おすすめのマタニティ用レギンス10選!お手本コーデもご紹介

おなかが大きくなってくると今までの服が窮屈に。マタニティファッションも楽しみたいけど、今までのスタイルも維持したい。いつものコーディネートに、春夏から秋冬にかけての時期に着られるレギンスをプラスしてみませんか。はやりに左右されない商品からトレンドの商品まで、マタニティ用も販売されています。手持ちの服に合う丈やカラー、素材を選んで妊娠中もファッションを楽しみましょう。この記事では、マタニティ用のレギンスとコーディネートを紹介しています。

マタニティ用のレギンスは種類が豊富!デニムなどのおすすめ商品10選

大きくなるおなかと変わっていく季節に合わせて、着るものも日々変化します。ファッションは選ぶ楽しみがあると同時に、マタニティファッションの選択肢が少ないと感じることはありませんか。

今回はトレンドのファッションアイテム、春夏から秋冬まで長く着られるマタニティ用レギンスを紹介します。おなかや足元を冷えから守ってくれる、妊娠中には便利なアイテムです。どれも購入しやすい価格のため、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事では、筆者のおすすめ順に紹介しています。

10位.KIDS PARA(キッズパラ)「マタニティヨガ レギパン」

マタニティヨガ レギパン

9位.Tokyo Motemi(東京モテ美)「デニムレギンス レギンス 」

デニムレギンス レギンス

8位.mama smile(ママスマイル)「マタニティデニムレギンスパンツ」

マタニティデニムレギンスパンツ

7位. BEREAM(ブリーム)「 マタニティ レギンス スパッツ」

マタニティ レギンス スパッツ

6位.mammy luna(マミールナ)「マタニティ レギンスパンツ」

マタニティ レギンスパンツ

5位.SWEET MOMMY(スウィートマミー)「シンプル バンブー マタニティ レギンス」

シンプル バンブー マタニティ レギンス

4位.i Leg(アイレッグ)「くしゅくしゅサーマルレギンス」

くしゅくしゅサーマルレギンス

3位.CHOCOA(チョコア)「カラーレギンス全9色」

カラーレギンス全9色

2位.VinRouge(ヴァンルージュ)「マタニティレギンス」

マタニティレギンス

1位.CHOCOA(チョコア)「サマー美脚リブレギンス」

サマー美脚リブレギンス

おしゃれな人はこう着てる!マタニティレギンスのコーデ

チャレンジしてみたいけど、どんなふうに取り入れたら良いかわからないというママのために、お手本コーデを紹介します。

トレンド感がありながらも、大きなおなかをカバーしてすっきりと見せてくれる優秀コーデは、きっとまねしたくなるはず。

ワントーンコーデもおまかせ

涼しげなワンピースにレギンスを重ねて、冷え対策に。7分丈のレギンスを合わせると足元に軽さが出て、靴とのバランスがとりやすくなります。軽やかな素材との相性もよいですね。

ニュアンスカラーのレギンスは足元とカラーをつなげてくれ、相性ばっちり。何色を買うか迷っている方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

パンツ使いできるしっかり素材は使える

ちょっと厚めの生地のレギンスは体のラインを拾いにくく、パンツ使いできて便利。シンプルにTシャツと合わせれば、小物で季節感をプラスできる万能コーデになります。秋冬は、ファー小物やショートブーツを取り入れて季節感を出してみましょう。

ブラックデニムに見えてもレギンス。動きやすさはレギンスの方が一枚上手です。

アースカラーのグラデーションにも

秋の雰囲気漂うアースカラーの全身ワントーンコーデ。ファッション初心者にはハードルが高いように感じますが、レギンスなら足元がちょっと軽くなり、軽やかな印象に。

ワントーンコーデでは物足りない印象になりがちですが、カーキやブラウンなどのなじみやすいカラーのレギンスを選んで、スニーカーとも色をつなげると、コーデにメリハリが生まれます。

トレンドと快適さを両立!マタニティ用レギンスをフル活用

マタニティ

いかがでしょうか。

妊娠中だけでなく産後も着用できるレギンスも多く販売されています。通常のパンツよりも締め付け感が少なく、動きやすい、また脱ぎ着もしやすいレギンスは、数枚持っていてもよいかと思います。

暖かさとトレンドを楽しめる欲ばりアイテム、マタニティ用レギンスレギンスをぜひ試してみてください。

楽天で「マタニティレギンス」をもっと見る!

おすすめ記事

「マタニティ」「レギンス」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