子役から大人の俳優へ...神木隆之介の成長の道にある「ジブリ」との意外なつながり

子役として有名だった神木隆之介さん。現在では大人の俳優として「バクマン。」や「桐島、部活やめるってよ」などの人気作品に登場しています。そんな神木さんですが、声優としても多くの活躍を見せていることを知っていますか?そして声優として成長してきた道のりには、あのスタジオジブリとの深い関係がありました。あの役もあの役も、神木隆之介さんだったとは...。2歳の子役から23歳に成長した神木隆之介さんの足跡を追いました。

子役からジブリアニメの声優に 幅広く活躍を続けてきた神木隆之介

幼い頃から子役として素晴らしい活躍をしてきた神木隆之介さん。パパママたちがまだ子供のころから見ていたという方も多いのではないでしょうか。

人気ドラマの子役として活躍していたイメージの強い神木隆之介さんですが、実は多くのジブリ作品で声優を務めていたことを知っていますか?出演したジブリ作品を振り返っていくと、神木隆之介さんとジブリの強いつながりが見えてきました。

今回は人気子役から声優、そして大人の俳優になった神木隆之介さんについてたっぷりご紹介します!

神木隆之介さんプロフィール

  • 生年月日:1993年5月19日(23歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:167㎝
  • 出演作:大河ドラマ「義経」,フジテレビ「涙をふいて」,映画「桐島、部活やめるってよ」映画「バクマン。」等多数

2歳で子役としてプロダクションに所属し芸能界入りした神木隆之介さん。抜群のかわいらしさで、すぐに有名子役として活躍を始めました。

1996年放送のドラマ「グッドニュース」に出演した時はまだ3歳。それでもしっかりとした演技を見せ、注目の子役として成長を続けていきました。大河ドラマ「義経」にも12歳で出演。小学生とは思えない貫禄の演技でしたね。

子役としての活躍から大人の俳優に成長していった神木隆之介さん。今では多くのアニメ作品に出演する声優としての活躍も目立ちます。その成長の道のりには「スタジオジブリ」との強いつながりがありました。

子役から青年へ ジブリ作品とともに成長してきた神木隆之介

子役から青年へと成長していった神木隆之介さん。神木隆之介さんの成長の足跡をたどってみると、「スタジオジブリ」との意外なつながりが見えてきました。

芸能界入りのきっかけは母。「生きている証を残すこと」

神木隆之介さんは、実は生後まもなく重度の感染症を患ってしまい「生き残る可能性は1%」と言われていたのだそう。そんな中、2歳まで元気に成長した神木さんを育てていたお母さまが「生きている証を残したい」と子役事務所に登録したのが、芸能界入りのきっかけでした。

子役として1999年放送のドラマ「グッドニュース」でデビューし、めきめきと頭角を現していった神木隆之介さん。当時の姿は本当に可愛らしく、子供のころの筆者から見ても印象的でした。

8歳で「千と千尋の神隠し」に坊役で出演

神木隆之介さんの声優としてのデビューは2001年、8歳で出演したジブリ作品「千と千尋の神隠し」での坊役でした。

「泣いちゃうぞ」というセリフが印象的な大きな赤ちゃん、坊。その声は本当に8歳の子が演じているとは思えないほど、役にぴったりとはまっていました。その時のことを、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんは「天才的な才能を発揮してくれた」と言っています。

当時の神木さんは電車が大好きな普通の男の子で、収録現場でも鈴木さんに電車の話ばかりしていたのだそう。天才子役と言えど、中身は普通の男の子だったんですね。

11歳で演じた「ハウルの動く城」のマルクル役が話題に

続いて2004年に公開された「ハウルの動く城」ではハウルの城に住む「マルクル」を演じ話題に。可愛い男の子でありながら、時にはおじいさんの姿に変身し、来客時には「待たれよ」と、ちょっとおじいさんぶった口調で話すのが可愛いマルクル。

当時はまさかこの役を11歳の子供が演じているなんて誰も予想しておらず、大きな話題になりました。物語の中の重大な役割を果たすマルクル。セリフも多く、多彩な表現が必要になるこの役を、まだ小学生という年齢でこなした神木さん。裏ではすごい努力をしていたのでしょうね。

17歳で「借りぐらしのアリエッティ」の翔役 子供から青年へ

それまでのジブリ作品では「幼児」を演じてきた神木さんが、少年の役へと変わったのが「借りぐらしのアリエッティ」。重い心臓病を患っている翔を演じました。どこか寂しげで静かで、でも自分の意志を貫いてアリエッティを守る翔の、心の移り変わりや台詞に出てこない感情すらも視聴者に響くような、素敵な演技でしたね。

