手軽にパクパク、食べごたえ満点!アレンジ「朝ごパン」レシピ5選

朝は子供たちの通学・通園準備はもちろん、お仕事をしているママは自分の身じたくにくわえ家事もこなさなければならないので毎朝忙しいですよね。さらにパパや子供たちの朝ごはんも用意するのは大変です。そんなときにサッと食べられるパンはママの強い味方。しかし、いつも同じパンで飽きてしまったということはありませんか?今回は毎朝パンを食べているというママに教えたい、簡単で大満足な「朝ごパン」レシピを紹介します。

画像:www.instagram.com

朝食が楽しくなる大満足アレンジ「朝ごパン」

朝は毎日息つく暇もなく、家事をこなして子供を起こして…とママは大変ですよね。そんな中、家族皆の朝食を用意する必要があります。

時間がない朝はパパっと食べられるパンがおすすめ。筆者の子供たちも毎朝パンを食べていますが、少しでも満足のいく朝食を用意してあげたいと思いつつもバタバタと時間がない中では難しいな、と悩んでしまいます。

同じようにパン派なご家庭では、食パンや総菜パンなどを食卓に並べているかと思いますが、レパートリーがマンネリ化していませんか?シンプルなトーストやロールパンをそのまま食べても十分おいしいですが、少しだけアレンジをするだけでより満足できるレシピがあればうれしいですよね。

今回はInstagramなどのSNSでも人気を集めている、食べごたえ満点な「朝ごパン」のレシピを紹介します。

いろいろな具材を挟んだ定番のサンドイッチやのせて焼くだけのトーストなど、手軽な「朝ごパン」ばかり。ぜひ参考にしてみてください。

忙しい朝にぴったり、朝ごパンレシピ5選

朝食 PIXTA

市販のパンをワンランク上の朝食に変身させ、毎朝の楽しみにしてみませんか?のせて焼くだけ、具材を挟むだけなど、手軽でおいしい「朝ごパン」ができますよ。

休日にゆっくりコーヒーを飲みながらブランチにしてもOK。アレンジは無限大なので、おためしあれ。

1.男の子も大満足間違いなし!「コロッケベーコンサンド」

夕飯に残ったコロッケや、コンビニ、スーパーなどの総菜を利用して簡単に作る「コロッケベーコンサンド」です。ふわふわの食パンにコロッケ、ベーコン、レタスを挟んだボリューム満点サンドは男の子も大満足間違いなし!

和からしとマヨネーズを合わせたちょっと大人なソースでコクをプラスし、食べ応え抜群になっています。水気があるとパンが水分を吸って柔らかくなってしまうため、レタスは洗ってしっかり水気を拭いて挟みましょう。子供には和からしを抜いてあげてもOKです。

材料(2人分)

  • 食パン:4枚
  • コロッケ:2個
  • バター:大さじ2
  • A和からし:小さじ1
  • Aマヨネーズ:大さじ1
  • 中濃ソース:大さじ1
  • レタス:適量
  • ベーコン:4枚

作り方

  1. ベーコンをカリッとなるまで焼く。レタスは洗ってしっかり水気を切る。食パンにバターを塗る。
  2. 食パンにレタス、コロッケをのせて合わせたAと中濃ソースをかける。最後にベーコンをのせてパンで挟む。
  3. ラップで包んで5分ほど置いてからカットしたら完成。

2.しらすで和風に「しらすチーズトースト」

皆さんはトーストに何を塗ったりのせたりしますか?筆者はシンプルにバターを塗るのが一番好きなのですが、たまには具材をのせて食べようと思い作ったのがこちらのトーストです。

和食の食材であるしらすを使ったトースト。焼きたてはチーズがとろりとした食感で絶品ですよ。アクセントに青ネギと白ゴマを加えれば、何度も食べたくなるトーストに変身。厚切り食パンで作るのをおすすめします。

材料(2人分)

