hattiki0421

hattiki0421さんの記事一覧

  • コツを押さえて納得の出来栄え、七五三参りの写真をきれいに撮影する秘訣

    コツを押さえて納得の出来栄え、七五三参りの写真をきれいに撮影する秘訣

    七五三に神社で祈祷を受けたり、お参りしたりするご家族はいるでしょう。成長の記念となる素晴らしい日に、写真を撮影することがあると思います。一生に一度の大切な一日。写真の撮り方やシチュエーションにもこだわりたいですね。七五三の写真は初めてというパパママでも素敵な記念写真を撮影するためのコツを、こども写真館スタジオアリスに聞きました。ずっと残しておきたい最高の写真を撮るために、ぜひ参考にしてください。

    hattiki0421

  • 2017年の七五三!年齢別に見る衣装のトレンド

    2017年の七五三!年齢別に見る衣装のトレンド

    七五三の衣装をレンタルしようと考えているママはいるでしょう。購入する費用と比べてレンタルの方が安く、お手入れの心配をしなくてもよい点がうれしいですね。衣装は早い時期から予約が埋まってしまう可能性があるため、早めに予約したいもの。こども写真館スタジオアリスの担当者に、2017年に流行している衣装について、年齢別に聞きました。衣装選びの参考にしてくださいね。

    hattiki0421

  • 家にあるもので簡単!ハロウィンを楽しむおひるねアートの作り方

    家にあるもので簡単!ハロウィンを楽しむおひるねアートの作り方

    秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのイベントといわれているハロウィン。発祥はヨーロッパとされていますが、現在は日本でもイベントが開かれるなどハロウィンが定着しつつあるといえるでしょう。たとえハロウィンにおでかけをしなくても、自宅でおひるねアートを作り、赤ちゃんとハロウィンを楽しむことができます。「おひるねアートはハードルが高そう」と思っているママでも大丈夫。家にあるもので簡単につくる方法をお伝えします。

    hattiki0421

  • 初めてでも職人並みの出来栄え、簡単ハロウィンスイーツ

    初めてでも職人並みの出来栄え、簡単ハロウィンスイーツ

    ハロウィンのお楽しみといえば「トリックオアトリート」と合言葉でお菓子を集める練り歩きや、友人同士で開くパーティでのお菓子交換ですよね。お菓子が大好きな子供たちにとっても、たくさんのおいしいプレゼントがもらえるハロウィンは楽しみな一日でしょう。そのような時に交換するお菓子を「今年は手作りしたい」と考えている方は必見。簡単にチャレンジできるハロウィンらしいお菓子をご紹介します。日々忙しくて時間がないというママも、ぜひ参考にしてくださいね。

    hattiki0421

  • 不器用でも大丈夫、ハロウィンを意識した簡単工作&おもちゃ

    不器用でも大丈夫、ハロウィンを意識した簡単工作&おもちゃ

    年に1度、仮装パーティやパレードを楽しむハロウィン。アクティブにおでかけやパーティを楽しむ時間も楽しいものですが、1日かがりのイベントや外出は難しいという方も中にはいると思います。おでかけやイベント参加をしなくても、自宅でハロウィンの気分を盛り上げることも、もちろん可能です。自宅で子供と一緒に楽しめる、ハロウィンを意識した手作りおもちゃや工作をご紹介します。親子で一緒に遊べば、おうちの中でハロウィンを楽しめますね。

    hattiki0421

  • 縫わない!裁縫道具なしでできるハロウィンの簡単衣装アイデア

    縫わない!裁縫道具なしでできるハロウィンの簡単衣装アイデア

    ハロウィンといえば、子供のお友だち同士で集まってパーティを開いたり、パレードなどのイベントに親子で参加したりする方がいますよね。子供たちはどのような衣装を着ていてもかわいらしいですが、少しオリジナリティのある衣装を用意すると、よりイベントが楽しく感じられるもの。そこで、忙しいママでもチャレンジしやすく、世界で一つの衣装を作れるアイデアを集めました。時間はないけれど手作りしたい!というママは参考にしてみてください。