この作品の監督は宮崎駿監督ではなく米林宏昌監督。米林監督は、実はカオナシのモデルとなった人なのだと、この作品を作るときに初めて聞いた神木隆之介さん。「米林監督と接するときにはカオナシのことが頭から離れなくなってしまったんです」と語っています。坊を演じた神木さんにとってカオナシは身近な存在なだけに、印象深ったのでしょうね。こんなところにも小さいころからのつながりがありました。

ジブリ短編作品や海外アニメ映画の日本語版作品にも参加

長編ジブリアニメ以外にも、ジブリ美術館で公開されている短編映画「星をかった日」(2006年)や、高畑勲監督が、フランスで公開されたアニメ映画作品を日本語版で製作した「キリクと魔女」にも出演している神木さん。

すでに5本ものジブリ作品に出演しているなんて、23歳という若さでは驚異的ですよね。

借りぐらしのアリエッティ出演時にはスタッフから「5作品に出てもらっている隆くんをまた使うのか」という声もあったそうですが、鈴木プロデューサーは「上手いんだから仕方ない」と起用を決めたのだそうです。若くしてすでに絶対的な信頼を得ているとは...すごすぎますね!

役作りの秘訣は「オタク気質」!?

幅広い役をしっかりと演じ分け、独特の役作りをしているように感じる神木さん。実はその役作りの秘訣は「オタク気質」なのだそう。

俳優として、映画「桐島、部活やめるってよ」でオタク役を熱演した神木隆之介さん。実は神木さん自身、アニメや漫画、鉄道が大好きなオタクなのだとか。この作品を演じてから「自分はオタクでよかった」と感じたのだそうです。

「オタクだからこそ好きなことを追求できる」

知らないより知っている、好きでいることで、できることはあると思います。そのひとつの漫画実写化であれば、一つひとつのお芝居をこうしたい、こう見せたいという、役を追求できる興味とエネルギーが自分にあることがよかったと思っています。役者それぞれにベクトルがあって、みんな違うアプローチの仕方、持っているエネルギーがあると思います。
出典: www.oricon.co.jp

漫画やアニメが大好きな神木さん。だからこそ、アニメ自体の世界観をしっかり意識して、その中に自分が本当に生きているかのような演技ができるのですね。また、自分が出演したい作品については、出演が決まっていなくても役作りをすることがあるのだそう。まさにオタク気質...!

そんな神木隆之介さんの「オタクっぽさ」こそが、神木さんの多彩な表現や役作りの素晴らしさに繋がっているのかもしれません。

ジブリをきっかけに多くの作品で活躍 今夏は「君の名は。」が大ヒット!

ジブリ作品での熱演が評判になった神木さんは、劇場版「ドラえもん」や「サマーウォーズ」等のアニメにも出演。また、海外作品の吹き替えにも挑戦しています。俳優として「脳内ポイズンベリー」「バクマン。」等に出演しながら、声優としても活躍の場を広げていった神木さん。今では「元子役」という印象だけではなく、実力派俳優、声優としてのイメージも浸透してきました。

この夏は声優として出演している新海誠監督の長編アニメーション「君の名は。」が大ヒット。8月26日からの2日間で約59万人もの観客を動員。CMで放送されている神木さんの「君の名は...!」というセリフが印象に残りますよね。

深海監督のファンでもある神木さんはこの作品について「感動しました。1回目に見たときは、自分と切り離せずに不安だったんですが、3回目ともなるといい意味で切り離せた。ファンとして、これからずっと見たい作品」と語っています。育児で忙しいママたちはなかなか映画館には足を運べませんが、気になる作品ですね!

芸歴21年でもまだ23歳!”実力派オタク”の神木隆之介さんに今後も注目です

2歳で芸能界入りした神木隆之介さんは。今年でなんと芸歴21年。それでもまだ23歳という超若手なのです。「子役は大人になると活躍できない」というジンクスを吹き飛ばし、自分の足で俳優と声優としての道を歩んでいる"実力派オタク"神木隆之介さん。

来年は人気漫画「3月のライオン」の実写版への出演も決まり、また新たな一面が見られそうです。今後はまたジブリ作品での活躍も見られるかも?子役から大人になった神木隆之介さんの今後に、これからも注目です!

「神木隆之介」「ジブリ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!