100均で買えちゃう便利なベビーグッズ!~おむつ・トイレ編~

100均(ダイソー・キャンドゥ・セリアなど)には「こんなものまで買えるの!?」という驚きのグッズがいっぱい。子供用品の店に行けば、あると分かっている「アレ」もまずは100均で探してみることにしています。子育て中に便利なアイテム、おむつからトイレ関係のものを集めてみました。記事の中の価格は税抜きです。

「これも100均で揃うの!?」という驚きにハマりそう

100均にはさまざまな商品があり、見ているだけでも楽しくなってきます。最近はベビーグッズも充実してきて、赤ちゃん用品店にあるようなアイテムが100均で見つけられることもたびたびあります。

「こんなものまで100均で見つけちゃった」という驚きと「安く買えた」という満足感の相乗効果で100均ショッピングにハマってしまいそう!?

100均グッズ♪おむつ編

おむつ

おむつをしている赤ちゃんのためのグッズで、100均ショップで見つかるのはコレ! 実際に使ったママたちからも満足度の高い声が聞こえるものを集めてみました。

おしりふきのふた(ダイソー)

画像:www.instagram.com

100円ショップで「おむつ」関連といえば、まずはコレ! おしり拭きの袋に取り付けるだけでビックリするくらい使いやすくなる「おしり拭きのフタ」。100均ではないショップでも同じような商品が良く売っているので、100均で買えばお得感あり。

この便利さを知らずに袋だけで使っていた、かつての自分に教えてあげたい!おしり拭きにはケースもありますが、ケースに入れてしまうとかさばって持ち運びは不便になるので、お出かけが多いママ&ベビーにはこちらがおすすめです。

キラキラシールでデコったり、お好きな100均ポーチと組み合わせてDIYすれば、見た目もかわいく変身!

おむつ圧縮袋(セリア)

使用前の紙おむつを入れて、ギュッと空気を抜いて圧縮すると、とってもコンパクトになります!

5~6枚のおむつを入れても半分くらいの厚みになるそうなので、お泊まりでのお出かけに良いのではないでしょうか。

おむつケース(セリア、meets.)

商品名は「ママスタイルおむつケース マルチドット」。紙おむつをたたまずに重ねて5枚ほど入れられるようになっています。

おむつと一緒にビニール袋やコンパクトなおしりふきならば入れられる余裕もありそう。100円ショップのセリアだけでなく、ミーツ(meets.)でも売られているという情報あり!

携帯用ゴミ袋(ダイソー、キャンドゥ)

ダイソーやキャンドゥで販売されている携帯ゴミ袋ケース。コンパクトなカプセルの中に筒状にまとめられたゴミ袋が入っています。

薄手のビニール袋も何枚も持ち歩くとかさばりますが、これならバッグもゴチャゴチャせずスッキリ。カラフルなケースがかわいく、交換用のゴミ袋も販売されています。

紙おむつ消臭袋(キャンドゥ)

紙おむつの臭い、バッグに入れて持ち歩くとビニール袋に入れてもちょっと気になるという時には消臭効果のあるゴミ袋を。

介護用やペット用など色々なタイプがあるので、お近くの100均ショップに赤ちゃん用が売られていなくてもあきらめず、探してみたら良いものと出会えるかも知れません。

スクエアボックス(ダイソー)

スモーキーなカラーやシンプルな形状がおしゃれ!おむつの整理ボックスとして、赤ちゃんの肌着入れなどにも便利です。

インスタグラムやブログで火がついて売り切れ続出となったダイソーのスクエアボックス。もし見つけたらゲットしてみては?

携帯用おしり洗浄具(キャンドゥ)

おしり拭きは便利ですが、拭きすぎると刺激が強くて赤ちゃんのお尻が赤くなってしまうことも。また汚れがきちんと落ちていないと、かぶれの原因にもなります。

こちらはぬるま湯を入れたペットボトルに取り付けて、赤ちゃんのおしりをやさしく洗ってあげられる携帯用のおしり洗浄具で「ボトレット」という名前。もともとは大人が外出先で使うためのもので、人気アイテムなのでキャンドゥに限らず取扱いがあるかも知れません。

おしり洗いは押して水が出るボトルなら何でも使える!

携帯用おしり洗浄具が見つからなくても、ご安心下さい。写真は「洗浄瓶」や「水さし」としてダイソーで売られているものですが、これも上手にお尻洗いができます。

他にもドレッシングボトル、マヨネーズボトルなどを「赤ちゃんのおしり洗い」に使っているママがいますよ。ノズルの先を少し切ることでお湯の出具合を多くするなど調節も可能です。自由な発想であなたの赤ちゃんのための「ウォシュレット」を見つけましょう!

