入園式は着物で決まり!着物に似合うヘアアレンジ 

入園式着物で参加を考えているママ必見!和装に合うヘアアレンジご紹介します。子供の晴れ舞台、お母さんもばっちり決めて参加しましょう!着物はちょっと…と思っている人も素敵な髪型を見たら着物で行きたくなっちゃいますよ☺ショートヘアの人からロングヘアの方までできるアレンジをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね♪

着物に似合うアレンジ9選

せっかく着物をきるのだから髪型も普段とは違うアレンジにしたいですよね。でも、どういうアレンジが着物には似合うのかわからなくてオーダーに困ることありませんか?

ショート、ミディアム、ロング、長さ別のヘアアレンジをご紹介します。

ショートヘアのヘアアレンジ

自分でアレンジするのが難しいショートヘア。短いのにアレンジなんて無理だし、必要ないと思っている方は多いと思います。ショートだからアレンジするのは無理!なんてことはありません。素敵なアレンジ方法はたくさんあります。

カジュアルショートアレンジ

トップはワックスもみこんで、サイドは流すようにスタイリング耳の後ろにさりげなく飾りあしらったアレンジです。

簡単なアレンジですが、大人かわいいショートスタイルは注目される事間違いなしです。

ANT'S Hair and Resort

ショート風スッキリアレンジ

ショートボブを着物に似合うようにスッキリとまとめてショート風アレンジ。

ナチュラルなイメージになるので、かわいい系よりもきちんと系が好きな人におススメのアレンジです。スタイリングは全体的に巻き、襟足を内側にねじって耳の後ろで止めます。タイトになりすぎないようトップをくしゅっとするのがポイント!ピンでとめた所はに上から飾りをつけて隠します。

Voasorte GARDEN

大人かわいいショートアップスタイル

大人の女性らしくエレガントに仕上げたい人におススメのアレンジです。

カールでトップとバックにボリュームをだしてあります。カールの艶を最大限生かしてスッキリとまとめてあります。一見、ショートヘアには見えないので普段のイメージがガラッとかわりますよね。

ミディアムヘアのヘアアレンジ

伸ばしかけミディアムヘアも素敵にアレンジできちゃいます。

エレガントな夜会巻き

定番の夜会巻きも着物にとてもよく合います。

面の切り替えと毛流れで、上品にかつエレガントに仕上がります。スッキリコンパクで、クールな印象になる大人なアレンジです。

GEKKABIJIN

なんちゃってボブ風アレンジ

なんちゃってボブ風のかわいい愛され系ヘアアレンジ。

個性的になりがちなボブスタイルですが、和装にはとてもよく合います。髪を後ろでまとめて、内側に入れピンで留めるだけなので、自分でも簡単セットすることができます。

カチッとなりすぎるのが苦手な人におススメです。

清楚な夜会崩しアレンジ

清楚な下目のアップスタイル。

かっちりしすぎな夜会巻きのイメージも、毛流れをふんわり出すことでやわらかい雰囲気に仕上がります。ナチュラルでフェミニンなゆるふわな優しい印象になります。

伸ばしかけの髪や重めのヘアスタイルでアレンジすることのできるアップスタイルです。

coucou

ロングヘアのアレンジ

長いロングヘアもスッキリとアップヘアにすれば和服にぴったり!

ロングヘアはアレンジの幅も広がるので、個性的なヘアスタイルにすることもできます。

リボンアップ

着物にも合う、リボンアップはおしゃれママ達の間で人気のアレンジです。

シンプルでタイトなアップスタイルを、リボン風のシニオンを作って一味違う印象に。リボンを大きくするとかわいい系に、小さくすると大人っぽいスタイルになります。

エレガントだけどかわいさもあるので注目されること間違い無しです。

定番!旅館の女将さん風アップヘア

スッキリと襟足をみせる定番のアップスタイル。

定番のスタイルも着物でエレガントな大人のイメージに。長い髪を捻じって留めていくアレンジ方法です。

三つ編みカチューシャ風アレンジ

美人度がアップする額見せスタイル。

すっきり大人っぽく、でも可愛らしさも出したい人におススメのアレンジです。

トップはフォーマル感を出して、編み込みはざっくりと大きめに、毛先を上品に散らすのがポイントです。

いつもよりもっと綺麗なママに

いかがでしたか?気になる髪のアレンジはありましたでしょうか?

素敵な髪型のアレンジはまだまだたくさんあります。着物×ヘアアレンジでママ力、女子力共にUP!!素敵な入園式になること間違い無しです。

いつもとは違うママにお子さんと旦那さんはどんな反応をするか楽しみですね☺

「入園式」「着物」「髪型」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!