食べちゃいたい可愛さ!インスタグラムで「#ベビフルーツ」が流行中

今、インスタグラムで「#ベビフルーツ」というハッシュタグが流行っているのを知っていますか?ブームのきっかけを作ったのは、赤ちゃんの頭をキウイに見立てた写真。その後、赤ちゃんのおしりを桃に見立てた写真や、バナナの皮をむいたら赤ちゃんが出てきたような写真などが続々と登場し、ついには子供とフルーツのコラボ写真を投稿する「#ベビフルーツ」というタグができたんです。そんな可愛い写真の一部をご紹介します。

可愛い写真が集まる「#ベビフルーツ」って、どんなタグ?

最近、ママたちの間で話題になっている「#ベビフルーツ」というタグを知っていますか?

インスタグラム内で「#ベビフルーツ」と検索してみると、フルーツと子供が一緒に写ったユニークな写真がずらりと並びます。

このまま大ブームになりそうな「#ベビフルーツ」。

このタグに投稿された写真の中から、可愛くてユニークなアイディアをいくつかご紹介します。

ブームの火つけ役は「キウイ」の写真

ベビフルーツの流行のきっかけになったのは、短い毛がふんわりと生えた赤ちゃんの頭をキウイに見立てた写真。

この写真が投稿されるとインスタグラムを見て真似するママが続出し、あっという間に広がりました。

ちなみにこちらは4ヶ月の赤ちゃんの写真です。まあるい後頭部にシールを貼ると…キウイにそっくりですよね。

プリップリのあの部分を「もも」で表現

続いて話題になったのは、赤ちゃんや子供のおしりを桃にみたてた写真です。

ラフに撮影された写真に見えますが、おしりの部分にぴったり合うように遠近感を調節しながら桃を写すのは、けっこう難しいそうです。

インスタグラムで「#リアル桃尻」を検索すると、おいしそうな桃尻フォトをたくさん見ることができます。

ビキニの形に皮をむけば、みずみずしい桃ビキニも作れます♪

赤い色が目をひく「スイカ」を使った投稿も

「#ベビフルーツ」が流行り出したのは夏ということもあり、スイカを使った投稿も目立ちます。鮮やかな赤い色は、インスタグラム上でも目を引きますよね。

スイカの一部をくりぬいて、こんなふうにフレームとして使ったり…

スイカをワンピースにみたてて撮影してみたり。とっても楽しそうですよね!

ちなみにこちらの女の子のママは、スイカを食べている途中、汁でよごれた服を脱がせた時にスイカワンピースのアイディアをひらめいたようです。

できあがった写真を見て、本人も感激していたのだとか…♡

スイカの中からパカッと生まれたような、こんな写真も。

余談ですが、この立派なスイカはおじいちゃんが育てたものだそうです。

「ブドウ」を使って憧れの髪型に

粒が小さめのぶどうを使えば、赤ちゃんでも憧れ(?)のアフロヘアに変身できます。

フルーツではありませんが、レタスでもアフロヘアを表現できるようです。

「パイナップル」を使ってもっと憧れている髪型に

パイナップルを使えばモヒカンヘアも作れます。

穏やかな赤ちゃんの顔とパイナップルで作ったモヒカンとのギャップがなんともいえません♡

「バナナ」の皮をむくと…?

バナナは赤ちゃんや小さい子供のいる家庭にとって、1番身近なフルーツですよね。

バナナの皮をむくと…中から可愛い赤ちゃんが登場!

ちょっと珍しい?「いちじく」をつかった写真もあります

こちらはいちじくをつかっておかっぱヘアを再現。

ちょっとヘルメットのようにも見えますが…可愛いですね♡

ボリュームボディを作りだす「トマト」の写真

男の子がトマトを服にいれて遊んでいるこんな写真も。

こちらの男の子はママのおっぱいが大好きだそう。そういわれてみると、トマトのおっぱいを手でさわって満足気な表情をしている…かも?

桃尻ならぬトマト尻?

家庭菜園でとれたという収穫したてのトマトと、赤ちゃんのみずみずしいコラボフォトですね。

「#ママリベビフルーツ」で投稿してみよう!

「#ベビフルーツ」に集まった写真の数々、いかがでしたか?

撮影し使用したフルーツや野菜は、撮影後に家族みんなで召し上がってくださいね。

また、果物の毛や汁にかぶれたりアレルギー反応がでるお子さまもいるため、注意をしながら撮影することをおすすめします。

我が子とフルーツの写真をぜひ撮ってみたい!という方は、撮影した写真に「#ママリベビフルーツ」のタグをつけてインスタグラムに投稿してみてくださいね。

ママリの公式インスタグラムでとりあげられるかもしれませんよ♡ 

※記事中で紹介した画像は、全て撮影者ご本人に使用許可をいただいております

ママリ公式インスタグラム

「インスタ」「ベビフルーツ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!