    hattiki0421

  • ハロウィンパーティを本格的に、初心者でも簡単テーブルデコアイデア

    ハロウィンパーティを本格的に、初心者でも簡単テーブルデコアイデア

    ハロウィンといえば、友人たちと楽しむホームパーティ。特に小さな子供が参加するパーティの場合には、周囲に気兼ねなく楽しめるホームパーティを計画している方がいると思います。そのような時にパーティを盛り上げるものといえば、テーブルデコレーションアイテム。ちょっとした一工夫で、ホームパーティがまるでお店のパーティのように華やかになるのです。ホームパーティに初挑戦のママでもチャレンジしたくなる簡単アイデアをご紹介します。

    hattiki0421

  • 保活のプロが答える「ここが知りたい!」保育園選びから申し込みに関する疑問

    保活のプロが答える「ここが知りたい!」保育園選びから申し込みに関する疑問

    秋になると、各自治体で認可保育園の申し込みがスタートします。わが子が過ごす保育園を決めることは、パパやママにとって大きな選択。認可、無認可や私立園、公立園の違いについてきちんと知った上で希望園や順位を決め、漏れがないように申し込みを行いたいものです。それぞれの園の特徴や見学のポイント、申し込み時の注意点についての疑問について、保活に関するさまざまな情報を提供する「保育園を考える親の会」代表の普光院亜紀さんに答えていただきました。

    hattiki0421

  • 子育てひろばの職員に聞く「私の仕事」、帰宅するママの笑顔がやりがい

    子育てひろばの職員に聞く「私の仕事」、帰宅するママの笑顔がやりがい

    子育てひろばの職員とは、各自治体にある子育て支援施設などで、子供の見守りやママのサポートをする存在。施設内の消毒や事務的な仕事も行う一方、子育てをするママの相談に乗ったり、愚痴を聞いたりすることも大切な仕事だといいます。約11年間にわたって子育てひろばの職員として働いている石井書子さんは「来たときよりも笑顔になって帰ってくれることがこの仕事のやりがい」と話します。職員としての1日の仕事や、思いについて聞きました。

    hattiki0421

  • 美容師直伝!3歳七五三、女の子の着付け方法を画像付きで紹介

    美容師直伝!3歳七五三、女の子の着付け方法を画像付きで紹介

    子供の成長を祝う大切なイベント「七五三」。いつもの洋服ではない特別な衣装を着てお参りをしたり、記念撮影をしたりと、子供の成長を実感する日ですね。サロンや写真スタジオで着付けをする場合もありますが、自宅で着付けにチャレンジするというママもいますね。初めての場合では特に、何を用意し、どのように着付けたら良いか迷うでしょう。今回は着付けのプロである美容師に、ママがチャレンジできる簡単な着付け方法を聞きました。

    hattiki0421

  • 手づかみ食べは食事の第一歩!保育士と管理栄養士に聞いた、見守り方と調理のコツ

    手づかみ食べは食事の第一歩!保育士と管理栄養士に聞いた、見守り方と調理のコツ

    食べ物を手でつかんで食べる「手づかみ食べ」。赤ちゃんが自分で食事をするときのステップの一つですが、スプーンやフォークの前に手づかみをさせるべきなのか、またいつやめさせるべきか悩むことがあるでしょう。手づかみ食べについて、親子カフェで働く保育士と、幼児食講座を開講する管理栄養士に聞きました。保育士に聞いた手づかみのメリットや、管理栄養士による手づかみメニューのポイントなど、参考にしてくださいね。

    hattiki0421

  • 保育士、管理栄養士に聞く、子供の食べ方や食べる量に関する悩みとの付き合い方

    保育士、管理栄養士に聞く、子供の食べ方や食べる量に関する悩みとの付き合い方

    毎日必ずする「食事」。子供と一緒に囲む食卓は、楽しい日がある一方で大変な日も多いですよね。食事中に遊びだしたり、歩き回ったり。または偏食で出したご飯をほとんど残されたり、逆に親の分まで食べられたりと悩みは尽きません。このような食事の悩みについて、ママたちができることは何かあるのでしょうか。親子カフェで働く保育士のトマトさん、幼児食講座を開講する管理栄養士の隅弘子さんにお話を聞きました。

