ベビーカーのトラベルシステムとは?グレコなどのおすすめの商品10選

赤ちゃんとのお出掛けは、移動をさせる機会が多いですよね。抱っこして車の中に座らせて、レストランではまた抱っこ、お買い物中はベビーカーへ、帰ったら抱っこしておうちの中へと、様々な場所へ移動させる必要があります。そんな時におすすめなのがトラベルシステム対応商品。ベビーカー、車のチャイルドシート、ベビーキャリーの全ての役割をこなすもので欧米では定番化しています。子育てが一気に楽になるトラベルシステム商品をご紹介します。

PIXTA

トラベルシステムとは?

トラベルシステムとは、欧米では定番の対面/背面式ベビーカー、チャイルドシート、キャリーシートの機能を一つの商品に集約したシステムの事です。日本では、マキシコシがその火付け役として有名ですね。マキシコシのベビーシートは、世界各国のトラベルシステムにおける第一線で愛用されています。

トラベルシステムに対応している商品は、主に上記4つの機能を有しています。同じくトラベルシステム機能のあるベビーカーに取り付ければ、ベビーカーとして使用出来ます。背面式、対面式を選ぶ事が出来るのも特徴の一つです。

また、車移動でも、シートがそのままチャイルドシートに早変わり。ベビーカーで赤ちゃんが眠ってしまっても、そのまま車に乗せる事が出来、赤ちゃんを起こしてしまう事もありません。カスタムグッズを使用する事により、車そのものとチャイルドシートをしっかりと固定する事が出来ます。

また、トラベルシステムに対応しているシートは、赤ちゃんをシートに乗せたまま運ぶ事の出来るキャリーシートにもなります。床に置くと、バウンサーの様にゆらゆらと揺れ、赤ちゃんもすやすやと眠る事が出来ますよ。

おすすめのトラベルシステム商品10選

ベビーカー PIXTA

トラベルシステム機能に対応している商品は、様々なシーンでママと赤ちゃんを守り、癒やしてくれます。自宅でキッチンに立つ時も、洗濯をする時も、赤ちゃんはいつもママを感じる事が出来ます。

車の中でも世界基準をクリアした安全性で赤ちゃんの事を守り、車を降りた後の移動でもベビーカーに早変わり。外出先ではバウンサーとしての機能を多いに活用する事が出来ます。

今回は、いつでもママの愛情を感じていたい赤ちゃんの思いと、常に赤ちゃんの安全と安心を思うママとパパの願いを見事に叶えたトラベルシステムの商品を10選ご紹介します。

10位.combi(コンビ)「F2プラス AF トラベルシステムキットセット」

F2プラス AF トラベルシステムキットセット

赤ちゃん用品ブランドのコンビが販売しているこちらの商品は、ベビーカーとしてもチャイルドシートとしても、新生児から使用できるように作られています。全てがセットになっているため、それぞれを購入する必要がないため、車でのお出かけが多く家庭の方にはおすすめの商品です。

また赤ちゃんの頭を守ってくれるクッションは、わずかな振動も吸収し、軽減させるエッグクッションを採用しています。女性一人でも、取り外しが簡単なのもうれしいポイントではないでしょうか。

9位.Joie(ジョイー)「エア トラベルシステム ジュバ」

エア トラベルシステム ジュバ

シートの重量はわずか2.9kg。ジョイーのベビーシートは、他のトラベルシステムの製品の中でもかなり軽量です。持ち運びも手軽に行う事が出来、力に自信がないママにもおすすめです。

また、aire poppyredのベビーシートは、赤ちゃんの骨格を考えて作られたCカーブ構造。赤ちゃんの柔らかくて未熟な背骨に沿って負担を少なくしてくれます。

また、ベビーカーとして使用する時の収納かごも大きくてとても便利です。赤ちゃんを連れてのお買い物も楽しみになりますね。

8位.日本育児「スマートトラベルシステム ISOFIXベースセット」

スマートトラベルシステム ISOFIXベースセット

日本育児の スマートトラベルシステムは、フラットリクライニングを採用しており、生まれたての新生児の時期から安心して使用する事が可能です。退院時からすぐに使えるのはママにとってとても嬉しい事ですね。

また、車幅がコンパクトなため、小回りが利き、小さく折りたたむ事が出来るので収納時も場所を取りません。地面からシートまでの高さが約53㎝あり、地面からの照り返しなどで赤ちゃんに熱が伝わりにくいのも特徴です。

7位.QUINNY(クイニー)「ザップフレックスブラック×サンド3輪両対面ベビーカー」

ザップフレックスブラック×サンド3輪両対面ベビーカー

生後6ヶ月から使用できるこちらのベビーカーは、世界最小クラスと言われているほどコンパクトに折りたたむことができる性能があります。そのため、車へ乗せておくのも邪魔になりません。

また三輪構造のため、走行がとても軽快。こちら単体では、生後6ヶ月からですが、別売りのインナーシート、コクーンを購入すると新生児からでも使用することができます。

さらに両対面対応、リクライニングも赤ちゃんが安心できる仕組みです。見た目がスタイリッシュでありながら、機能性は抜群。カラーも豊富。きっとお好みが見つかりますよ。

6位. GRACO (グレコ)「ハイシートベビーカー シティエース」

ハイシートベビーカー シティエース

グレコが販売しているこちらの商品は、ベビーカーと抱っこ紐をドッキングさせることのできる機能の付いたキャリートラベルシステムです。車を使用しない家庭は、こちらの商品がおすすめですよ。抱っこ紐で寝てしまっても、赤ちゃんを起こすことなくベビーカーに乗せることができます。

