子供に預金口座を!その注意点とおススメポイント!体験談もご紹介

ご出産おめでとうございます。大きな喜びと責任を、我が子の重みと共にひしひしと感じておられることと思います。子供のためにお金を積立てようと考えるパパ・ママも多いかと思います。子供のために預金口座を作るのには幾つかの注意点があります。おススメ貯蓄方法もありますので、元銀行員の筆者よりアドバイスをさせて頂ければと思います。

赤ちゃんのために口座開設したい!持ち物は?注意点は?

ご出産おめでとうございます。

新しい命の誕生に希望がいっぱいですよね。希望や夢をかなえるため、必要になるのはやはりお金ですね。

赤ちゃんのための預金口座はどのように開設すればいいのでしょうか。

持ち物

  • ママの運転免許証などの本人確認資料
  • 子供の保険証
  • 届出印
  • 口座を開設する時に入金する現金(特にいくら以上という定めはありません)

どんな口座を作ればいいの?

お金

口座には様々な種類があります。

  • 普通預金
  • 貯蓄預金
  • 定期預金
  • 積立定期預金

※一般的な口座の種類をご紹介しています。「総合口座」では貸越機能が付いている場合があり、給与口座以外としては作成できない場合があります。金融機関により異なります。

自動積立定期預金が便利

筆者は子供の名義で自動積立定期預金口座を作成しました。自動積立定期預金は、親口座から子供の口座へ自動的に毎月定額を積み立てることの出来る口座です。

目的は子供が目的を持って資金を必要とするときの助けとなれば、と、教育資金として積み立てるものとは全くの別物として、この自動積立定期預金口座を、子供名義で作成しました。

口座を作るタイミングって?どんなきっかけで作るの?

出産祝い

子供名義の口座を作りに来られたお客様のほとんどが、生後1ヶ月以内に口座を作りに来店していました。

きっかけは、頂いたお祝いを入金したり、子供の教育資金の貯蓄のために、子供が将来使えるようにと積立をするために口座開設するという方がほとんどでした。

口座作成に時期などはあまり関係ありません。親として、パパとママが我が子のために貯金をしたいと考え始めたら、それがきっかけになるのだと思います。

口座開設後の注意点

キャッシュカード

口座に資金を入れっぱなしで放置しない

あまり知られていないことのようなのですが、預金口座は未使用のまま一定期間が経過すると睡眠口座(休眠口座)となってしまいます。

未使用の期間ですが、ほとんどの金融機関が10年以上と定めています。睡眠口座(休眠口座)になってしまった預金口座は、最終的には預金者の手を離れ、金融機関の収益と換算されてしまいます。

しかし現実的には預金者が口座の存在を思い出すなどして通帳や印鑑を持参して来店した場合には支払いに応じる金融機関がほとんどだと思います。

子供のために口座を作っておいたものの、10年以上放置して、それを結婚などで苗字の変わった子供が現金を引き出しに来店するなどしたケースにおいては、苗字が変更したことによる名義変更などの手続きもしなければならず、結果、非常に手続きが面倒になってしまうことがあります。

名義が子供だと親の管理に限界がくることがある

税金

これは実際に筆者が銀行員時代に受付したケースなのですがご紹介します。

親が子供名義で、数百万預金をしていたのですが、親が入用になったために子供名義の預金から数百万出金しようとした際に問題が起こりました。

子供が既に成人していたために、親が管理していたとはいえ、その口座から出金するのは子供本人でなければならないということになり、銀行側とお客様側とで非常にもめたというケースがあったのです。

実際にこういったケースは最近の事例で、世間で増えた様々な金融を取り巻く犯罪により金融機関が個人情報の管理に敏感になってために起こったケースだと思われます。

税金の面でも注意が必要です。

親が子供に贈与していることから、子供が住宅建築などでその資金を使用する際に贈与の申告をしなければならない場合が存在するという事も覚えておかなければなりません。

赤ちゃんのために口座開設した先輩ママの体験談

お年玉

お祝い金やお年玉を管理するために

子供にもらったお祝い金やお年玉を入金するために口座を作成しました。

自分自身も高校生の時に自分の親に「自分でお金を管理するように」と自分名義になっている口座を渡された経験があり、嬉しかった記憶があるので、自分の子供にも同じようにしてあげたいと思っています。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

子供名義にした銀行の預金口座を、定期的に出し入れが必要となる子供の名義にする事は後々デメリットが浮き彫りになってくるかとは思われます。

もちろん、子供名義の銀行口座を教育資金の貯蓄のために使用されている方はいらっしゃいますが、その口座を親がそのまま親のものとして使用していくのであれば、子供の成人後など、資金の出し入れや口座の解約などが親ではできなくなってしまう可能性が出てくるからです。

もちろん、子供の成長に合わせてその口座を子供に譲る予定がある場合など、用途に合わせた口座の作成はメリットが十分あると思います。

20年後 娘に渡せるように

手紙

みずほ銀行のキティちゃん通帳を娘のために作りました。

20年後、成長した娘に印鑑と通帳を渡せる日を楽しみに、こつこつと貯蓄をしています。残高が10万円を超えると、ATM手数料が無料になるのが魅力です。

すぐに使うことはありませんが、娘のためになると思いました。 出典: papanmamany.seesaa.net

20歳に娘さんに通帳を手渡すというのは本当にいい方法ですね。

娘さんもとっても喜ぶと思います。印鑑やキャッシュカード、暗証番号など紛失、番号の忘れなどに注意をして、渡すその日まで管理されると良いと思います。

生活費の余剰分を子供のために貯蓄

学費で使う分は親名義に、その他生活費の余剰分を子供名義に少しずつ入金しています。

贈与税の申告が不要なように少しずつ入金しています。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

贈与税は申告税なので、申告を忘れた場合脱税とされる場合があるので大きな金額になる場合は注意が必要です。

贈与と税金 国税庁

夢や希望をお通帳に添えて子供に

プレゼント

子供にお通帳を作る際のポイントや注意点、そして体験談をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?夢や希望が形になる瞬間って、やっぱりお金が必要になることの方が多いですよね。

これからの時代を生きる我が子のために、我が子の夢を実現に導くために、よりよい方法でお金を貯めていきたいですね。

「赤ちゃん」「口座開設」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!