幼稚園の面接って何を聞かれるの?保護者と子供への質問と必要な準備とは?体験談まとめ

お子様の幼稚園に入園前に必ず行われる面接では、子供よりも親の方が緊張するものです。何を聞かれるのか?どんな格好をしていけばいいのか?など知らない事だらけ。また地域によっても面接の様子はずいぶんと違うようです。避けては通れない幼稚園面接を乗り切る方法についてまとめした。参考にしてみてくださいね。

幼稚園の面接って?

幼稚園に願書を提出した後、もちろんといっていいほど、面接が行われます。それでは、実際の面接ではどんなことを聞かれ、何を見られているのでしょうか?

失敗しないための上手な幼稚園の選び方、4つのポイント!

関連記事:

失敗しないための上手な幼稚園の選び方、4つのポイント!

子供に合った幼稚園を選びたい!だけど、どうやって選べばいいか悩んでしま…

幼稚園で面接をする意味は?

お受験幼稚園では面接と子供の実技を経て合否が決まるようですが、ほとんどの幼稚園は願書を提出・受理された時点でほぼ入園は確定されています。では、なぜ面接が行われるのでしょう?

  • 幼稚園の理念と家庭の教育方針にズレがないか確認
  • 子供の個性を知りたい

幼稚園は施設によって特徴が大きく違う場合があります。実際に入ってみて合わなかったら子供やお母さんにとって不幸ですよね。

そうならないために、事前に幼稚園に子供が合っているかどうか、園への保育に対する希望の中で幼稚園が対応できないことがないかも知りたいからです(例:宗教的な制約など)

また幼稚園は、実際に保育する子供に会って、願書の書面上では分からないその子の個性を知りたいと考えています。子供にも質問したり、一緒にお遊びをしたりして様子を観察します。

幼稚園の面接では何を聞かれるの?

園児

面接では実際に何を聞かれることが多いのでしょうか。よく質問される内容について、ご紹介します。

保護者への質問

保護者には次のような質問をされることが多いようです。

  • 志望理由
  • 通園の方法
  • 子供の長所と短所
  • 子供の好きな遊び
  • 子供の好きな食べ物・嫌いな食べ物・食物アレルギー
  • 子供の出来ること・出来ないこと(特に着替え、トイレなど)
  • 幼稚園に希望すること
  • 家庭の教育方針

幼稚園によっては、PTA活動や幼稚園行事への参加の可否や、最近の社会情勢やニュースなどの時事問題を質問されることもあるようです。

また、子供のおむつが外れているかどうかも聞かれる場合があるようです。幼稚園で過ごす上では大切なポイントになるようですね。

子供への質問

入園式

子供には次のようなことを質問されることが多いようです。

  • 自分の名前・年齢
  • 好きな遊び
  • 好きな食べ物・嫌いな食べ物
  • 今日は誰と一緒にここまで来たか
  • 朝食の内容
  • 幼稚園の名前
  • 絵本を用いての質問(これは何?というような内容)

幼稚園によっては、誕生日や親の名前を聞かれたり、家での親とのかかわりの中での質問(読書・お風呂・叱られた内容)について質問されることもあるようです。

幼稚園の面接は地域によって違いはあるの?

首都圏の幼稚園受験の激戦区や小学校の附属幼稚園の場合は、面接により合否が分かれることがあるようです。

しかし、地方のいわゆるお受験幼稚園ではない幼稚園では、家庭の教育方針・思想や子供の様子を知るために行われているため、よほどの事情がない限り、合格となります。どちらも質問の内容としては大きくは変わりません。

幼稚園の面接って何を準備すればいいの?

幼稚園 受験

これで大丈夫!と思っても当日に慌てない準備は事前にしておきましょう。細かい当日の雰囲気に差はあるものの、求められていることや必要事前準備事項を以下にまとめてみました。

1.願書の内容を読み直す

幼稚園は各家庭から提出された願書に目を通し、それを元に親子に質問を行います。願書に書いたことと、話すことが違うのでは一貫性がありません。

面接前にもう一度、自分が書いた願書に目を通しておきましょう。そうすれば、願書内容を元に質問されても返答もしやすいです。

2.面接前に子供と幼稚園を訪問しておく

幼稚園

子供は初めての場所は緊張してしまうもの。いつも出来る受け答えも初訪問だと出来ないことがあります。面接前に一度は一緒に見学に訪れるか、未就園児対象のイベントなどに参加して、園に慣れておきましょう。

3.子供と面接の練習をしておく

いきなりでは親でも緊張してしまいますね。特別な面接の練習は必要ありません。園は当たり前のことが出来るかどうかを見ています。名前、年齢、好きな食べ物など予想される質問について家庭で練習しておくと良いですね。

