記事提供:スゴいい保育

保育園に預けるのはかわいそう?罪悪感をいだくお母さんが、保育園で働いて感じたこと

一言に保育と言っても保育も色々、関わり方も人それぞれ。読者の方の保育にまつわるエピソードをご紹介する「保育とわたし」。今回は以前に保育園で事務員として働いていた、30代共働き女性のエピソードです。

お子さんが生まれて保育園に入るのと同時に、別の保育園に事務員として就職したお母さん。送りで泣く子どもの姿を見て罪悪感を感じていたお母さんですが、自分自身も保育園で働くなかで、少しずつ気持ちが変わっていきます。

娘が生まれて8ヶ月のとき、たまたま、近所の保育園に事務員として採用されました。
出産前はサービス業をしていたのですが、我が家は夫と2人の核家族で祖父母も遠方。
休日や夜遅いシフトに入ることが難しく、出産を機に退職していたので、久しぶりのフルタイム勤務です。
新しい環境に、ワクワクとドキドキが半分ずつといった感じで、母娘とも緊張の保育園デビュー。
しかし、絶賛人見知り中の娘は、朝の送りで母が部屋を出て行こうとすると、身をよじって大号泣します。
「こんなに泣いているのに、仕事をしたいなんて私のワガママなのかな?」
「子どものためには、仕事をやめて家にいるべきなんだろうか……」
専業主婦の母を思い出しては、子どもをもって働くことにも、子どもを預けることにも不安や罪悪感がいっぱいで、心配でたまりませんでした。

4月は新入園児が多く、どの園でも子どもたちがよく泣いています。
私の勤務先もご多分にもれず、子どもたちの泣き声を聞いては、娘のことを思い出して、「今ごろ泣いているのかなぁ…」と胸がチクッと痛みます。
同時に、私自身、保育園で働くのは初めてだったので、4月の賑やかさ、慌ただしさに驚いてもいました。
先生たちは、自分の昼食もそこそこに、子どもたちと一緒に走り回り、子どもを抱っこし、食事の介助、環境整備、と目の回るのような忙しさです。
心配顔の保護者へ、子どもの園での様子を伝え、「大丈夫ですよ!お母さんもがんばって!」と温かい言葉も忘れません。
そして、最初は泣いていた子どもたちは、1週間もたつとすっかり落ち着き、楽しそうに遊び始めるようになりました。

そんな中開かれた職員会議。「なかなかミルクを飲んでくれなかったAちゃんが、ついに哺乳瓶でミルクを飲めた!」と0歳児クラスの担任からの報告に、職員から「おーっ!!」と拍手が沸き起こりました。
「新入園のBちゃんは、咀嚼が苦手なので、食材を少し小さめに刻んで提供すること」「Bちゃんは今月からお父さんが単身赴任になったため、様子を丁寧に見ましょう」など、子どもたちの生活の様子を園全体で共有して、全員で見守る様子に、保育園ってすごいところだと心から感じました。
そして、娘もこうやって、たくさんの先生に見守ってもらってるんだと、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

保育園に預けるなんてかわいそう、なんて気持ちは、気がつくとなくなっていました。
娘がしゃべれるようになると、「きょうは●●がたのしかったよ!」と、保育園での様子を聞いたり、手遊びを娘から教えてもらったり。
私自身も、職場で同僚、先輩保育士のプロフェッショナルな仕事ぶりに感心する一方で、親としては娘の園の先生にたくさん助けてもらいました。
娘は、保育園でたくさんの大人からたっぷりの愛情を受け取り、お友達と宝物のような時間を過ごしました。
「おおきくなったらほいくえんのせんせいになりたい」という素敵な夢をもって、娘は春から小学生になります。 ※1

※登場する場所・名前・所属などは編集部により架空のものに差し替えています。

働く親は、「子どもを保育園に預けて働く自分は、悪い親なのか?」と考えてしまうこともあるかもしれません。

でも、保育園には、想いをもって子どもに向かっている先生たちがいて、親からは見えないところでも、子どもの育ちをあたたかく、しっかりと見守ってくれています。今回はそんなことがよくわかるエピソードではないでしょうか。きっとこんな保育園なら、親御さんも安心して仕事にいくことができるでしょう。

元記事を読む

「保育園」「罪悪感」「かわいそう」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!