    hattiki0421

  • 3歳女の子の七五三、毛量&質に合わせたサロンで人気のアレンジ

    3歳女の子の七五三、毛量&質に合わせたサロンで人気のアレンジ

    子供の成長を家族みんなでお祝いする七五三。大きくなったわが子に着物やドレスを着せ、写真を撮ったりお参りをしたりして過ごす一日は、感慨深いですね。せっかくのお祝いの一日、わが子には最高に愛らしい姿でいてほしいもの。衣装はもちろん髪型もこだわりたい一方、3歳の段階での毛量や髪の質には個人差があり、どのようなスタイルが可能なのかが気になります。こども専門美容室のスタイリストの細野由貴さんに人気ヘアアレンジを聞きました。

    hattiki0421

  • 「子供に何もしてあげられなくて…」、精神疾患を抱えたママの思いと支援

    「子供に何もしてあげられなくて…」、精神疾患を抱えたママの思いと支援

    精神疾患を抱えて子育てをするママたちには、自分の症状の悪化への不安や、外部のやり取りとの困難、子供への伝え方への悩みなどの精神的な負担があります。家事や子育てに追われる毎日の中で一生懸命生活する一方、症状によって思うような行動が取れないなどで、子供からどのように思われるか不安に感じているようです。精神疾患は誰でもなり得る心の病気。不安なく子育てをするためには、サポートを受けて心配ごとを少なくすることが大切です。

    hattiki0421

  • 絵本は「食材」!絵本ばあちゃんが伝える、読み聞かせの自由な楽しみ方

    絵本は「食材」!絵本ばあちゃんが伝える、読み聞かせの自由な楽しみ方

    さまざまな物語を親子で楽しめることが魅力の「絵本」。しかし子育てに絵本を取り入れることは、少しハードルが高いと感じているママはいるかもしれません。集中して聞いてくれなかったり、どのような絵本を読み聞かせたら良いかわからなかったりと、絵本は難しいと感じる場面はありませんか。そんな疑問について書籍『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』の著者である「絵本ばあちゃん」こと浜島代志子(はましまよしこ)さんに聞きました。

    hattiki0421

  • 出生前診断を受ける女性たちの思いと、「生む」決断をするために必要なこと

    出生前診断を受ける女性たちの思いと、「生む」決断をするために必要なこと

    出生前診断は、本来妊娠経過を良好に過ごすためや、生まれてくる子供の健康状態を知り、出生後の養育環境を整えるためにあるものです。しかし、検査を受けた女性たちの中には、家族や子供自身の将来について悩んだ結果、生まない決断をする女性が多いことがわかっています。障がい児の育児に対して真剣に考えるからこそ、不安や苦しみがあるもの。それでも「生みたい」と考える女性を支えるには、どのようなサポートが必要なのでしょうか。

    hattiki0421

  • かけっこが速くなるには?専門家に聞いた、2~3歳からできる簡単トレーニング

    かけっこが速くなるには?専門家に聞いた、2~3歳からできる簡単トレーニング

    運動会で「かけっこ」をする保育園、幼稚園がありますね。親としてはわが子がどのような姿を見せてくれるか、ドキドキすると思います。順位よりも楽しんでいることが大切とはいえ、やはり足の速さも気になるというパパママはいるでしょう。足が速くなるために必要な力と、家庭で遊びの中で取り入れられるトレーニングについて、子供向け運動スクールで親子体操クラス、幼児クラスなどを指導している増宮貴志さんに聞きました。

    hattiki0421

  • だいすけお兄さんが映画の主題歌に挑戦。歌に込めたのは「親から子へのメッセージ」

    だいすけお兄さんが映画の主題歌に挑戦。歌に込めたのは「親から子へのメッセージ」

    2017年3月末で『おかあさんといっしょ』を卒業した横山だいすけさん。このたび、大人気の絵本シリーズから映画化された『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ&ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!』の主題歌「さよならだよ、ミスター」でソロCDデビューしました。だいすけお兄さんが曲に込めたメッセージや『おかいつ』の秘話などを語っていただきました。

