感動の卒園式体験談!思わず泣いた卒園式エピソード

成長著しい時期を過ごす保育園・幼稚園。その卒園式は感動もひとしおです。この数年間の子供の成長を感じられたり、楽しかったこと、大変だったことを思い出したり、先生からの言葉や卒園式の演出など、涙なしには語れないエピソードがいっぱいです。そんな感動の卒園式を過ごした皆さんの体験談を紹介します!

保育園、幼稚園の卒園式こそ涙涙…

まだ年齢も低いし、泣くことはないかなー?と思っていたママ&パパの多くが涙してしまう、それが保育園、幼稚園の卒園式なのです!この年齢の子供たち成長は著しいものがあります。

最初は嫌がっていた登園もいつの間にか笑顔で通うようになったり、今までできなかったことができるようになったり、お友達との生活を学んだり…さまざまなことを保育園・幼稚園で経験します。園へ送り出すママ&パパにもいろいろ大変なことがあったと思います。

そんなさまざまな思い出を胸に迎える卒園式はやっぱり涙がつきものです。こちらでは保育園、幼稚園の卒園式で感動したみなさんの体験談を紹介します。

みなさんの感動した卒園式体験談をご紹介!

子供の成長を実感した…、先生のお話に感動など、みなさんが卒園式で涙した感動の体験談をご紹介します!

体験談① 最後にいつものを歌を…

うちの息子は昨年幼稚園を卒園しました。式を終え教室に戻り、担任の先生から卒園証書や記念品などを一人ひとり受け取り、さあこれで最後というときです。先生が子どもたちに、最後に歌を歌おうと言いました。子どもたちもよく歌ってきた曲です。

1番を歌い終わったときに、先生が子どもたちに声をかけながら回られました。子どもたちの目から大粒の涙が出て、悲しくて歌が歌えない子がほとんど。クラス内にはメロディーだけが流れ、あとは子どもたちのすすり泣く声。目を真っ赤にして別れを惜しむ子。先生に抱きつく子…etc。そんな子どもたちの姿と担任の先生の姿に心打たれ、私も泣けて泣けて…。感動の卒園式でした。 出典: education.mag2.com

幼稚園の子供たちだって先生とのお別れは悲しいですよね。いつもみんなで歌っていた歌だからこそ、楽しかった幼稚園の日々がよみがえりますね。

体験談② 先生たちの情熱の紙吹雪

椅子の下のカゴをお持ちくださいと言われて、言われるがままにカゴを見てちょっと驚いた。そこには色とりどりの紙吹雪用に切り刻まれた折り紙がびっしりと詰まっていたのだ。

この「びっしり」というのは言葉では正直表現することはできないし、その場にいて初めてその感動を味わえるものだということはわかっているが、とにかくすごい量だった。そしてこれが、子供たちやそれを見守る家族の分まで全て用意されていた。

最後にこの紙吹雪を一斉に、全員でまく。その量が半端ではないので、スーツのあちこちに入り込むし、床は色とりどりの折り紙でびっしりになった。その光景と感動は今でも忘れられない。ぶわーっと舞う大量の折り紙は大人すら感動させるものだった。

もちろん子供たちも楽しそうに折り紙を空高く投げつけていたが、こちらもあまりにも感動して子供を見るのも忘れるほどだったのだ。それまで静かに進んでいたホールも、大人や子供たちの歓ついて考えてみたい。 喜の声で賑わった。そしてそのままの状態で終わる。終わった後は子供と親はみなこう話す。

「すごかったね!おめでとう!」と。多分だが、どう考えてもこれらの折り紙を用意するのは大変だ。職員たちの飽くなき情熱が感じられたし、これを掃除するのも大変だろう。一見すると無駄なことなのかもしれない。しかし、今だに娘は卒園式の紙吹雪はしっかりと覚えているし、私もきっとこの先忘れないだろう。
出典: blogos.com

大量の紙吹雪を用意するのはとても大変だったと思います。先生たちの情熱は、その壮観な光景とともに胸に刻まれそうです。

体験談③ 1人ぼっちの卒園式のはずが…

熱が出始めたのが23日の日曜日で、保育園の卒園式が26日の水曜でなんとか、間にあってーーーー!!と思っていましたが、熱は下がらず、結局、卒園式はお休みに・・・。

でも、最後にちゃんと先生にも挨拶に行きたかったし、卒園アルバムももらってなかったので園長先生に相談したら、りーちゃんが元気になったら、りーちゃんだけの卒園式をしましょうと言ってくださり、お言葉に甘えて、今日、保育園に行き卒園式をしてもらいました。

