初心者でも簡単!100均のレジンで作ろう!可愛い手作り作品紹介♡

100均でも手軽に手に入るレジングッズ!初心者でも簡単に可愛い小物やアクセサリーが作れると評判で、主婦を始め若い女性たちの間でも大流行中!今回は、レジンについての解説と100均ごとのレジングッズをご紹介!これを見たら、きっと真似して作りたくなるような可愛いレジン作品もご紹介します。

100均で買えちゃう!?話題のレジンとは?

初心者でも100均で簡単に材料を揃えられる手軽さから、主婦をはじめ若い女性たちの間でも人気の手作りレジングッズ!

レジンとは樹脂のことで、アクセサリーや身近な小物を装飾したり作ったりする物のことを言います。レジン液の種類には、大きく分けて2種類があるんです!

  • 2種類の液を混ぜて化学反応で硬化するもの
  • 1種類の液にUVライト(紫外線)を当てて硬化するもの

100均で手に入るレジン液は主に、2つ目のUVライトやお日様に当てて硬化するタイプです。

次に、100均で販売されているレジン液を比較してみましょう!

①ダイソーのレジングッズ

ダイソーでは、レジン液がクリアタイプのものとラメ入りの物が売れられています。どちらも内容量は5g!液が余っても、キャップを閉めて置けば保存も可能!

また、アクセサリーのパーツがセットになったレジンキットも販売しており、初心者でも簡単に始められます♪

②セリアのレジングッズ

セリアで販売されているレジン液と一部パーツがこちらです。レジン液にはソフトタイプとハードタイプがあり、どちらも内容量は4gです。

レジンの中に入れられるようなパーツは、セリアが他の100均に比べるとやや多いのが特徴☆

③キャンドゥのレジングッズ

キャンドゥのレジン液は使い切りタイプ!内容量はダイソーのレジン液と同じく5gです。

キャンドゥは他の100均に比べて、シリコン型の種類が豊富に取り揃っています。それ以外には、デザインシートや可愛いネイルシートも数多くあります。

真似したくなっちゃう!可愛いレジン作品5選ご紹介♪

レジンで作った可愛らしいオリジナル作品を5選ご紹介します。

①ジビッツをレジンで手作り♡

クロックスに付けられる可愛らしいジビッツも、レジンで可愛らしく作れちゃうんですよ!レジンの中に、お子さんの好きなキャラクターのシールを入れたり、キラキラなビジューなどを入れたりしても可愛く仕上がりますよ♪

作り方はこちら

夏に欲しいクロックス!おすすめをご紹介^^~キッズ編~

関連記事:

夏に欲しいクロックス!おすすめをご紹介^^~キッズ編~

近年~人気の夏の定番のクロックス。人気の秘密は履きやすさと丈夫なところ…

②思い出を詰めた可愛いヘアゴム

夏の思い出をギュッと詰めたような可愛らしいヘアゴムもレジンで作れちゃいます。ビーチの絵は、なんとマスキングテープ!パーツなどを上手く利用した素敵な作品ですよね!

ネイルアートに使うパーツやシールも、レジン作品で活用できるアイテムですよ♡

作り方はこちら

③飴玉のようなコロンとしたアクセサリー

まるで飴玉のようにコロンとした可愛いフォルムのキーホルダーです。ゴムを付ければ、ヘアゴムにもなります!

半球型を作れるシリコン型を使えば、丸いレジン作品も簡単に作れますよ♪

作り方はこちら

④キュートなキーホルダー

クリアなデザインで涼しげなキーホルダーです。これはセリアのレジン液、型はキャンドゥのものを使っています。

色付けをしたり、レジンの中に好きなシールやパーツを閉じ込めたりすれば、幻想的なキーホルダーも作れちゃいます★

作り方はこちら

⑤とても可愛らしいミッキー型イヤリング

思わず、それどこで買ったの?と聞いてしまいそうなくらい可愛いイヤリングです。フルーツパーツを中に入れれば、一気に爽やかな雰囲気になります!

シーズンに合ったものを入れて季節感を楽しんでみてもいいですね。

耳元で揺れるキュートなデザインもポイント!イヤリングなら、お子さんでも付けれるのでオススメですよ!

作り方はこちら

手作りのレジンアート!可愛いのでぜひお試しあれ♪

アート

好きなパーツを入れてレジン液を流し込めば、簡単に作れるレジンアート作品。UVライトがあれば硬化にかかる時間が短くて済みますが、もしUVライトが無くても太陽の光を当てれば簡単に作れますよ♪

100均で好きなパーツやレジン液を買って、試してみるのもオススメです。ただし、小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、お子さんが素手でレジン液を触らないように、また小さいパーツの誤飲にも気を付けてくださいね!

「100均」「レジン」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!