スキンヘッドでヒゲのお母さんがママ達の間でじわじわキテる!Twitterで話題のヤマモトさんの育児漫画をご紹介♪

ネット上には子育て漫画は数多くあって、その多くはお母さんと特に子供は可愛く、または何か動物に例えて描かれていたりしますよね。そんな中、この漫画ではなぜか作者自身でもあるお母さんがヒゲを生やしたパンツ一丁の男性という外見。それでも育児中のママやパパが読めば「あるある!」と共感できるような娘さんとの日々が綴られていて、その独特の世界観でたくさんの読者を虜にしているヤマモトさんの魅力をたっぷりお伝えします。

画像:twitter.com

フォロワー数30,000人超え!スキンヘッド+ヒゲの自画像が衝撃的なヤマモトさんの漫画

元々は会社員の傍ら、漫画やイラストを中心とした二次創作活動をされていたヤマモトさん。そのイラストはどれも独特のタッチで描かれています。

一体どんな方なのか?また、漫画には他にどんな人物が登場するのでしょうか。ここではネット上に公開されているヤマモトさんの紹介と、漫画に登場するご家族を紹介します。

ヤマモトさんってどんな人?

ヤマモトさん 自画像 画像:twitter.com

ヤマモトさんが2008年から運営されている個人サイトによると、奈良県出身で東京都在住。自画像だけでは年齢が謎に包まれていますが、20代なんだそうです。

会社員として働きながらご主人と結婚し、幸せな夫婦生活を送っていたところ、妊娠が発覚して…という妊娠生活編と、おしるしが来てついに入院!という出産編、初めての育児にとまどう入院生活編の3つは、出産前から出産後にかけて振り返るような形でtwitterに順に掲載され完結済!

現在は1歳を過ぎた娘さんとの日々を描いた育児編を更新されています。他にもtwitterでは以前勤められていた職場についての漫画を連載されていたり、娘さんと飼い猫のLINEスタンプも販売されていたりするので、気になる方はチェックしてみてください。

自画像の男性ですが、モデルは中学時代に自身が作られた「不愉快先輩」というキャラが元になっているそうです。

ヤマモトさん(@ymmtkid) twitter

見た目とギャップあり?登場する個性的な家族についてご紹介

ヤマモトさん ご家族 画像:twitter.com

現在一歳の娘さんと、髪の毛がレインボーのモヒカン(娘さんが一歳になるまでは金髪角刈りのような頭でした)で眉がなく強面だけどとにかく優しい旦那さん。それから普通の猫よりちょっぴり大きめ?の飼い猫ゴメスが登場します。

ヤマモトさんの漫画に出てくるご家族全員とっても仲良し。娘さんを中心に独特のタッチで描かれていますが、それもあって、よりあるあるネタがわかりやすくなっています。娘さんの行動や言動にフフッと笑ってしまうこと間違いなしです。

twitterに乗せればいいね数1000超え!話題の育児漫画の一部とその反響は?

何度読んでもクスッと笑えて、つい自分の子供のことも思い出してしまうヤマモトさんの漫画は、twitterで公開されるやいなやリツイートやいいねがつく人気作品です。また、感想を送った読者に丁寧にリプライされている辺りも人気の秘密の一つかもしれませんね。

今回はそんな人気漫画の中から4コマ漫画とイラストを中心にご紹介します。

人気の漫画をピックアップ!①『お返事』

お返事 画像:mobile.twitter.com

我が子が新しくできるようになったところをみるのは、幸せのひとときと言っても過言ではありません。ヤマモトさんはそんな瞬間を娘さん独特のアレンジも含めて余すことなく漫画に描かれています。

娘さんと念願の言葉でのコミュニケーション。家族全員が喜びに包まれているのがひしひしと感じます。4コマ目の娘さんのドヤ顔と、ご主人の幸せそうな顔にもほっこりしてしまいますね。

人気の漫画をピックアップ!②『コップの持ち方…』

育児小ネタ 画像:twitter.com

大人が普段こうやって飲んでいるわけでもなく、誰かに教えてもらったはずもないのに、なんでそんなことができるのか…日本人の血がそうさせているのか…(笑)不思議に思うと同時に妙に様になってて笑えることってありますよね。

小さな子供がするだけでどうしてこんなにも可愛く見えてしまうんだろうという一場面をヤマモトさんはいつも上手く見つけて漫画にされています。

人気の漫画をピックアップ!③『鏡の中の俺』

ヤマモトさん育児漫画 画像:twitter.com

「うちもそうだ!」というご家庭は多いのではないでしょうか。赤ちゃんって本当に鏡が好きですよね。我が家も鏡を渡すとしばらく大人しくしていたりします。

大人が同じことをしていると、どう見ても自分自身に見とれている(キスをしている)ナルシストの図ですが、赤ちゃんがこうしていると不思議とこちらもずっと見ていたくなります。キメ顔なのか、いつも同じ顔をしているのも微笑ましいですね。

