布団圧縮袋の使い方って?コツや注意点は?おすすめの圧縮袋10選もご紹介

季節の変わり目になると発生するのが衣替えです。服と同様、布団も暑くなってくると毛布や掛布団は片付け、タオルケットなどを出して夏仕様に変更する方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。しかし、布団は収納する際に場所を取ってしまい、なかなか大変ですよね。そんな時に大活躍するのが布団圧縮袋です。押入れの収納スペースを、なんと約3分の1程度に減らすことが出来ます。布団圧縮袋を正しく使って押入れの中をスッキリと収納させましょう。

PIXTA

布団圧縮袋の種類と使い方の違いをご紹介

布団圧縮袋と聞きますと、大体の人が同じ形状のものを想像するのではないでしょうか。

実は、布団圧縮袋にも種類があり、大きく分けると4種類の形状があるのです。そんな布団圧縮袋を、種類ごとの違いと使い方の違い、合わせて紹介していきたいと思います。

布団圧縮袋の種類

布団 PIXTA

  1. 布団圧縮袋M2枚(ジッパー式)
  2. 自動ロック式圧縮袋(バルブ式)

布団圧縮袋は2種類あり、一つはジッパー式の物、もう一つはバルブ式の物になります。

ジッパー式の布団圧縮袋は、布団を入れてジッパーを閉めた後に端から掃除機で空気を抜いていくタイプのものになります。このタイプが一番王道ですよね。

バルブ式の圧縮袋はオートロックであとから空気を抜いていきますので、安心・安全に布団を圧縮することが可能です。しかし、ジッパータイプの物に比べて少しお値段が高いということが難点です。

布団圧縮袋を使用する上でのコツと注意点

布団 amana images

布団圧縮袋を使用する上でコツと注意点をご紹介していきたいと思います。

布団圧縮袋を選ぶコツや、羽毛布団のしまい方までご紹介していきますので、これから布団を片付けようと思っている方は是非ご参考になさって下さい。

1.迷ったらマチのあるものを選びましょう

布団 PIXTA

上記でご紹介したように、布団圧縮袋にも種類があり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、マチがついている布団圧縮袋です。布団は膨れやすいので袋に入れる時に、どうしても膨れてしまって溢れてしまう、ということが起きてしまいます。

そんな時に便利なのがマチ付きの布団圧縮袋です。普通の物より少しお値段が高くなってしまいますが、マチが付いているだけでストレスフリーな圧縮が可能です。

迷ったらマチ付きの物を選ぶということをおすすめします。

2.バルブ式は安心安全に使うことが可能です

掃除機 PIXTA

バルブ式とジップ式の物があるとお伝えしましたが、バルブ式の物はバルブに掃除機のノズルを当てて中の空気を吸い出すタイプのものとなります。

物にもよりますが大体のものは掃除機で吸引している間は隙間が開き、吸引が終わると自動的にバルブが閉じるオートロック方式です。逆流しそうになると弁が閉じますので逆流の心配もありません。

事前に布団を入れた後にファスナーをすべて閉めますので、吸引が終わった後に慌てて残りのファスナーを閉める、ということも発生しません。掃除機で吸う時にファスナーが開いていると分かりますので、心配せずに作業が出来ます。

3.ジッパー式は手間がかかってもリーズナブル

布団 PIXTA

ジッパー式の布団圧縮袋はバルブ式の圧縮袋に比べてリーズナブルなものが多いです。バルブ式の物が、Lサイズ1枚あたり平均700円と割り高な価格設定になっているのに対し、ジッパー式の物はLサイズ1枚あたり平均200円程度とお手頃で、ダイソーなどの100円ショップでも購入することが可能です。

複数枚を買うとなると少し金額の差が大きくなってしまいますので悩み所ですよね。ジッパー式の物は、圧縮袋の中に布団を入れた後、入り口部分を少しだけ開けて閉めた後、残した隙間から掃除機で中の空気を吸い上げるという手順になります。もれてしまう可能性があるということと、空気が逆流する可能性があるというリスクはありますが上手くやればきちんと圧縮することが可能です。

手間をかけてもリーズナブルに済ませる方法を選ぶのは、家計を握るママにとって重要なことですね。

4.圧縮後の厚みは?