    hattiki0421

  • 父子の時間をパパの一歩に「子供とパパが伸びる育児」とは

    父子の時間をパパの一歩に「子供とパパが伸びる育児」とは

    ママと一緒に親になったパパ。初めから積極的に育児に関われるパパもいれば、そうではないパパもいます。ママ1人ではストレスを感じる瞬間も少なくない育児、パパと協力したいものですね。東京都江戸川区にある認可小規模保育所「にっこりハウス」の園長、児島史篤(こじま ふみあつ)さんにお話を聞くと、パパが子育てに参加することは家族みんなを幸せにすることがわかりました。子供だけではなくパパも「伸びる」、パパの子育てのコツについてお伝えします。

    hattiki0421

  • 不妊治療の初診7割は「女性のみで行った」、夫が検査を受けたきっかけは?

    不妊治療の初診7割は「女性のみで行った」、夫が検査を受けたきっかけは?

    赤ちゃんを授かるために、病院で診察や検査などを受ける不妊治療。不妊の原因がある確率は、男女およそ半分ずつといわれていますが、治療のために病院へ通い始めるのは女性が先のことが多いようです。夫にも必要な検査を受けてほしいものですが、病院への抵抗感や、「自然に授かるはず」との思いから受診をためらう男性はいるよう。そこで、実際に夫婦で不妊治療を受けた方の「夫に検査や治療を受けてもらったきっかけ」について体験談を集めました。

    hattiki0421

  • 神経質や怖がりな子の「一歩」を見逃さないで、勇気を認める育児を

    神経質や怖がりな子の「一歩」を見逃さないで、勇気を認める育児を

    子供といえば、どんなものにも興味津々、チャレンジ精神豊富な子をイメージしていた方はいるでしょう。しかし、実際には子供の性格は個性豊かで、慎重で怖がりな子や、小さな変化にも敏感で神経質に感じられる子もいます。子供は十人十色と頭ではわかっていながらも、神経質や怖がりな子の子育てに悩むことがあるかもしれません。「このままにしておいて大丈夫?」「ママとしてできることは?」という疑問の答えをお伝えします。

    hattiki0421

  • 名づけはシンプルな「一本道」で。命名研究家のアドバイス

    名づけはシンプルな「一本道」で。命名研究家のアドバイス

    子供が生まれるとき、パパママが悩む「名づけ」。わが子が一生使う名前を決めることは、大きなこと。スムーズに決められるパパママもいれば、どのように決めるか見当がつかないと感じる方もいるでしょう。命名研究家の牧野恭仁雄(まきの くにお)さんによると、名づけで悩んでしまう理由の一つは「自分の本音で名付けていないこと」だそう。つけたい名前があるのに字画で悩んだり、人に相談し過ぎて悩んだりしていませんか?命名は、自分の気持ちに向き合うことから始めましょう。

    hattiki0421

  • 一人っ子の妻が抱える「介護不安」、どのように解消する?

    一人っ子の妻が抱える「介護不安」、どのように解消する?

    将来、必要になるかもしれない親の介護。いつ必要になるか、その時どうすれば良いか具体的には想像しにくく、漠然と心配になっていませんか?さらに自分自身が一人っ子で、お嫁に出ているには余計に、夫の両親と自分の両親、両方とも介護しなくてはいけないのかと不安が募るでしょう。確かに一人っ子の妻が介護をする確率は他のきょうだい構成に比べて高いですが、それでも一人で不安を抱えず、家族で話し合うことが不安の解消につながります。

    hattiki0421

  • サンプルやクーポンがもらえる!プレママ&ママ限定のお得なサービス

    サンプルやクーポンがもらえる!プレママ&ママ限定のお得なサービス

    妊娠、出産の時期には何かと買い物が多くなりやすいもの。そろそろ赤ちゃんグッズをそろえたい、出産後の生活の準備をしたいというママはぜひ、企業のプレママやママ向けサービスに注目してみてください。あらゆる企業でサンプルの配布やクーポンの提供、または割引特典を用意していますよ。知らなければ特典を受けないまま終わってしまうかも。後悔する前に、お得な情報をチェックしてくださいね。

