布団圧縮袋の種類や使い方、使用する際の注意点とおすすめの圧縮袋9選をご紹介

布団圧縮袋を使用したことがある方はいるかと思います。衣替えの際、衣類と同様に布団もその季節に合ったものを出しますよね。その際に不要な布団は押し入れやクローゼットなどに収納するでしょう。布団を収納するときに便利なのが布団圧縮袋です。この記事では、布団圧縮袋の種類や使い方、使用上の注意などをご説明していきます。おすすめの布団圧縮袋もご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

PIXTA

布団圧縮袋の種類と使い方

布団圧縮袋はバルブ式タイプとファスナー式タイプの二種類があります。圧縮する布団の種類や収納場所によって使用する布団圧縮袋を選びましょう。

1.バルブ式布団圧縮袋

掃除機 PIXTA

バルブ式の布団圧縮袋は専用の吸い込み口がついており、掃除機のノズルを当てて中の空気を吸い出すタイプの布団圧縮袋です。掃除機で吸引している間は隙間が開き、吸引が終わると自動的にバルブが閉じるオートロック方式です。掃除機で効率よく空気を抜いて逆流の心配もあまりないため、誰でも簡単に素早く作業できますよ。

2.ファスナー式圧縮袋

ファスナー式の布団圧縮袋は、チャックを閉めた後に圧縮袋を手で押して中の空気を抜くタイプや、入り口部分を少し開けておき、掃除機のノズルを差し込んで中の空気を吸い上げるタイプがあります。

ファスナー式の布団圧縮袋は、未使用のものでも細かいほこりが付着していることがあります。そのままの状態で使用すると、ほこりによってチャックの接着が甘くなってしまうため、使用前にふき取りをしておくとよいでしょう。軽くふき取るだけで、空気の逆戻りを防ぐことができますよ。

出典元:

布団圧縮袋を使う際の注意点

羽毛布団 PIXTA

かさばる布団をすっきりと収納できる布団圧縮袋ですが、使い方を間違えると布団の痛みにつながることがあります。使用方法を確認の上使うようにしましょう。

布団をふかふかの状態に保つためには、圧縮しすぎないことも大切です。布団圧縮袋を使うときは、布団の厚みの3分の1程度にとどめるようにしましょう。

また、羽毛布団は一度圧縮してしまうと羽毛布団特有のふんわりとした風合いが戻らなくなってしまうことがあります。

さらに羽毛布団の中にフェザーが使われている場合は、フェザーの軸の部分が折れてしまうことで布団に穴があいてしまう場合も。そのため、メーカーによっては羽毛布団の圧縮袋使用はあまり推奨していないところもあります。羽毛布団用の圧縮袋が販売されていますが、使用上の注意をよく確認するようにしましょう。

出典元:

あると便利!布団圧縮袋でおすすめの商品9選

布団 amana images

さまざまな種類がある布団圧縮袋の中で、おすすめの10商品をご紹介していきたいと思います。バルブ式のものはもちろん、ファスナー式や掃除機が不要なもの、羽毛布団専用のものまで豊富にありますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.レック「Ba ふとん圧縮袋(M)2枚入り(自動ロック式)」

レック Ba ふとん圧縮袋(M)2枚入り(自動ロック式) O-851

どのような掃除機を使用しても圧縮するこことができます。通常の3分の1にまで圧縮できて、完全に圧縮するとファスナー部分の色が変わってわかりやすいのがうれしいポイントです。かさばる布団がすっきりと収納できますよ。

口コミでは「ふかふかの布団や毛布達がせんべい布団になり大満足おかげで押入れに貴重なスペースができまた繰り返し使えるのも経済的でありがたいこれは素晴らしい!」といった声がありました。

2.レック「Ba ふとん圧縮袋(LL)2枚入り(自動ロック式)」

レック Ba ふとん圧縮袋(LL)2枚入り(自動ロック式) O-853

ダブルサイズの布団やお子さんの布団なら2~3枚収納出来る大きさですね。こちらも同じくバルブ式の構造ですので、逆流をガードしながら安心して使うことができます。LLサイズが2枚入りで、バルブ式にも関わらずこのお値段で買えるというのはうれしいポイントですね。

口コミでは「ふわふわの羽毛布団2枚圧縮できました。説明書通りに簡単に行えました。2週間経ちますが、漏れありません。小さいだろうと思い、LL購入しましたが、十分に大きい!1枚ずつ収納したかったので、次回からはLサイズにするつもりです。格安で、納戸が綺麗になり、もっと早く購入すれば良かったと実感してます。」といった声がありました。

3.オリエント「Q-PON! バルブ式 ふとん圧縮袋(2枚入り)」

オリエント Q-PON! バルブ式 ふとん圧縮袋(2枚入り)

こちらの商品は、掃除機がなくても使うことができる布団圧縮袋です。電動吸引ポンプと圧縮袋が2枚付いていて、これだけで布団を圧縮することが可能です。

掃除機があまり吸い込まなかったり、外国製の掃除機を使っているため、ノズルがバルブに合わなかったり、古いタイプの掃除機しかない場合は、こちらの電動吸引ポンプ付きの圧縮袋をおすすめします。このセットを購入するだけで布団圧縮が簡単にできますよ。