ハンディやわらか洗濯板(ダイソー)

いくらおむつが優秀になっても、「あっ!」という時はベビーなら絶対にあります。小さなベビー服のピンポイントの汚れを上手に落とせる小さな洗濯板。石けんを使って汚れを手洗いで落としてから洗濯機に入れましょう。

ちょっとしたお洗濯に便利なミニサイズの洗濯板は、素材やデザインが違うものが他の100均ショップでも見つかると思います。

布おむつ派のママに!

布おむつ

ゴミの出ない布おむつ育児をするママが増えています。洗濯機に入れる前に汚れを流してからバケツでつけ置きするのがポイント。

フタ付きバケツ(ダイソー)

布おむつ派におすすめなのが、ダイソーのフタつきバケツ!角形は200円アイテムですが、それでも安さに変わりはありません。

汚れた布おむつはトイレなどでザッと汚れを落とし、軽く手洗いもします。そして重曹などを溶かした水をバケツに入れて、洗濯機にかけるまで布おむつをつけ置きしておきます。これでにおいに悩まされることもなく汚れもスッキリですよ!

セスキ炭酸ソーダ・重曹・クエン酸

ナチュラルクリーニングの強い味方、セスキ炭酸ソーダや重曹、クエン酸も100均ショップにならんでいます。布おむつのつけおきに、うんちならセスキ炭酸ソーダ(または重曹)、おしっこならクエン酸が良いそうです。

特にセスキ炭酸ソーダは洗濯の時に洗剤に混ぜてもいいし、キッチンの油よごれ落としにも使え、余ることなく使い切れるのでおすすめ。

セリア(100均)の子育てグッズ☆

関連記事:

セリア(100均)の子育てグッズ☆

おしゃれでかわいいアイテムが豊富な100均ショップの「セリア」。ここには生…

100均グッズ♪トイレトレーニング編

トイレ

いよいよトイレトレーニングが始まります。そんな時にも100均でグッズを探してみて下さい!

赤ちゃん本人にも選り好みが出て来る時期なので、ママのこだわりで高い商品を買っても使ってくれない場合があります。100均アイテムでまずは試してみても良いですよね。

おまる(ダイソー)

「こんなものまで!?」の代表格と言えるのが、おまる! トイレトレーニングはとにかく子供の性格にも左右されますし、おまる自体、座りたがらない子供もいて、はたして我が子が使ってくれるかも分からない…。

100均ショップで買えるなら助かりますよね。こちらは200円商品です。

便座シート(ダイソー)

補助便座シートのプラスチックのヒヤッとする冷たさが「トイレトレーニングいやいや」の原因かも知れません。

大人のトイレ用の便座シートをカットして、子供用の補助便座シートに貼ってあげれば見た目もかわいくなって、大満足!

やわらか補助便座(ダイソー)

これも「こんなものまで!?」なアイテム。300円ながら「やわらか補助便座」というグッズがダイソーで売られています。フワフワしたスポンジなので座り心地も良さそう。

トイレトレーニングを卒業したころから活躍しそうですね。

踏み台(セリア)

我が家でも3つも購入してしまったセリアの折りたたみチェア。「どうせ200円アイテムだよね?」の予想を裏切る100円の値札に感激!

トイレトレーニングの足置きやステップにピッタリ。1才の子でも自分で運べる軽さなので、息子も気に入っているようです。目は離せませんが、自分で色々な所に持って行っては使っています。

ダイソーは「折りたたみ椅子」、キャンドゥは「折りたたみステップ」という商品名で同じようなアイテムがあります。他店のものはカラフルですが、セリアはダークブラウンでシックなのが気に入って購入しました。

シール各種

壁 シール

100均ショップで売られているシールは、子供にとって「ごほうび」みたいなもの!トイレトレーニングができたら1枚貼らせてあげる、そんな使い方もできるんです。

まずはトイレを好きになってもらうことが大事。ステッカーだけ貼って、トイレはしなかったとしても、大目に見てあげて下さいね。

ウォールステッカー(セリア)

かわいいキッズ柄から、ナチュラルやフレンチシック風まで、ウォールステッカーも100均で購入できます。さらに100均ショップのかわいい人形やクルマなどのおもちゃをトイレに飾って、子供にとって「行くのが楽しい」トイレに変身させましょう。

赤ちゃんのお尻をママの愛情で包んであげてください

赤ちゃん お尻

使うアイテムは100均でも、赤ちゃんに対する愛情は変わりませんよね。

おむつの交換やおしりのケア、トイレトレーニングは大変な面もありますが100均グッズも活用し工夫していけば、楽しむことだってできるはず!

上手に100均アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか?

※この記事の画像は全て本人の許可を得て掲載しております。

「オムツ」「100均」「ベビーグッズ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!