またハイシートになっているため、下に取り付けられているかごが使いやすいです。タイヤも大きく、赤ちゃんの乗り心地も抜群。振動も軽減させる機能を搭載しています。

この記事で紹介した商品は、ベビーカーのみで専用の抱っこ紐は別売りです。カラーはブラックとグレーの2色。どちらも使いやすい色味ですよ。

5位.Joie(ジョイー)「Aire エア + チャイルドシート Juva ジュバ + i-Anchorベース ISOFIX 」

こちらは、2つ目に紹介したJoieブランドで、重量が2.9kgと軽量。モノトーンの水玉のデザインは、ベビーカーとしてはとても珍しいですよね。

前輪が360度回転するので、小回りがきき、ママだけでも楽に移動が出来ます。車への取り付けも簡単で、出産後退院する時から使用出来るトラベルシステムはやはりとても便利ですね。

大人の背骨はSカーブであるのに対し、赤ちゃんの背骨はCカーブで形成されています。そのCカーブの背骨にも優しくフィットするシートを採用しています。

4位.日本育児「ベビートレンドエディション エリクサー」

ベビートレンドエディション エリクサー

赤ちゃん用品店で有名な日本育児が取り扱うメーカー、ベビートレンドが販売しているこちらの商品は、スムーズに運転できるよう、車輪にの機能性と品質にこだわりを持っているトラベルシステムのベビーカーです。車輪は、自転車用のタイヤを採用しているため、赤ちゃんへのストレスなく走行させることができます。

また三輪のバギーにカーシートがドッキングできます。寝ている赤ちゃんを起こすことなく、車の乗り降りが可能です。また、三輪バギーのみに乗せるときは首がすわってからの月齢を推奨していますが、カーシートを取り付けることで、新生児から使用することができます。さらにカーシートは自宅でも居心地よく揺れる、キャリーシートも対応しています。

3位.Peg-Perego( ペグ-ペレーゴ)「ベビーカー Si 」

ベビーカー Si

60年以上の歴史を持つブランド、ペグ・ペレーゴが販売しているこちらの商品は、イタリア発祥ということもありスタイリッシュなデザインが印象的なトラベルシステムです。デザインだけでなく、ベビーカーからベビーシート、ロッキングからローチェアにまでがスムーズに行うことができる商品。

本体自体は安全面を保証する国際規定をクリアしている商品であり、ベビーシートはドイツの自動車連盟の安全性性能テストで安全性の最も高いシートと評価されています。

カラーは画像にあるアーバンデニムとリュクスグレー、ブラックに内側がカラフルなマンリの3色です。ベビーシートはアーバンデニムとリュクスグレーの2色のみです。

2位.エアバギー×マキシコシ「新生児お出かけ4点セット (エアバギー ココ +マキシコシ ペブルプラス+専用アダプター+車載ベース)」

1位.joie(ジョイー)「トラベルシステム 3ホイール」

新生児お出かけ4点セット (エアバギー ココ +マキシコシ ペブルプラス+専用アダプター+車載ベース)

ヨーロッパで1番信頼のあるチャイルドシートブランド、マキシコシと世界が認めるハイクオリティなベビーカーを生み出しているブランド、エアバギーがコラボして販売しているこちらの商品は、トラベルシステムとして最高品質のベビーカーではないでしょうか。それぞれでトップクラスのブランドということもあり、安全性は問題ないと思います。

ベビーカーは生後三ヶ月、首がすわったころから、ベビーシートは新生児から使用できます。他の商品よりは少し値段が張りますが、赤ちゃんの安全性と快適さ、家族の安心を考えるとおすすめできる商品です。

トラベルシステム 3ホイール

シンプルなデザインが特徴的なこちらの商品は、イギリス発祥のブランドジョイーが販売しているトラベルシステムです。ジョイーは赤ちゃんにとって安全な商品だけでなく、家族にとっても使いやすいようにと考えて商品を作っています。

こちらの商品も例外ではありません。トラベルシステム仕様のベビーカーは基本的に単体では首のすわる頃から推奨していますが、こちらは生後1ヶ月から使用することができます。ベビーシートと取り付けることで、新生児からも使用することができます。また大型のエアタイヤにより乗り心地抜群。振動も軽減させています。

カラーは4色あり、どの色も使いやすいシンプルな色味です。

トラベルシステムで家族の安全と安心を守ろう

ベビーカー PIXTA

せっかく眠ったのに、車から降ろすのはかわいそう。洗濯物を干しに行きたいけれど、ベビーベッドで機嫌よく遊んでいるし。外食したいけれど、まだ椅子にも座れないからどうしよう。

トラベルシステムは、そんなママの想いに全て応えてくれます。眠ったまま赤ちゃんを移動でき、室内でも外出先でも、いつでも赤ちゃんと一緒にいられます。

欧米で生まれたトラベルシステムは世界中のママとその家族の安全と安心を守っているのですね。

楽天で「トラベルシステム」をもっと見る!

「トラベルシステム」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