子育て期間はブランクじゃない。働きたいママのための就業体験プログラムとは?

子育て一色で過ぎていく日々の中で、ママになる前の自分の時間が止まってしまったように感じていませんか。「いつかは働きたいけれど、社会から離れてブランクがある私にできることなんてあるのかな」と不安を感じている方に知ってほしい、働きたいママのためのプログラムをご紹介します。

PIXTA

仕事から離れた時間は「ブランク」?

「子供がいても、いつかはまた働きたい」。そう思っているママにとって、子育てのために仕事を休んだり、いったん退職したりしている時間は、いわゆるブランクだと感じられるかもしれません。

「ブランク(blank)」とは、英語で「空白」を意味する言葉。しかし、本当に子育て中の時間は「空白」でしょうか。

子供の成長を日々支えながら、そのときしかできない経験を積んでいるのがママ。働き始めれば、その経験はきっと役に立つはず。しかし、そのスキルはなかなか自分では気づけないかもしれません。

そんなママたちのために、自分の中の隠れたスキルに気づき、自分自身の未来について考えるための、国のプログラムが始まります。

「私」のこれからを考える半年間

厚生労働省は、就業を考えているママ向けに「インターンシップ型のプログラム」を作り、実証をする事業を行っています。

インターンシップとは、一定期間、指導をともなう就業体験を行うこと。2018年の秋から、山梨大学で全国で初めてインターンシップを活用したプログラムの実証を行います。今後は、このプログラムが全国に広がっていくことが期待されます。

この取り組みの目的は、ママたちが半年間のプログラムを通して働くために必要な力をつけ、自分に自信を持つことです。

これから働く自分に、自信を持つための4ステップ

女性 働く PIXTA

このプログラムは大きく4つのステップに分けられます。

  • ステップ1:就業に向けた準備
  • ステップ2:インターンシップ準備
  • ステップ3:インターンシップと振り返り
  • ステップ4:就職支援

ステップ1では、就業に向けて自分のこれからを考え、ビジネスマナーやコミュニケーションのスキルを身につけます。同時に、育児や家事の中で知らず知らずのうちに身につけていた自分の能力を整理し、「見える化」する講義も行われます。

ステップ2では、コーディネーターが一人一人に応じたインターンシップ先を紹介。ステップ3で、実際に就業体験をし、その振り返りを行います。

ステップ4ではキャリアカウンセリングを受け、希望者は履歴書の書き方や模擬面接といった再就職支援も受講可能です。

いきなり就職のあっせんをするのではなく、自分がどうなりたいか、何をしたいかをじっくり考え、実際に働く体験をした上でキャリアカウンセリングを行うため、より自分に合った働き方を目指せるところがポイントです。

また、受講を通して自分と同じく「働きたい」という思いを持つ仲間との交流ができる点も心強いでしょう。

インターン先への就職の可能性も

履歴書 PIXTA

このプログラムには他にも、受講するママたちを支える以下のような特徴があります。

  • 託児施設(学外、有料)
  • インターン先への就職の可能性

プログラムに参加するママが託児を希望する場合、学外の託児施設を有料で利用できます。

必修科目を全て履修し、インターン先の企業と合意できれば、修了後もそのまま就労することもあり得ます。

「ママでもできる」ではなく「私だからできる」に

働くママ 子供 amana images

「子育てで手いっぱい。仕事から離れると社会から取り残されている気がする…」と、不安な気持ちを抱えていたママも、育児を含む家庭生活の中で身についている力に気づけば、子育て中の時間は空白でないと感じられ、自分に自信を持てるでしょう。

母親になった女性にとって「ママ」は「新たな一部分」。子育てのために仕事を離れても、その期間はスキルが衰えていくのではなく「ママ」という新しいスキルが育っています。育児をする前の自分にはできなかったことが、知らないうちにできるようになっているかもしれません。

「ママでもできる」ではなく「私だからできる」。社会から離れた時間も決して空白ではなく、自分がパワーアップする時間だと気づければ、より自信をもって自分の進みたい方向へ歩み出すことができるはずですよ。

応募要項

このプログラムの応募要項は以下の内容です。

  • 応募資格:(1)大学または短期大学を卒業し、就業経験のある女性。もしくは、(2)就業経験のある女性で、個別の入学資格審査により、大学または短期大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、2018年4月1日時点で満22歳以上の者。
  • 定員:20名
  • 会場:山梨大学 甲府キャンパス
  • 履修期間:6ヶ月(2018年10月入校~3月修了)
  • 講義時間:1日あたり90分×2コマ(10時40分~12時10分、13時10分~14時40分)の授業および試験(レポート課題等含む)
  • 受講料:40,000円
  • 出願期間:2018年8月9日(木)~9月14日(金) 消印有効

上記の出願期間中には説明会が複数回にわたって開かれ、出願後は入校するための面接があります。

入校した場合、必修科目は8科目。修了するには合計124.5時間の講義やインターンシップを履修します。詳しくは山梨大学のホームページをご覧ください。

山梨大学「女性のためのインターンシップ型ステップアッププログラム」

ご応募された方はご連絡ください!

本記事をご覧いただいた方で、「インターンシップ型ステップアッププログラム」にご応募された方がいらっしゃいましたら、下記のリンクにある「お問い合わせ」ボタンよりママリにご連絡ください。ママリからご感想をお伺いする場合がございます。

なおご連絡いただく際は、「インターンシップ型ステップアッププログラム」に応募した旨、ご記載ください。

お問い合わせ

今話題の記事

「ママ」「就職」「転職」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