  • 食パン:2枚
  • マヨネーズ:大さじ2
  • しらす:大さじ2~3
  • 青ネギ:少々
  • ピザ用チーズ:適量
  • 白ゴマ:少々

作り方

  1. 食パンにマヨネーズを塗る。しらす、青ネギ、ピザ用チーズの順番にのせる。
  2. トーストでチーズが溶けるまで焼いたら白ゴマをかけて完成。

3.カレー以外にも使える「ナンのオープンサンド」

カレーのお供にぴったりなナンですが、朝食にもおすすめ。モチモチした生地に好きな具材をのせて食べるだけなので、手軽で時短になります。

食べ応えもあり、アレンジも自由自在なうれしいメニュー。カレーを塗ったりシナモンシュガーで甘くしたり、チーズをのせて焼いたりとさまざまなテイストで楽しめます。

材料(2人分)

  • ナン:2枚
  • バター:小さじ2
  • スライスチーズ:2枚
  • レタス:適量
  • キュウリ:適量
  • 目玉焼き:2個
  • ケチャップ:少々
  • マヨネーズ:少々

作り方

  1. ナンをトースターで軽く焼き、バターを塗る。
  2. スライスチーズ、レタス、キュウリ、目玉焼きをのせたらケチャップ、マヨネーズをかけて完成。

4.デザート感覚で食べられる「アップルデニッシュサンド」

朝は甘いパンを食べたいという方に作って欲しいレシピが、こちらの「アップルデニッシュサンド」です。バターの香りに、甘酸っぱいリンゴのコンポートとバニラアイスを挟んだデザート感覚の一品。

休日のブランチに温かいコーヒーと食べたら幸せな気持ちになりますよ。リンゴのコンポートは電子レンジで加熱するだけなので、火は必要ありません。

作る時間がないという方はリンゴジャムでOKです。まるでアップルパイを食べているかのような食感と味に、子供たちも感激すること間違いなしです。

材料(2人分)

  • デニッシュパン:4枚
  • リンゴ:200g(小さめ1個)
  • A砂糖:大さじ1
  • Aシナモン:少々
  • アイスクリーム:適量

作り方

  1. リンゴの皮、芯を取り除き適当な大きさにカットする。Aと混ぜ合わせてラップをせずに600wの電子レンジで1分加熱。1度混ぜて再度1分加熱。
  2. デニッシュパンをトースターで焼き、1のリンゴとアイスクリームを挟んで完成。

5.半熟卵とチーズがとろ~り「目玉焼きホットサンド」

朝食の定番、ホットサンドは挟む具材によってボリュームも味もかわる優秀なメニュー。しかし、ホットサンドメーカーが無いと作ることができないと思っている方もいるかもしれませんね。専用器具がなくても、トースターや魚焼きグリル、フライパンで焼くだけで手軽に作ることができるんですよ。

写真のホットサンドは目玉焼きを半熟に焼いて挟み、チーズ、ホウレンソウを一緒に入れて焼き上げました。卵とチーズがダブルで溶ける味わいはたまりません。

冷凍ホウレンソウを電子レンジで温め、水気を切って使うと時短になります。

材料(2人分)

  • 食パン:4枚
  • ケチャップ:大さじ4
  • 目玉焼き:2個分
  • ゆでたホウレンソウ:適量
  • ピザ用チーズ:適量

作り方

  1. 食パンにケチャップを塗る。半熟に焼いた目玉焼き、ゆでたホウレンソウ、ピザ用チーズを挟む。
  2. トースターなどでカリッと焼いたら完成。

アレンジアイデア無限大の朝ごパンを食べて元気に1日をスタートしよう

朝食 PIXTA

1日を元気にスタートさせるには、しっかり朝食を食べることが大切です。食欲がない、パンに飽きてしまった…そんなときは今回紹介したレシピをぜひ試してみてください。

ほんの少しの工夫で、今まで以上に朝食が楽しみになります。作り方も簡単なので、余裕があれば子供と一緒に作ってみませんか?

今回紹介したレシピは具材を変えてアレンジすれば、バリエーションは無限大。菓子パン風、惣菜パン風と幅広く作れます。たくさん食べてエネルギー補給をし、1日頑張りましょう。

「レシピ」「朝ごパン」「簡単」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