    hattiki0421

  • 早生まれの子は感性がぐんぐん伸びる!わが子の成長に注目して

    早生まれの子は感性がぐんぐん伸びる!わが子の成長に注目して

    早生まれの子を育てるママは、保育園や幼稚園などの集団生活を前に「わが子は周りについていけるかな」と不安になりやすいもの。月齢の差はある程度大きくなるまでは続き、特に赤ちゃんのうちは差を感じることが多いかもしれません。しかし、早生まれだからといって、心配することはありません。子供の将来に対する早生まれの影響や、ママができる関わり方のコツについてお伝えします。現役保育士の意見によると、早生まれの子だからこそぐんぐん伸びる能力があるそうですよ。

    hattiki0421

  • 「私のママはどうしたの?」精神疾患に悩む親がいる子を支えるには

    「私のママはどうしたの?」精神疾患に悩む親がいる子を支えるには

    誰にでも起こりうる心の病気。子育て中の親の中にも、心に病気を抱えて治療をしながら生活をする人たちがいます。心身ともに健康な親であっても「休みたいときに休めない」「育児に疲れた」と感じる場面があるものですが、精神疾患の症状があればなおさらつらいでしょう。親が懸命に育児をする一方で、生活をともにする子供もまた、親の具合について考えたり、生活について悩んだりすることがあります。子供が安心して生活していくためには、周囲の支援が必要です。

    hattiki0421

  • 46.9%のママは「出産を機に離職」、女性の働きやすさのために必要なことは?

    46.9%のママは「出産を機に離職」、女性の働きやすさのために必要なことは?

    国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、出産をきっかけに約半数のママが勤めていた仕事を離職しています。子育てをしながら働き続けたいと考えるママも多くいる一方で、働くことをためらってしまう理由にはどのようなことがあるのでしょうか。ママたちの声を聞くと、産休育休制度が使えない、使いにくい職場であることや、子育てならではの事情で早退、欠勤することに対する周囲の反応など、職場環境への不安があるようです。

    hattiki0421

  • 子育て中の就職、転職の条件は?ママたちが考える「理想の職場」とは

    子育て中の就職、転職の条件は?ママたちが考える「理想の職場」とは

    子育て中の就職や転職は心配ごとが多いですね。子供の体調不良による早退や欠勤、また保育園の保育時間による働く時間の制約など、ママ自身の気持ちだけでは同僚と同じだけ働くことはできないため、負い目を感じたり、働きにくさを感じたりする事例があるようです。新たな就職先や転職先を探すときには、自分がどのように働きたいのか理想をはっきりさせ、それを実現するために必要な制度が整っていて、さらに実際に活用されている職場を探すようにしましょう。

    hattiki0421

  • 子供に自転車を教えるステップは?安全と上達のためのアドバイス

    子供に自転車を教えるステップは?安全と上達のためのアドバイス

    大人になると多くの人が乗っている自転車。子供たちも成長につれて自転車に興味を持つことがあるかもしれません。しかし、自転車は練習せずにすぐ乗れるものではなく、パパやママと一緒に練習が必要でしょう。自転車を教えるには、まずは安全のための点検をし、ヘルメットや手袋などのグッズを用意することが大切です。練習では焦らず、バランスを取ることからゆっくり教えていきましょう。

    hattiki0421

  • 叱りすぎた時はどうしている?先輩ママたちのフォロー方法

    叱りすぎた時はどうしている?先輩ママたちのフォロー方法

    子供を叱ったあと、子供の気持ちのフォローをしていますか?しつけはしなくてはいけないものですが、子供になかなか思いが伝わらず、気づくと大声を出したり、叱りすぎたりしてしまうことがあるかもしれません。そのような時、先輩ママやパパはどのようなフォローをしているのでしょうか?4歳と2歳の子供を育てる私の場合と、先輩パパ、ママたちのさまざまなフォロー方法をご紹介します。家庭に合ったフォロー方法で、子供に愛情を伝えてくださいね。

    hattiki0421