災害に備えて知っておきたい!簡易おむつと簡易ナプキンの作り方

災害時には色々な物資が不足します。そんな中で女性やママが特に困るのが、生理用ナプキンや子供用のおむつではないでしょうか。緊急時のために覚えておきたい簡易おむつと簡易ナプキンの作り方を東京防災の防災ブックから紹介します。他人事と思わずにしっかりと準備をしておきましょう。いつでも見られるように、右上の星印をタップして、お気に入り登録しておくと良いですよ。

PIXTA

簡易おむつ、簡易ナプキンが作れる準備をしておこう!

災害時に困ることがあるのが排泄処理。赤ちゃんであればおむつ、女性であれば生理用品など必需品になるものがいくつかあると思います。

布おむつや布ナプキンで良いと思うかもしれませんが、飲み水の配布はあっても洗濯用の水までは確保できるかわかりません。使い捨てできる簡易おむつと簡易ナプキンが作れるように準備しておくととても便利です。

もちろん、ライフラインが復旧したあとも衛生用品の入手が困難な可能性があるので、布おむつや布ナプキンを準備しておくと良いでしょう。

今回はもしものときの備えとして知っておきたい、簡易おむつ、簡易ナプキンの作り方をご紹介します。

簡易おむつの作り方

おむつ PIXTA

持ち手付きのレジ袋は、100円ショップなどで購入可能です。簡易おむつ以外にも新聞紙をつめて簡易トイレにつかうなどレジ袋は役に立つので、災害用に準備しておくといい物の1つかもしれませんね。

材料

  • 持ち手付きのレジ袋
  • タオルや古着などの布
  • ハサミ

作り方

レジ袋 PIXTA

  1. レジ袋の持ち手と、両脇のマチを切って縦長に開く
  2. 中央にタオルなどを切って敷く
  3. 赤ちゃんの体に合うように、上下の持ち手部分をくるくる巻いて調節する
  4. 紙おむつと同じように、簡易おむつの上に赤ちゃんを乗せて、左右の持ち手を腰の位置で結ぶ

画像付きの詳しい作り方

簡易ナプキンの作り方

悩み PIXTA

簡易ナプキンは、耐水性はないので、下着にビニール袋やラップを巻き付けるなどすると下着が血液で汚れません。作り方をぜひ見ておきましょう。

ラップは食器にかぶせてから食べ物を乗せると、洗う水や洗剤が必要ないので災害時には役に立つアイテムです。こちらも災害用に準備しておくと良いでしょう。

材料

  • タオルハンカチ
  • ティッシュペーパーや余り布

作り方

  1. タオルハンカチをひし形に置き、両側を下着の幅に合わせて中央に折り込みます
  2. タオルハンカチの中に、ティッシュペーパーや余り布を入れます

画像付きの詳しい作り方

出典元:

安心のために、防災用品の見直しを!

タオル PIXTA

災害時に役立つ簡易おむつと簡易ナプキンの作り方を紹介しましたが、参考になったでしょうか。もちろん災害が起こらないのが一番良いのですが、起こった時に困らないように準備はしておきたいですね。

おむつが取れたと思っていた子でも、災害時には精神的なストレスからトイレの失敗が増えることもあります。念のためにも、捨てようと思っていたタオルや服を災害用に保管しておきましょう。

今話題の記事

「おむつ」「ナプキン」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!