子供がおねしょをしたときの布団の洗い方は?正しい洗濯方法を知っておこう

就寝時に子供がおねしょをしてしまい、朝慌てて布団の洗濯をしたという経験がある方は多いでしょう。シーツや敷きパッドなどは比較的簡単に洗濯できますが、敷き布団や掛け布団を洗濯するのは大変ですし、どのように洗濯すればよいのか困りますよね。この記事では、子供がおねしょをしたときの布団の洗い方と、先輩ママの体験談をご紹介します。おねしょ布団の洗濯に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

PIXTA

子供がおねしょ!布団の手入れや洗濯方法は?

子供がおねしょをしたときは、布団の洗い方を少し工夫する必要があります。子供のおねしょは一度きりとは限らないため、布団の正しい洗い方を知っておくとよいですね。

また布団を洗ったらその日の天候にもよりますが、晴れている日はできるだけ天日干しをしましょう。日光に当ててしっかりと乾燥させることが大切です。万が一雨だった場合は、ドライヤーで乾燥するかもしくは近くに布団の洗濯が可能なコインランドリーがあれば持っていくのもよいですね。

ただし、布団を干すのに適した時間は10時~14時くらいまでの間です。夕方になると布団が湿ってくるため、遅くとも15時くらいまでには取り込むようにしましょう。

1.紙おむつを使って水分を吸収!

オムツ PIXTA

トイレトレーニング中は、おむつを枕元に置いておくのもよいかもしれません。子供のおねしょに気づいたら、紙おむつを開いて中の吸水部分を布団の濡れた部分に押し当てます。この作業で布団が吸い込んでしまった水分をおむつがある程度吸い取ってくれます。

布団の水分をすべて吸収してくれるというわけではありませんが、応急処置として試してみてもよいかと思います。おむつが取れたからといって紙おむつは捨てずに取っておくと後々便利かもしれませんよ。

2.重曹スプレーでにおいを中和

重曹は料理や掃除などさまざまな家事で使用することができるアイテムです。100円ショップで手に入るため、手軽に使えるのがうれしいですね。

もし、子供のおねしょにすぐ気づいたら、布団に直接重曹をふりかけることで布団に付着した尿を吸い取ってくれます。完全に乾いたら重曹を払い落しましょう。

また、重曹と水で重曹水を作っておいて、おねしょした部分にスプレーした後にドライヤーで乾かしたり、アイロンをかけたりすることでおねしょのにおいを軽減してくれますよ。

マルフク「自然にやさしい重曹 お徳用 1kg」

マルフク 自然にやさしい重曹 お徳用 1kg

マルフクの自然にやさしい重曹は、食器洗いやコップに付いた茶渋取り、その他さまざまな掃除に使用できる洗浄剤です。1kgという内容量で、毎日の掃除に着替えなく使えるのはうれしいですよね。

重曹はトイレなど消臭をしたいときにも便利なアイテムのため、おねしょの布団を洗濯する際も活用してみてはいかがでしょうか。

口コミでは「粉が細かくて使いやすかった。安くて量も有ってまた買いたいと思っています。」、「台所、風呂場、洗面所、トイレと水回りの掃除に万能です。重曹の消臭効果もあり、芳香剤を置く必要もなくなります。」といった声がありました。

3.クエン酸水を利用する

おねしょによる布団の洗濯には、クエン酸も効果を発揮します。重曹と同様100円ショップで購入できるため、手軽に手に入りますよ。スプレーボトルにクエン酸の粉末小さじ2と水400mlを入れてクエン酸水を作り、おねしょの部分に直接スプレーして使用します。スプレー後は乾いたタオルで少したたきましょう。おむつで水分を吸水する際、一緒に利用するとおしっこのにおいを軽減してくれますよ。

おしっこはアルカリ性ですが、クエン酸が中和して消臭を促してくれます。クエン酸は食品にも使われるため、使いやすいですね。

マルフク「自然にやさしいクエン酸(360g)」

自然にやさしいクエン酸(360g)

マルフクの自然にやさしいクエン酸は、電気ポットの洗浄や洗濯機の洗浄など日常生活のさまざまなシーンで使用できます。トイレのアンモニア臭を消臭することもできるため、子供がおねしょをした布団の処置にも使用可能です。

商品を立てたまま保管できて、開閉の際にパウチがついているため、粉がこぼれにくいのもうれしいポイントですね。また、価格がお手頃なのも魅力的。毎日のお掃除に気兼ねなく使用ですますよ。

