小学校受験の費用はどのくらいかかるの?塾などお受験にかかる費用を解説!

最近、首都圏を中心に小学校受験をさせる家庭が増えているといいます。小学校受験を検討するにあたり、気になるのは受験に必要なものはなにか、費用はどれくらいかかるのかということですよね。そこで、小学校受験に必要な事柄や、それらにかかる費用をまとめました。小学校受験を考えている方は参考にしてみてくださいね。

小学校受験!どんなことが大切?

最近、首都圏を中心に多くなっている小学校受験。子供に小学校受験をもう決めているママや、どうしようかなと迷っているママもいると思います。そんなときまず疑問に思うのが、どんなことが必要なの?ということですね。

小学校受験は、中学や高校の受験と違い、小学校の勉強の基本になる言葉と数の概念の理解や、友だちとの関わり方・マナー、季節の行事や、四季の自然に関することなど、幅広い分野の知識が必要になります。

挨拶や基本的な生活習慣、季節を感じるための外遊びなどは、小学校受験をする、しないに関わらず家庭で身に着けることができる部分と言えるでしょう。その他、友達との関わり方や小学校受験のコツなどは、やはり専門的に学ぶほうが好ましいようです。

小学校受験に必要なことって?お受験にかかる費用はどれくらい?

では、小学校受験に向けて、必要なコト&モノを具体的に見ていきます。合わせて、それぞれかかる費用もご紹介しますので、参考にしてみてください。

塾(幼児教室)

幼児教室

小学校受験をするにあたり、多くの人が通うのが、塾(幼児教室)です。

基本的なマナーなどは家庭でも身に着けることができますが、塾(幼児教室)では、集団の中における友達との関わり方や、受験の傾向やコツなどを教えてもらうことができるので、通っておく方が好ましいようです。

期間は年中の頃から1年間かけて通う場合が多いと言われています。

費用は?

塾(幼児教室)は大抵週2回ほどあり、家庭によっては、他にも様々な塾(絵画教室や体操教室など)を掛け持ちで通わせる場合もあるので、個人差はありますが、月に約10~15万ほどが平均になります。

模試

受験 小学校

小学校受験が近づいてくると、幼児教室などで模試を行うことがあります。

模試をすることで、小学校受験のリハーサルをすることができ、また、自分のレベルも知ることができるので、小学校受験をするにあたり、有効な事柄になります。

費用は?

回数に関しては、通っている幼児教室の勧めにもよりますが、1回の模試で平均1~2万円かかります。少ない人で3回ほど、多い人で10回ほど受けるようです。

お受験のための洋服

受験 小学校

小学校受験は、子供本人だけでなく、家族全員での面接がある場合がほとんどです。そのため、小学校受験用の洋服を家族全員新調する家庭も多いようです。

費用は?

もうすでにママは上の子の時に購入済みという場合もありますので、個人差がありますが、家族全員の洋服を買った場合、3~5万円の出費となるようです。

小学校のお受験にかかる費用

費用

小学校受験を受けるための費用が必要です。国立、私立の小学校によって費用に幅があります。多くの学校を掛け持ちする家庭も多く、3~4校が平均のようです。

費用は?

国立小学校の場合は、3300円、私立小学校の場合は、2万~3万円が平均となります。

全部でどれくらいの費用がかかる?!体験談

費用

小学校受験をするにあたって必要な主な事柄をご紹介しましたが、トータルすると、平均で50万~300万ほど費用がかかるようです。

金額にかなり幅がありますが、これは通う幼児教室の数や、模試の回数、受験する学校の数など、個人差があるためです。

では、実際、小学校受験を経験したママたちの体験談をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

体験談①~4校受験!年少から始めてトータル約300万円

幼稚園年少の冬から幼児教室に通いました(年少週1回、年中・年長週2回)。
かかった費用は教室の授業料、入試直前講習会、模試(13回ほど)を含め月平均25万円ほど。
4校受験。トータルで年長時は300万円余。 出典: www.ojuken.jp

年少さんの頃から小学校受験をイメージして幼児教室に通った場合です。準備期間が一年間多いため、トータルの金額も若干高めになっています。

体験談②~ドリルも活用!年長から始めてトータル50万円

年長の春から自宅でドリル学習を始め、5月から体操教室に、9月下旬~10月まで個人の幼児教室に通いました(それぞれ週1回)。
かかった費用は、ドリルが1冊2,000円、体操教室の授業料は月8,000円、幼児教室は計10万円ほど、模試は1回1万5,000円(10回)、母親の面接用服が7万円(丸襟のツーピース)。
白百合学園のほか2校出願。準備費用はトータルで50万円ほど。 出典: www.benesse.co.jp

年長からなので、平均よりも始まりは遅めなのですが、自宅でのドリル学習と幼児教室を並行して行ったそうです。トータル金額は低めの50万円です。

体験談③~年中から始め、教室に3つ通ってトータル200万円

幼稚園年中から大手幼児教室に通いました(週2回)。他、リトミック教室と週末の体験教室にも通いました。
年長のときにかかった費用は、授業料が月13万円ほど。模試は1回1万円ほど(3回)。
受験用の服として7万円ほど(半袖・長袖ブラウス、ワンピース、ジャケット、体操着上下、靴)。
母親のスーツが10万円。願書用写真2万円。2校受験。
トータルで200万円ほど。 出典: www.ojuken.jp

小学校受験をする大抵の家庭が幼児教室に通っていますが、この家庭のようにその他にも教室を掛け持ちすることも多いようです。2校受験して、平均の200万円かかっています。

家族でよく話し合って、小学校受験に向けたプランを組もう!

家族

いかがでしたか?小学校受験をするにあたっては、塾や模試、受験費など、やはり多くの費用がかかります。ですが、体験談でもご紹介した通り、準備を始める時期や、受ける学校の数などによっても、かなり費用に幅があります。

小学校受験は、その後の進学に有利で、友達もずっと一貫して繋がっていられるなど、多くのメリットがあります。たくさんの費用がかかることは、小学校受験のデメリットとしてよくあげられていますが、やり方によっては、最小限にとどめることも可能です。

家族でよく話し合い、自分たちにぴったり合ったプランを組み、小学校受験に向けて頑張っていきましょう。

「小学校受験」「費用」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!