求め方】

BMIの求め方は以下のようになります

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

この数値が【18.5未満ならやせ型】【18.5~25未満は標準】【25以上は肥満型】となります。
それぞれの適正な体重増加は以下のようになります。

  • やせ型:9~12kg
  • 標準:7~12kg
  • 肥満型:5~7kg

いずれの場合もゆるやかに体重が増えていくのが理想なので、1週間に500g以上体重が増えないようにしましょう。

さいごに

妊娠中は何かとストレスがたまって食べ過ぎてしまったり、体が重くて動くのが億劫になります。
食べるものや食べ方を工夫したり、こまめに動いたりして上手に体重管理することが大切です。

ただ、体重が増えすぎてしまったと言ってダイエットをするのも好ましいとは言えません。妊婦のダイエットは低体重児を産む原因の一つとも言われています。
適正体重を保って、楽しいマタニティライフを送ってください。

妊娠中のママ必見! 無料の女性限定Q&Aアプリ「ママリQ (mamariQ)」

関連記事:

妊娠中のママ必見! 無料の女性限定Q&Aアプリ「ママリQ (mamariQ)」

妊婦さんには日ごろの身体の変化や出産など様々な不安がありますよね。また…

「妊婦」「ダイエット」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

「妊娠」に関連する他のまとめ

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!