人気の漫画をピックアップ!④『つたい歩きからの』

ヤマモトさん育児漫画 画像:twitter.com

ついこのあいだまで寝返りもできずに布団一枚に収まっていた子だったのに、動きが活発になって、見ているこっちがヒヤヒヤすることってありますよね。つかまり立ちが出来た頃からの運動量の多さに驚かされた記憶がよみがえりました。

そんな親の心配をよそに、色んな技を繰り出す娘さんのこの真剣な表情につい頬が緩んでしまいます。一体小さな体のどこからそんな体力が湧き出てくるんだろう(笑)

人気の漫画をピックアップ!⑤『寝かしつけロボ』

ヤマモトさん育児漫画 画像:twitter.com

欲しい!と画面を見ながら大声をあげそうになった一枚です。寝かしつけ機能だけでなく、呼吸や心拍の確認、加湿空気清浄まで完備された、ママだからこそ考えられる、赤ちゃんのいる家庭には一台は欲しいロボットですね。

子供の寝かしつけに加えて自分の睡魔との戦いは、長い人生の中で見ればほんの数年とはいえ、本当に辛いものです。ロボット制作会社の方、是非実現させてください。

人気の漫画をピックアップ!⑤『押す猫』

ヤマモトさん育児漫画 画像:twitter.com

家事中に子供にぐずられると本当に焦るし、すぐに構ってあげられず辛いもの。ああ~猫の手も借りたい…という気持ちを見事にくみ取ったゴメスちゃんのファインプレーですね!

四コマやイラストだけでは紹介しきれませんが、ヤマモトさんの漫画には娘さんとヤマモトさんだけでなく、かなりの頻度で旦那さんとゴメスちゃんも登場します。本当に仲がいい家族なんだなあと読む側も幸せな気持ちになれるのが魅力です。

ヤマモトさんらしいリアルなタッチで大人気⑥『おかあさんといっしょ』

ブンバボーン 画像:twitter.com

ママの間で大反響を巻き起こした、「ブンバ・ボーン」特別編をヤマモトさんはかなり細かく再現されています。よしお兄さんの変顔なんて、本家を超えているような気がします(笑)このツイートはなんと1500RTを超え、いいねは2000を超えました。

他にも初めてかぞえてんぐを見た感想や、よしお兄さんの歌中の気になる表情を描かれていたりしますので、今後また“おかいつ”レポを更新されるのではないかと期待です。

ヤマモトさんの漫画ファンの方の声をご紹介♪

ヤマモトさんが現在twitterで更新されている育児編や、集英社のコミックサイト『ふんわりジャンプ』での連載が始まってさらに話題になったこともあり、元々の読者に加えて子育て中のママたちからの支持やリプライが増えてきているようです。そんなファンの声をいくつかご紹介します。

ゆるさの中にも読み進めてしまう要素がいっぱい

笑顔 ママ

独特なタッチの絵の中に、日常を切り取ったリアルがあるからこそ、どうなるんだろう、と気になって読み進めてしまいますよね。育児漫画をそれぞれご自分でまとめてくださっているので、今から一気に読みたい!というママにもおすすめです。

見事に表現した赤ちゃん独特の発声に共感!

スマホ

魅力の一つでもあるのが「娘さんの言葉」。赤ちゃんはまだまだきちんとした言葉を発せられませんが、子供なりになにか言わんとしている時ってありますよね。ヤマモトさんはそれを聞き逃さず、しかもかなりリアルに文字で表現されているので、笑ってしまうこと間違いなしです!

また頑張ろうと勇気がもらえる漫画

スマホ

正解のない子育ては不安や落ち込むことがいっぱいのママも多いはず。ヤマモトさんの漫画は読んでいるうちに「また頑張ろう」と思える不思議な力を感じます。

育児漫画には漫画やゲームのキャラクターが時々登場するので、漫画・ゲーム好きのママは必見です!ちなみに、弱虫ペダル好きのママは是非出産編をご覧ください(笑)

育児で疲れた心に笑いのビタミンを。

笑顔 画像:twitter.com

いかがでしたか。ヤマモトさんが描かれる育児漫画は、娘さんや家族と過ごす日常のささいな出来事を切り取って、ユーモラスたっぷりに描かれているところが魅力です。今回ご紹介した以外にもtwitterではたくさんの漫画を掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

子育て中はどうしても自分の思い通りにいかないことも多くてイライラしがち。そんな時にこの漫画を読んでクスリと笑った後は、一度自分のお子さんにも面白い仕草や言動がなかったか探してみてください。もしかしたらお子さんの新たな一面を発見出来るかもしれませんね!

※なお、画像の引用についてはヤマモト様より許可を得ております。

twitter ヤマモト(@ymmtkid)さん

「流行」「話題」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!