4.前日までに持ち物を準備する

幼稚園の面接に遅刻は厳禁です。ルーズな印象を与える上、面接を受ける他の受験生の方々にも迷惑をかけることになります。前日までに持ち物の準備を終え、当日は余裕をもって幼稚園に向かいましょう。

5.子供と離れる練習をしておく

幼稚園の受験の際には、お子さんだけ先生に連れられて別室の試験会場に向かいます。その際にお母さんと離れてしまうことに恐怖を感じて泣いてしまう場合があります。

すぐ泣き止むのであれば問題ありませんが、最後まで泣いているような子供の場合、家庭環境に問題があるとみなされてしまう場合がありますので注意しましょう。

普段からお子さんとあまり別々に生活するような機会がない家庭であれば、事前に機会を作って子供に慣れさせておくといいですね。

幼稚園の教育!私立と公立の違いやメリットのまとめ

関連記事:

幼稚園の教育!私立と公立の違いやメリットのまとめ

最近では延長保育などを行う幼稚園も増え、保育園に役割が近づいている印象…

幼稚園の面接体験談

幼稚園 受験

実際に幼稚園を受験した子供や親は、質問に対してどのような回答をしているのでしょうか?体験談についてまとめました。

1.練習では言えなかったのに

名前と年齢は予想通り出ましたね。練習では言えないときが多かったのに、本番では言えたのにはビックリ! 出典: onigiriface.com

本番に強いという性格は子供の頃からあるのですね。

2.答えられなくても大丈夫!?

ひとりづつお名前を聞かれてどぎまぎの子供達。声の小さい子や、お名前が答えられなかった子も。 出典: ta-mama.blog.so-net.ne.jp

名前を聞かれて、子供が答えられるとひと安心!でも実は答えられない子のほうが多いのです。普段から「お名前は?」と名前を答える練習をしておくのもいいですね。

3.いつも通りの回答が出来た!

幼稚園

絵本を見せて、果物や動物などの名前を答えさせる、というものでした。私の心配はよそに、いつも通りに答えてくれた 出典: blog.livedoor.jp

テストの内容の一つに、動物などの絵が描かれたカードを見せられて「これは何?」と質問されるものがあるようです。

普段は答えられるのに、テストになると答えられなかったりするようですね。普段から「イヌ」ではなく「ワンワン」と教えている家庭も教え直すのに苦労してしまうようです。

4.おむつについては正直に答えました

今の状態を率直に、「トレーニング中で、夜の失敗はなくなったが、昼間、遊びに夢中になると失敗してしまうことがある」と正直に答えました。 出典: baby-go-go.jugem.jp

おむつについては、取れているかどうかだけを確認し、幼稚園に行きながら連携してはずしていきましょうというところもあれば、幼稚園に入るまでに必ずオムツははずしてくださいというところもあります。

幼稚園を探すときにしっかり確認しましょう。おむつが外れているかどうか聞かれると、どうしても外れていると答えないと落とされてしまうように感じますよね。

しかしそこで嘘をついても後々ばれてしまいます。最初から正直に答えた方がお子さんにとっても過ごしやすいのではないでしょうか。

5.これからの期待も込めてこたえました

「嫌いなものばかりでほとんど食べません…それが心配です…」と。みんなで食べるようになったら変わるかもしれませんから(^^)と言ってもらえて、そうなることを強く期待してます!!とちゃっかり言って終わり。 出典: licht0714.blog.so-net.ne.jp

幼稚園に入るとお弁当や給食も始まります。その時に食べてはいけないもの、また食べられないものを知っておくことで先生たちも対応しやすくなります。こちらも面接のときに聞かれることが多い質問です。

アレルギーなどで食べられないものがあるときは、伝えておきましょう。また嫌いなもの、食べにくいものも伝えておくと安心ですね!

幼稚園見学の時はどんな服装でいけばいい?注意点とおすすめコーデ4選

関連記事:

幼稚園見学の時はどんな服装でいけばいい?注意点とおすすめコーデ4選

幼稚園に入る前、どんな幼稚園かを見学に行きますよね?そんな時ににどんな…

幼稚園の面接は、いつも通りで大丈夫

家族

幼稚園は特別な何かを求めて面接を行うわけではありません。いつも通りの子供の様子と、実際に親御さんと話すことで、これからの園生活の礎を築くために行うのです。

面接の直前に「面接のための練習」」をするより、今後の園生活をスムーズに過ごすためにも、日常の中で出来ることを未就園のうちに増やしておいてあげるといいですね。

「幼稚園」「面接」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!