布団 amana images

バルブ式、ジッパー式の圧縮袋を比較してきましたが、圧縮した後の厚みがどれくらいになるのか気になりますよね。圧縮した直後の厚みは変わりませんが、その後48時間が経過したのちの布団の厚みを計測してみた結果、ジッパー式の布団圧縮袋で圧縮した布団は平均プラス10cmという結果が証明されました。

それに比べ、バルブ式の布団圧縮袋で圧縮したものは48時間経過後も変わらぬ厚みでしたので、圧縮した後の厚みにこだわる方は、バルブ式の布団圧縮袋をおすすめします。

5.羽毛布団はどうする?

羽毛布団 PIXTA

羽毛布団も、夏になると圧縮して片付けるという方も沢山いらっしゃると思います。軽くて暖かいけれどかさばりやすい羽毛布団は、圧縮しても大丈夫なのでしょうか。

実は、羽毛布団は負荷がかかった場合に穴が空いてしまう場合があり、少しでも開いてしまいますとその部分からどんどん羽毛が出てきてしまうのです。

その為、羽毛布団には圧縮袋の使用はNG。通常のの圧縮袋を使わず、羽毛布団専用の圧縮袋を使うようにしましょう。

ママに大人気 おすすめの布団圧縮袋10選

布団 amana images

布団圧縮袋にも色々な種類がありますのでその中からおすすめの10個を紹介していきたいと思います。バルブ式のものはもちろん、ジッパー式、掃除機が不要なものから羽毛布団専用のものまで様々です。

是非参考にしてください。

1.安心安全のレックブランド 布団圧縮袋Mサイズ

レック 布団圧縮袋 Baふとん圧縮袋M 2枚入

バルブ式の布団圧縮袋です。逆流を防いでくれる構造です。

シングル布団用なので大きいものは入りませんが、とても簡単、コンパクトに収納することができるそうです。お子さんの布団やシングルサイズの布団にぴったりですね。

レックは日用品で有名な物が多いので安心して使うことが出来ますね。

口コミ

引っ越しの際、布団が場所を取るので購入しました。ファスナーも簡単で色も代わり使いやすいし、空気も抜けません。
良い買い物が出来ました。 出典: www.amazon.co.jp
使いやすく良かったです!
大量の布団類がキレイにクローゼットにおさまりました。 出典: www.amazon.co.jp

使いやすくて良かったとの声が多く聞こえていますね。大量の布団類がクローゼットにスッキリとおさまるのは嬉しいですよね。

空気も抜けにくいとのことで安心です。こういったレビューが沢山書かれていると安心して購入することが出来ますね。

2.ダブルサイズもすっぽり収納 布団圧縮袋LLサイズ

レック 布団圧縮袋 Baふとん圧縮袋LL 2枚入

上で紹介した布団圧縮袋のLLサイズです。

ダブルサイズの布団やお子さんの布団なら2~3枚収納出来る大きさですね。こちらも同じくバルブ式の構造ですので、逆流をガードしながら安心して使うことが出来ます。

LLサイズが2枚入りで、バルブ式にも関わらずこのお値段で買えるというのは嬉しいポイントですね。

口コミ

布団一式入る大きさでよかった。、空気を抜いてから3週間たったが、ぺしゃんこのまま。布団でいっぱいだった押入れにかなり余裕が出来た。 出典: www.amazon.co.jp
以前にも LLサイズを 購入しました。最悪でしたが 、こちらの商品は良いようです。掃除機での空気抜きの部分も工夫がされていて 使い勝手は良いです。チャックの部分も 2重になっていて洩れもないです。 出典: www.amazon.co.jp

