Twitterで話題の漫画「避難所での生理用品は贅沢品」という男性の声に応えます

Twitterで話題の育児マンガ作者、眉屋まゆこさん。現在0歳の赤ちゃんを子育て中で、育児ママが思わず笑ってしまう育児漫画を日々投稿されています。「可愛い」「癒される」という場面ばかりでなく、ママの苦労もひしひしと伝わる漫画に共感の声殺到中!また、震災時の避難所で必要な「ある物資」に関する漫画も大反響を呼んでいます。

画像:pbs.twimg.com

Twtterで話題!育児漫画を投稿中「眉屋まゆこ@m_mayuya」さん

Twitterで0歳児育児中の日常を、漫画にして投稿しているあるママが今、注目を浴びています。

アカウント名は「眉屋まゆこ」さん。0歳の男の子のママで、日々の息子さんの成長や育児のあれこれについて、可愛いマンガで紹介しています。

どの漫画も、同年代の赤ちゃんを育てたことがあるママたちなら「うんうん!」「わかる!」と共感できる漫画ばかりで、その愛らしさに癒されたり「がんばれ!と応援したくなったり♡

今回はたくさんの投稿された漫画の中から、特におすすめの作品をご紹介します。

見ると元気が出る!眉屋まゆこさんの育児漫画

数ある育児漫画の中から、筆者が特に共感&笑わせていただいた漫画を2つご紹介します。身に覚えのある方も多いのでは?

1.おもちゃ↔家事のシャトルラン…

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

そう!赤ちゃん用おもちゃの音楽や音の機能って、ちょっと短いんですよね。もう自分で操作できるようになった赤ちゃんならばいいのですが、まだ自分でボタンを押せない赤ちゃんは、音が止まるたびにママを呼び出すのです。

筆者は永遠にシャトルランを続けヘトヘトでしたが、眉屋さんの悪役ごっこを試してみればよかったと思っております。

みなさんもシャトルランの経験、ありませんか?

2.親の思うように、赤ちゃんは反応してくれない…

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

Eテレで流れる音楽など、赤ちゃんがとっても夢中になって観ているので、喜ばせてあげようと、一緒に歌ったりマネをしてあげるのですが、思ったほど喜んでくれなかったこと、ありますよね。

歌わないでよ、と言わんばかりに顔をペチペチたたかれると、切なさが押し寄せてきます…。

避難生活を送る方への”ある物資”に関する意見にも注目

そんな「ゆるい系」育児漫画を数多く投稿している眉屋さんですが、先日熊本地震での避難生活における「あること」に関して、意見を漫画にして投稿し、話題になりました。

避難所での「生理用品」は贅沢品?

14日と16日に大きな地震が起こった熊本地震では、多くの建物被害があり、自宅に戻ることができない避難者数は、20日現在、約9万2千人。余震への恐れから、いまだ車中泊を続ける避難者もたくさんいるのだそうです。

熊本の住民のことを思い、各地では物資を集めて送る動きが見られ、現地にも物資が届けられ始めています。食べ物や水などの食料品のほかにも、赤ちゃん用のオムツやミルクなど、生活に最低限必要な「生活必需品」から優先して、住民のもとに届けられています。

生理用品は贅沢品?

生理用品は贅沢品?

女性の生理に対し、誤った解釈をしている男性もいるようで「生理は1日で終わる」「動物の生理と同じく、多少の出血しかしない」「ティッシュでも代用できる」と考えている方も存在するようです。

「避難所での生理用品って贅沢じゃない?」という男性の声にこたえます。

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

男性には理解しにくい、女性の生理現象である「生理」。ある程度若い世代では、男女交えて保健体育の授業で学んだ世代もいるようですが、昔は女性の体に関することはタブー視されていたのか、生理に関する授業は男女別だった世代も多いですよね。

避難所にはさまざまな世代の男性がおり、「女性蔑視」や「女性への嫌がらせ」で配布しないのではなく、本当に必要性について知らない世代の方もいるのではないかと思います。

また、避難生活という特殊な環境の中で、普段なら他人を思いやれるけれど、今は精神的に不安定で、他人を思いやれないこともあるのかもしれません。

特に異性への理解は、男女関係なく難しい部分があるものです。男性批判という意味ではなく、単に「生理用品の必要性を知ってほしい」という意図で描いたと眉屋さんも語っています。

漫画に対しては賛否の声がありました。

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

眉屋まゆこさんの育児漫画 画像:twitter.com

漫画にはたくさんの反響があり、「共感!」「素晴らしい」「参考になった」という意見が多かったのですが、中には「生理はそんなに生易しいものじゃない、もっと詳しく描いてほしかった」という意見や、男性からは「生理用品のことくらい知っている」「無駄に男性を叩くな」という意見もありました。

生理に関しては女性の中でも個人差があり、一概に言えるものではありません。これはあくまで例としてとらえるべきですね。

男性からは「男性の生理現象も理解して」という声も

男 悩む

また、男性からは、男性の生理現象にも理解を示してほしいという意見もあったそうです。男性の性的な衝動は生理的なものだという意見では、その衝動を処理するための道具も、避難バッグの中に入れておくべきという議論も。女性の中には「理解しがたい」という声もあります。

しかし、実際に過去の震災でも、避難所付近での性犯罪が起きた例があります。これが「生理的な衝動」による行動なのか、単なる悪意を持った犯罪なのかは議論が必要ですが、「性衝動」を理解できない女性も多いでしょう。異性を理解するということはお互いに困難なこともありますよね。

こうした意見についても「本当に必要なら真剣に考える必要があります」と、眉屋さんも語っています。決して茶化すための例ではないのです。

「今後は育児漫画ツイートに戻る」…眉屋さんの今後の育児漫画にも期待!

画像:twitter.com

今回の震災に関連した漫画に対して、予想以上の反響に驚いた様子の眉屋さん。

あまりのリプライの量に、今は「追うのをあきらめている」状況なのだそうです。反響は賛否あったと思いますが、この漫画は社会に大きな影響を与え、今まで生理用品について考えたことのなかった男性や、避難バッグに生理用品を入れていなかった女性に、たくさんの気付きを与えてくれる、貴重な漫画であると思います。

今後はまた、息子さんの成長記録などの育児漫画に戻るのだそうですが、これからも可愛くて笑えて、癒される漫画をたくさん投稿してほしいですね。今まで通りの眉屋さんに、期待のエールを送りたいです!

※なお、掲載については 眉屋まゆこ様より許可を得ております。

「眉屋まゆこ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!