口コミでは、「リピートしています。クエン酸の商品としても値段が手頃で気に入って使っています。」という手ごろな価格がうれしいという声がありました。

布団の正しい干し方やお手入れ法って?役に立つ便利グッズ10選もあわせてご紹介

関連記事:

布団の正しい干し方やお手入れ法って?役に立つ便利グッズ10選もあわせてご紹介

布団を綺麗にする時、どの様な方法でお手入れをしていますか。実は、ただな…

自宅で出来るお布団の丸洗い!洗濯機・浴槽での洗い方をご紹介

関連記事:

自宅で出来るお布団の丸洗い!洗濯機・浴槽での洗い方をご紹介

毎日家族が寝ている布団…天日干しだけでは解消することのできない雑菌、ダニ…

出典元:

子供が布団におねしょしたときの処理方法に関する先輩ママの体験談

子供が寝る PIXTA

布団におねしょをされたら、少しでも早くきれいに洗濯したいですよね。おねしょ布団の処理方法に関する先輩ママたちの体験談をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

重曹や漂白剤を使用した

洗えるものは、湯船にお湯はってハイター入れて、つけてます😃
重曹でもいいですよ(^ー^)
量は適当です(笑)

お布団など洗えないものは、重曹+アルコールをおもらしした部分とそのまわりにスプレーして、いすなどにひっかけて扇風機をガンガンあててます😃
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おねしょの布団は、重曹や漂白剤を使用してシミやにおいを取っているという方がいました。おねしょで気になるのはやはりにおいですよね。早めに処理することでにおい残りも少なくなるかもしれませんね。

クエン酸でにおいを阻止

おねしょ布団は、オムツ、キッチンペーパー、ペット用シーツなどでしっかり水分を拭き取り、クエン酸スプレー(空のスプレーボトルに水500mlとクエン酸25gを入れてよく振り混ぜるだけ)をして、布団乾燥をしっかりすると匂わないみたいです😃
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おねしょをされた布団は、クエン酸の粉末と水を合わせたクエン酸水を振りかけることでおしっこのにおいを軽減してくれます。ぬれた部分は、しっかり乾燥させることが大切です。

コインランドリーで丸洗いすることも!

コインランドリー PIXTA

手洗いしたのち、すぐに、コインランドリーいきます!!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
24時間営業のコインランドリーを利用してます
敷布団でもガンガン洗濯できますし

おねしょしなくてもダニ退治兼ねて月一で洗濯にいきますよ〜
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

布団の素材にもよりますが、コインランドリーで丸洗いしても大丈夫なようですね。丸ごと洗えるようであればコインランドリーで洗ってしまえば、自宅で洗濯する手間が省けるとともに布団を清潔に保てますよね。

また雨の日は天日干しができないため、コインランドリーに持ち込んで洗濯と乾燥を行えば布団がきれいになりますよ。

消臭スプレーを利用した

子供がおねしょした場合はファブリーズしてしばらく子供の敷布団だけ干して外の空気に触れさせます(^^;)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

おねしょの布団は消臭スプレーをかけてからしばらく外に干すという方もいました。消臭スプレーでもにおい消しの効果は期待できそうですね。

消臭スプレーにはさまざまな香りのものがあるため、好みの商品を選んで常備しておくとよいかもしれません。

ベッドのマットレスは洗濯できないからショーツやタオルを重ねて

うちは、クイーンベッドなので、子供の寝てる部分にしか敷いてないんですが…

布団→シーツ→防水→バスタオル

にしてます。
洗濯は出来ます☺
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
おねしょ防止などのシート(マット)売ってますよ!

わたしはバスタオル下に2枚敷いてました!
それでも対応できました😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ベッドで子供と一緒に寝ていると、マットレスは簡単に洗うことができないしおねしょされてしまったらどうしようとヒヤヒヤする方もいるようですね。ベッドで寝ている場合は、マットレスの上にシーツや防水シーツ、バスタオルなど何枚か重ねておくとよいかもしれませんね。

おねしょした布団でもきれいにすることは可能です

ママ  PIXTA

子供が布団におねしょをしてしまったときの対処方法についてご紹介しましたがいかがでしたか?特にトイレトレーニング中や、トイレトレーニングが終わった直後は、頻繁におねしょをしてしまう子供もいるかと思います。しかしおねしょをしてしまっても、さまざまな技を駆使すれば布団をきれいに保つことは可能です。

ただし、自宅で洗ってみたけれきれいにできなかったという場合は、クリーニング店など専門店に依頼するのも一つの方法です。洗濯は、天候などに左右されることもあるため、できるだけそのときやりやすい方法で対処できるとよいですね。

おすすめ記事

「おねしょ」「布団」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