こちらは1.で紹介したレック布団圧縮袋のLLサイズバージョン。なんと布団が一式すっぽりと入ってしまうそうです。

圧縮してから、しばらくはぺしゃんこ、というのは嬉しいポイントですね。

3.掃除機がなくても安心 電動吸引ポンプ付き布団圧縮袋

【オリエント】Q-PON! 電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋2P

掃除機が無くても使うことが出来るこちらの布団圧縮袋。電動吸引ポンプと圧縮袋が2枚付いていてこれだけで布団を圧縮することが可能です。

掃除機があまり吸い込まなかったり、外国製の掃除機を使っている為、ノズルがバルブに合わなかったり、古いタイプの掃除機しかなかったりする方には、こちらの電動吸引ポンプ付きの圧縮袋をおすすめします。

このセットを購入するだけで布団圧縮が簡単に出来ますよ。

口コミ

ダイソンで圧縮袋が使えないとわかり、見つけた商品です。簡単に圧縮できて収納スペースが広くなりました。ポンプは小さいので邪魔になりません。  出典: item.rakuten.co.jp
期待通りでした。
期待通りで、扱いやすく便利でした。いいと思います。  出典: item.rakuten.co.jp

掃除機はダイソンを使っているという方も沢山いると思います。機種によって使えないとなると収納に困ってしまいますが、この圧縮袋を使えば心配ありませんね。

電動吸引ポンプ付きはお買い得ですし、是非ご家庭の掃除機で圧縮袋が使えないと困った場合、こちらを利用してみてください。

4.まるめて収納可能 羽毛布団専用圧縮袋

いたわり収納 羽毛布団圧縮袋 羽毛ふとん圧縮袋 1枚入 まるめて収納

こちらは羽毛布団をいたわって圧縮収納することが出来る袋です。圧縮してまるめて収納をし、その後くるくる巻いて保管チューブにいれます。

羽毛布団のことを考えて作られている圧縮袋ですので、安心して使うことが出来ます。

圧縮袋から出した時の回復率が良いのはもちろん、ふかふか感が継続されるのは嬉しいですよね。

口コミ

圧縮袋に入れた後、不織布の保管チューブに入れるため、すべて同じ大きさになるので、スッキリ気持ちが良く収納出来ました。
今まで使った圧縮袋のなかで、一番です。 出典: www.amazon.co.jp
圧縮袋はいままで、いろいろ使いましたが、
今のところこれが一番です。
なんと言っても、使い方が簡単。
圧縮して立てて収納できるのもいいです。 出典: www.amazon.co.jp

羽毛布団専用の圧縮袋なので安心して使う事が出来るということと、立てて収納することが出来るので押入れの中がスッキリとしますね。

今まで使った圧縮袋の中で一番良いと言う声が続いていることからも、この圧縮袋の良さを伺うことが出来ます。

5.組布団がすっぽり入る 布団圧縮袋&収納ケース

布団圧縮袋 収納ケース 圧縮しま専科 組布団用

布団圧縮袋と収納ボックスが合わさったこちらの商品。寝具や衣類の保管に大活躍します。

外部から受ける湿気やダニから布団を守ってくれる上に、全て一つにまとめて収納することが出来ますので一石二鳥です。

形も直方体で押入れにフィットしやすいですね。

口コミ

布団一組と毛布2枚、枕を収納しました。まだ少し余裕があります。クローゼットがスッキリしました!ただ、すごく重い~!上の段に収納する場合は、そこにセットしてから圧縮することをお勧めします… 出典: review.rakuten.co.jp
我が家に押し入れはなく、奥行き52cmのクローゼットしかありません。こちらにお客様用布団を収納し、さらに毛布用に購入したサイズ違いの同じ圧縮袋も使用して、2列、クローゼットに立てて収納しています。スッキリと収納できて、買って良かったです。空気が漏れることもないし、内部にバンドがあるので、しっかり固定できて良いです! 出典: review.rakuten.co.jp

