お受験を控えたママ・必見!小学校受験を乗り越えた奮闘ブログ5選

子供の成長はあっという間。保育園・幼稚園に行き始めたと思ったらすぐに小学校になってしまいます。本格的に知識や教養を学んでいく大切な小学校。大人への第一歩として、ぜひお受験をして、希望の学校に行かせたい今回はそんなママにオススメしたい「小学校受験はこうやって乗り越えた・乗り越えています!」というブログをご紹介します♡

小学校受験をこうやって乗り越えた・乗り越えてます!ブログ5選☆☆

「小学校受験」を考えるママは昔ほどめずらしくはないようです。

お受験と言うと塾や習い事、お金や躾など…気になることがたくさんありますよね。

「子供のために」と始めたお受験でも、この教え方でいいのかな、この子のためにもっと良い環境もあったのでは?なんて疑問や不安に思うこともあると思います。

そんな小学校受験を控えたママにオススメしたい、数あるブログランキングの中でも上位の、「小学校受験」を乗り越えた・乗り越えているママ達のブログを5つご紹介します♪

1:私立小学校制服図鑑(勝手に作成中)

小学生

受かったところ、落ちたところ、いろいろありますが…何とか落ち着いて学校生活をしています♪

終わっちゃうと出産と同じで(笑)痛みを忘れてしまう受験の世界。現在進行で受験中の人の参考のために
いろいろ記録していこうと思います^^ 出典: ameblo.jp

長男、長女のお受験を経験したママが当時の苦労や感想を綴っているブログ。

女子校、共学、神奈川、東京、私立、国立様々な小学校に願書を出したという中身は必見です☆

ブログはこちら♪

2:埼玉県で国立・私立の小学校受験を目指すママブログ

小学校受験をさせる理由は子供の可能性を最大限に引き出すことができると思うからです^^

私立・国立を目指すか?は親の価値観によって変わるのではないでしょうか?子供をどのように育てていきたいか?という気持ち次第だと考えます♪


出典: syougakkou-jyuken.seesaa.net

埼玉県で小学校の受験を目指すママと子供のブログです。

国立・私立の学校情報、子供の塾や受験対策、親の心構え、そもそもなぜ受験をするのか等…知りたいと思ったこと全てが詰まったブログです♪

ブログはこちら♪

3:小学校受験/親の偏差値 はじめて見える最も大切なもの

私が思うに「子どもにとっていい学校」とは、「子供自身がやりたいと思うことを考え、探す環境がある学校」。

より多くの「いい出会い」がある環境、そして本当に自分がやりたいと思った時にそれが、出来る教育を受けていること。

我が子には、「やりたい事探し」の出来るレールを敷いて下さい。 出典: ojyuken-sakurasaku.seesaa.net

「小学校受験は「親の偏差値」で決まる!」という40代マエストロママさんのブログ♪

年中さんから幼児教室に通わせた合格必勝の策などなど情報が満載です…☆

ブログはこちら♪

4:小学校お受験ママの合格備忘録

右も左も分からない状態で始めたお受験。やってみて分かったことは、お受験は何よりも母親の努力が必要だと言うこと!

子どもをヤル気にさせ、夫のサポートを上手く取り付ける!お受験ママ、一緒に頑張りましょう♪ 出典: ameblo.jp

ブログはこちら♪

5:お受験はコスプレだ!~サブカル母、小受に挑む~

息子の受験で大変な思いもしましたが、願書をきれいに書いたり、不備がないように気を使ったり…小学校受験の複雑な考査っていうのは

「入学してからの大変さを乗り越えられる者でないと所詮大変ですからね!」という意味だったんだと改めて痛感しています。。 出典: ameblo.jp

2008年生まれの一人息子さんを家庭学習のみで小学校お受験させ突破したというママのブログ♪

共働き家庭の保育園児を、お教室無しで合格させるノウハウがたっぷりです♡!!

ブログはこちら♪

お受験ブログはノウハウ・下調べ・情報交換にも万能☆

お気に入りのブログは見つかりましたか?

小学校受験を控えている・検討しているママや、経験したママ達にぜひ読んでほしいブログばかり♪

欲しい情報だけでなく、お受験へのモチベーションを上げるなど、下調べとしてぜひ1度のぞいてみてください^^

幼稚園の教育!私立と公立の違いやメリットのまとめ

関連記事:

幼稚園の教育!私立と公立の違いやメリットのまとめ

最近では延長保育などを行う幼稚園も増え、保育園に役割が近づいている印象…

「小学校受験」「ブログ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!