二人目の育児に欲しい便利グッズって?ママと赤ちゃんにおすすめの人気商品5選

赤ちゃんが産まれてくる前にチェックしておきたいベビー用品。1人目出産のときは知らなかったものや赤ちゃん1人だけのお世話だと使わなかったものでも、2人目では必要になるものがあります。上の子と赤ちゃんの2人になると何が変わるのか?日常の小さな危険を回避出来てママも大助かりな子育て便利グッズを紹介します!

PIXTA

2人目だからこそ!あると便利なベビー用品とは

もうすぐ新しい家族が増えるという、2人目を妊娠中のママへ!

上の子がおにいちゃん・おねえちゃんになる日が楽しみですよね。妊娠中に、赤ちゃんの準備をはじめるという方も多いでしょう。

ただでさえ出費も増える時期ですので、おさがりで済むものや買い足しが必要なものを見極めることが必要になります。

ベビー用品をチェックしていると、1人目のときに購入したけれどあまり使わないまま片付けてしまったものや、気になったけど買わずに済んでいたものがあると思います。

1人目の出産準備と、どう違うんだろう?そんなあなたに、『2人目だからこそ』あって助かるおすすめ便利グッズをご紹介します。

①ベビーベッド・プレイヤード

カトージ New York Babyプレイヤード

赤ちゃんの性格によっては使う期間は短いんじゃない!?そんなベビーベッドだけの機能ではもったいないと思ってしまう方にも、このように大きくなったらプレイヤードにもなる簡易ベッドタイプはおすすめです。

もしかしたら、上の子が自分もココで寝たい!と言うかもしれません。

「ここは赤ちゃんが寝るところで、あなたはママと一緒にいられるのよ。」など、上の子が赤ちゃんだけズルイ!と思わないような言い方で、上手く赤ちゃんのスペースを確保してあげて下さい。

1人目出産のときに用意したけれど、全然使わずにしまったという方は次こそ出番!出産入院中にパパに組み立ててもらったら、退院後すぐに使えますね。

②抱っこ紐

新生児から使える 抱っこひも ボバキャリア 4G プラス BOBA

1人目のときに、新生児期からバンバンお出掛けしました!という方は中々いらっしゃらないと思いますが、2人目となると変わります。

上の子が幼稚園・保育園に行っていると送り迎えがあったり、少しだけの外出でも、上の子と手をつないで荷物を持って…となると、両手が使えないと不便です。

上の子をベビーカー・赤ちゃんを抱っこの場合も、片手を添えないといけないタイプは少し危険だったりしますよね。

そんなとき、新生児のときから使えてママの両手があくタイプの抱っこ紐があると助かります。

様々なメーカーからこのタイプの抱っこ紐が発売されているので、

・お出掛けのとき、かぶりたくない
・パパも嫌がらずに使ってくれるデザインが良い
・実際に店頭で使用した上で決めたい

など、自分のこだわりに合ったものを選んで下さい。

③お風呂用 ベビーチェア

アップリカ はじめてのお風呂から使えるバスチェア

1人目のときは抱っこで乗り切っていた方、
赤ちゃんがお風呂で1人で浮ける話題のグッズを使っていた方も、
2人目になると、少し見直しが必要になります。

ママ1人で赤ちゃんとまだ小さい上の子をお風呂に入れるとなると、赤ちゃんにはママが上の子を洗っている間とママ自身を洗っている間は待っていてもらわなければいけません。

上の子が湯船の中で遊んでいると予想外の危険があったりするので、このバスチェアで、安全に待っていてもらいましょう。

座って待っているのはもちろん、ねんねの時期から使えます。このバスチェアの上で赤ちゃんを洗ってあげることも出来るので、洗い残しも減りますよ。

ずっとバスチェアで待たせていると体が冷えてしまうので、小まめにかけ湯してあげたり、上の子を洗った後、一度湯船で温めてあげてから自分を洗うなど、工夫しましょう。

④電動鼻水吸引器

電動鼻水吸引器 ベビースマイルS-302 ボンジュールセット

お鼻がグズグズ詰まっていると、おっぱいを飲むのも苦しそうです。息が上手に出来なくてすぐに飲むのをやめてしまい頻回授乳になると、ママも大変!

少しの気温の変化だけでも鼻水が出てしまうことがある小さな赤ちゃんだからこそ、備えておいてあげたいですよね。

ママが口で吸うタイプではないので感染の心配もありません。最初は機械音や鼻にノズルを入れるのを嫌がる赤ちゃんもいるかもしませんが、電動なので短時間で済むのがありがたいです。

上の子がいると1人目だったらもらわずに済むような風邪ももらってくるので上の子がいる場合はあるととても便利です。

⑤ママや大人用イスに装着可能なチェアベルト

日本エイテックス キャリフリーチェアベルト

外食のとき、上の子は子ども用のイスを使って、赤ちゃんはベビーカー。あるいは、ぐずり始めたら抱っこしながらママはお食事。そんな方は多いのではないでしょうか。

腰がすわって離乳食が始まってもまだまだ上手に座れない赤ちゃん。片腕で抱っこしながらの忙しいお食事が、安全で楽になる便利グッズです。

少し大きくなった赤ちゃんは、ベルトがゆるいと自分で抜け出してしまうこともあるので調整が必要ですが、大人用のイスに装着して座らせてあげると、ママは上の子のお世話もしやすくなりますよね

子供が増えてママの大変も増えるからこそ

兄弟 赤ちゃん PIXTA

子供が増えると、子育てで大変に感じることも増えます。

上の子のときと同じように赤ちゃんもきちんとお世話してあげたい!赤ちゃん1人だけだとあまり気にならなかった不便を感じることもあるでしょう。

だからこそ、便利グッズを取り入れてママは安全を確保しつつ手を抜く方法を考える必要があります。

数年前、上の子の出産前に調べたときはなかったけれど、今はお手頃な値段で新しく販売されているベビー用品を見つけることが出来るかもしれません。

お手伝いをお願いすると、余計な口出しもついてくる…そんな心配もありませんので、是非チェックしてみて下さい。

「子育て」「便利グッズ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