布団1組に毛布2枚、枕がすっぽり入ってまだ余裕があるサイズのようです。こんなに沢山の布団や毛布を収納することが出来ればクローゼットがスッキリしますね。

ただ少し重いのが難点のようです。パパに手伝ってもらうのも良いですね。

6.掃除機いらずで手で圧縮 シングル布団圧縮袋

掃除機がいらない!シングル布団圧縮袋[3枚入]

掃除機で吸うタイプの物を沢山紹介してきましたが、こちらの布団圧縮袋は掃除機がいらないタイプの物です。布団を入れた後に手で押しつぶし、圧縮するタイプのものになります。

羽毛布団も圧縮OKで、押入れ中のカビやダニから布団を守ってくれます。

ただ、圧縮率は50%なので掃除機で吸うタイプのものよりコンパクトにはなりません。

口コミ

掃除機いらずで簡単に圧縮できました
シングルの布団を一袋に収納し、上から寝そべるように中の空気を抜き、その後はじからクルクルと巻くように空気を抜くと簡単に圧縮できました。掃除機を使うタイプは利用したことがないので、比較はできませんが、十分圧縮でき、収納スペースを上手に利用することができ、大変満足しています。また、布団を利用する時には、前日に袋から出しておけば、ふっくらと空気を含み、快適に使えます。お値段、商品共に、とても満足でした。 出典: review.rakuten.co.jp
簡単に圧縮できました♪
押入れの中がいっぱいで布団を圧縮しようと思い、市販の掃除機で圧縮するのを買いましたが掃除機がダメなのか?全然空気が抜けず。こちらのを試してみたら力もいらずに圧縮できました♪良かったです(^-^) 出典: review.rakuten.co.jp

掃除機いらずというのがやはり嬉しいポイントですね。自分の力で圧縮するとなるととても時間や力がいるように思えますが、そんなことはなく、簡単に出来てしまうようです。

圧縮率はあまり良いとは言えないかもしれませんが、手軽に出来るのは嬉しいですよね。

7.ダブルサイズの掛布団を楽々収納 大きい布団用圧縮袋

石崎資材 大きいふとん用圧縮袋

ダブルサイズの掛け布団が楽々収納できる、こちらの大きい布団用圧縮袋。構造が立体的なので効率的に圧縮することが出来ます。

収納スペースを有効活用することでお部屋を広く使うことが可能です。

大容量の布団を効率的に収納してくれますので、ダブルサイズのお布団をお使いの方におすすめです。

口コミ

ゆったりしてます
ダブル用なので、セミダブルの布団がゆったり入れれて、掃除機で吸うのも簡単でした。 出典: review.rakuten.co.jp
ぺちゃんこでコンパクトです。
今まで他社製を使いタンスの上に積み重ねていましたが、半日たつとすぐに空気が入り始め縦方向にふくらみ、気がつくと部屋の天井を圧迫し、いざ来客の準備で取り出したいときに大変苦労していました。
それに比べてこの立体圧縮シリーズはぺちゃんこのままです。またぺちゃんこ具合も以前のものに比べ、縦方向が3分の2くらいになっている気がします。また底マチがついているため、ぺちゃんこにした時の面積そのものが小さく、タンスの上のスペースが少し増えました。
圧縮する時もすべての袋にスライダーがついているため、以前のように1つのスライダーを付けて外してまた付けるという手間もありませんでした。 出典: review.rakuten.co.jp

ゆったりと使うことが出来るこちらの大きい布団圧縮袋。立体圧縮構造でマチがついていますので入れやすさも抜群です。

圧縮するときも全ての袋にスライダーがついていますので、スライダーをつけたり外したりする手間も省けて便利です。

使い勝手が良いのは嬉しいポイントですよね。

8.意外と収納に困る 毛布・タオルケット専用圧縮袋

石崎資材 毛布・タオルケット圧縮袋

布団用の圧縮袋を紹介してきましたが、こちらは毛布やタオルケット用の圧縮袋です。布団は圧縮袋で圧縮するけど毛布やタオルケットはどうしよう…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。毛布は意外と場所も取りますし、押入れに入れてしまっておくことでダニや埃が心配ですよね。