先生からアルバムをもらって、先生とありがとうの挨拶をして・・・・、と考えていたのですが、実際は全然違いました。りーちゃん一人のために年長さん、年中さんもホール集まってくれて園長先生、ずっとりーちゃんの側にいてくれた加配の先生はわざわざ、その時だけスーツに着替えてくださり、本当の卒園式のように、入場から始まり、アルバム授与、みんなの歌、みんなが卒園式にしたであろうことを、全部、してくれたのです。

私は感動のあまり、恥ずかしながら序盤から泣き続けてました。本当に素晴らしい卒園式で、本当にこの保育園に通うことができて幸せだったなーと実感しました。
出典: ameblo.jp

卒園式に参加できなかった子供のために後日スペシャルな卒園式をしてもらった方の体験談。先生たちの暖かい気持ちが伝わってきますね。

体験談④ 赤ちゃんから6年間、この成長は忘れられない!

卒園証書の授与後は保護者からの一言。これが涙涙で泣けました。どの父兄も泣いていましたがやっぱり赤ちゃんの時から通った保育園6年間はもういろいろありすぎて一言なんて言えないほどでした。

本当にこの6年間まだ赤ちゃんだったころは身を切る思で保育園に預けたことを思い出すと涙なしではいられません。ハイハイのかわいい赤ちゃんをおいて仕事に行くなんて・・・と何度も自分を責めました。

そして入院4回といいう記録。そこでまたママが働いているからつらい思いをさせてしまったんだなとしみじみ。けど赤ちゃんからの集団生活のあかげでそのかはこんなに立派に成長してくれてなんでも自分でできるように育ってくれて、自分の意見をしっかり言えるようになりました。

乳児クラス3年、幼児クラス3年。本当に1年1年いや。一日一日成長がみれて本当に子供の育つ力のすごさを感じました。そしてみんなの協力あってこうして保育園を卒園できたこと、なんといっても家よりも長い時間すごす保育園での生活の内容の濃さがよくわかり本当にそのかにぴったりな保育園で本当によかったと思いました。

いろんな気持ちいろんな日があったけど本当にこの6年の成長とこの6年のことは一生忘れられないよい思い出となると思いました。 出典: blogs.yahoo.co.jp

まだ小さいわが子を預けて仕事に行く…働くママは自分を責めてしまいがち。そんな思いを乗り越えて、素晴らしい成長を遂げてくれたわが子と保育園には感謝感謝ですね。

体験談⑤ 小さくてもお別れは辛い…

おにいちゃんたちのときなんか泣いてる子なんて全然いなかったのに女の子数人めちゃ泣き・・・幼稚園なんてお別れ。。。なんてまだまだそんな感情ないんだろうなんて思ってましたが。。。小さくてもちゃんと社会ができてて。。。ほんとにお別れが辛くてないてるのね。。。ほんまじ~んとする卒園式でした。

涙涙の卒園式になりました。こんな素敵なお友達に恵まれ3年間過ごせたこと。。。もちろんころころもだけど。。。わたしもここ数年。。。。

幼稚園、お仕事を通じてほんとに素敵な人たち。大切にしたい人たちにたくさん出逢えました。結婚して京都に来てから知り合いもなく。。。あんまり社交的じゃないわたしだったので。。。なかなか友達もできなくて。。。

でも幼稚園ママやお仕事で知り合った方たちに影響され。。。ほんとに今忙しいけれども毎日充実した楽しい日々をすごさせていただいてます。こんな出会いを与えてくれた子供たち、幼稚園に感謝でいっぱいです。
出典: 93806197.at.webry.info

まだ小さくてもお別れの意味が分かっているんですね。子供たちだけでなく、お母さんも楽しい日々を過ごしたという方の体験談です。

感動いっぱいの卒園式を!

今までの思い出がよみがえって涙なしには語れない保育園・幼稚園の卒園式。みなさんの感動エピソードを紹介いたしました。

卒園式は子供の成長、親としての自分自身の成長を感じられる特別な1日になりますね。楽しかったこと、大変だったこといろいろな出来事は一生の思い出です。みなさんも心に残る卒園式が迎えられるといいですね。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!