こちらは毛布やタオルケット専用の圧縮袋になりますので、布団と一緒に圧縮して片付けることが可能です。

口コミ

圧縮簡単ですよ
お薦めです。Lサイズより小さいだけあってか閉じるのもすごく簡単でした。2重毛布、シングルサイズすっぽり入りました。圧縮はあっという間です。湿気の季節になる前にもう1つの毛布を圧縮しなくては、2枚セットは本当に助かりました。 出典: review.rakuten.co.jp
タオルケット×3、夏用シーツパッド×3入れてちょうどでした。かなり薄くなって嬉しいです。画像の一番上のがこの夏用の商品です。6枚でこの薄さ!! 出典: review.rakuten.co.jp

毛布を2つ圧縮することが出来るこちらの圧縮袋。毛布の収納は意外と悩みの種なので嬉しいですよね。

タオルケットはなんと3枚にシーツパッド3枚も入るこちらの圧縮袋は必見です。

9.これ一つでまとめて収納 布団一式圧縮袋

ダニ駆除シート2枚付き布団圧縮袋10枚組

ダニ駆除のシートが2枚付いたお得な10枚セットです。布団圧縮袋がなんと10枚入ってこのお値段です。とってもお得ですね。

ダニ駆除シートが付いていますのでダニ防止にも効果的です。

収納期間は約6ヶ月ということなので6ヶ月過ぎると一度布団を出すことをおすすめします。

口コミ

冬物の圧縮に活躍してます。
使わなくなった、敷き布団や掛け布団、こたつ布団なんかをどんどん直してます。枚数も多く値段が安くて、助かります。 出典: review.rakuten.co.jp
来客用布団の収納に
来客用布団を圧縮したくて購入。
10枚入っているため、十分余裕ですべて圧縮できました。 出典: review.rakuten.co.jp

10枚入りなのでご自分の布団はもちろん、来客用の布団まで余裕を持って片付けることが可能です。

こたつ布団や毛布なども圧縮できるので押入れの中がすっきりしますね。

春~夏の衣替えの時期にぴったりです。

10.ダニや虫から布団を守る 圧縮パック用脱酵素剤

圧縮パック用 脱酸素剤 2個入

布団圧縮袋専用の脱酵素剤です。虫よけや殺虫効果があると言われていますので、夏場に布団を片付ける際にこちらも一緒にいれておくと安心ですね。

老舗メーカーの東和産業製なので、造りも安心です。

冬になり圧縮していた布団を出してみるとカビだらけ…となってしまわないように、先手を打つことが大切です。

口コミ

圧縮パックと併用すると残った酸素をこれが吸収しダニも一網打尽!とテレビで見て、使ってて良かった! 出典: www.amazon.co.jp
まだ、使い始めたばかりなので効果は分かりませんが、商品説明を見る限り良さそうな感じです。折角圧縮袋に入れて片付けても中でダニやカビが発生しては困り者ですから。但し、布団は布団乾燥機ではなく必ず天日干しが必要です。 出典: www.amazon.co.jp

テレビでもやっていたという布団圧縮袋のダニ対策。

せっかく圧縮するわけですので中のダニやカビも防ぎたいですよね。

でも、布団は一度天日干しをしてから圧縮しましょうという注意書きがあるようです。

一度天日干ししてから圧縮するようにしましょう。

布団や毛布は布団圧縮袋を使って収納しましょう

布団 PIXTA

これから暖かくなってくると布団や衣類の衣替えシーズンになります。布団や衣類は空気を含んでいるので押入れの中でもかさばりやすいです。

そんな時は布団圧縮袋を使って、効率よく収納をしてみましょう。

自分のおうちにある布団の種類や形状から、それに合った布団圧縮袋を選んで使ってみてくださいね。

「布団圧縮袋」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!