口コミでは「今まで掃除機を引っ張り出して圧縮していたのですが、吸引口と合わずになかなか時間がかかっていました、でもこの商品は簡単でとても良かったです、やっぱり2枚着いていた袋は早く圧縮出来たので専用を購入しようと思います。」というような声がありました。

4.ナイスデイ「衣類も布団もラクラク圧縮ボックス(収納ケース&圧縮袋合体タイプ) 組布団用 ブラウン 」

ナイスデイ 衣類も布団もラクラク圧縮ボックス(収納ケース&圧縮袋合体タイプ) 組布団用 ブラウン 47230006

布団圧縮袋と収納ボックスが合わさったこちらの商品。寝具や衣類の保管に大活躍します。外部から受ける湿気やダニから布団を守ってくれる上に、全て一つにまとめて収納することができるため一石二鳥です。形も直方体で押し入れにフィットしやすいですね。押し入れに布団を収納する方はうれしい商品でしょう。

口コミでは「来客用の布団の収納に困っていました。市販されてる安いものだと、圧縮なし、すぐ破れてしまうなどどうすることもできず困ってました。そんな中、検索したらこちらの商品にたどり着きました。両サイドに厚紙?あるおかげで、布団をいれても袋の形が崩れず立てても置けます。敷き布団と枕とシーツのみ圧縮して、掛け布団(二枚重ね)はクリーニング出した為そのままいれましたが、まだまだ余裕ありました!圧縮した布団は戻らず収納できたので、とても満足しています。ありがとうございました。」といった声がありました。

5.「掃除機がいらない!シングル布団圧縮袋(3枚入り)」

掃除機がいらない!シングル布団圧縮袋(3枚入り)

掃除機で吸うタイプの物を沢山紹介してきましたが、こちらの布団圧縮袋は掃除機がいらないタイプです。布団を入れた後に手で押しつぶしながら圧縮するため、掃除機で吸引するタイプよりも若干圧縮率は下がりますが、羽毛布団も圧縮OKで、押し入れ中のカビやダニから布団を守ってくれます。

口コミでは「羽毛布団を二つ折りにして、袋に入れ、左右2つの口を開けておき、手で空気をある程度抜き、スライダーを使い袋口を閉め、乗り上がって空気を抜いたら出来上がり。私はペチャンコを求めてはいないので、仕上がりに充分満足です。今まで使ったことのある製品は掃除機を使わないとダメで面倒だったり、袋自体がパリパリ音がうるさかったりでしたがら、これはラクです。おすすめです。」という声がありました。

6.石崎資材「大きい布団用圧縮袋 Lサイズ2枚入り バルブ式・マチ付ふとん圧縮袋」

石崎資材 大きい布団用圧縮袋 Lサイズ2枚入り バルブ式・マチ付ふとん圧縮袋 FL-01B

ダブルサイズの掛け布団が楽々収納できる、こちらの大きい布団用圧縮袋。構造が立体的なので効率的に圧縮することができます。収納スペースを有効活用することでお部屋を広く使うことが可能です。大容量の布団を効率的に収納してくれるため、ダブルサイズの布団を使っている方におすすめです。

口コミでは「圧縮もいい感じに出来、押し入れで布団がかさばらなくなり、収納に重宝しました。」、「来客時用で普段は使わない敷布団と羽毛掛け布団の収納に大変役立ちました。初めて圧縮した際はうまく袋を封出来ていなかった様で翌朝にはふくらんでいましたが、もう一度気をつけて封をした結果1ヶ月以上経った今でもペッタンコのままです。本当に購入して良かった一品です。」といった声がありました。

7.石崎資材「毛布タオルケット夏ふとん圧縮袋S 2枚入り」

石崎資材 毛布タオルケット夏ふとん圧縮袋S 2枚入り FS-01B

布団用の圧縮袋を紹介してきましたが、こちらは毛布やタオルケット用の圧縮袋です。布団は圧縮袋で圧縮するけど毛布やタオルケットはどうしよう…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。毛布は意外と場所も取りますし、押し入れに入れてしまっておくことでダニやほこりが心配ですよね。

こちらは毛布やタオルケット専用の圧縮袋になりますので、布団と一緒に圧縮して片付けることが可能です。

口コミでは「初めて使ったのですが、毛布、冬布団など、たくさん収容できて、よかったです。」、「毛布に丁度良い大きさでした。お値段も手ごろだし圧縮もとてもしやすくすごく良かったです。」といった声がありました。

8.「ダニ駆除シート2枚付き布団圧縮袋10枚組」

ダニ駆除シート2枚付き布団圧縮袋10枚組

ダニ駆除のシートが2枚付いたお得な10枚セットです。布団圧縮袋がなんと10枚入ってこのお値段です。とってもお得ですね。ダニ駆除シートが付いているため、ダニ防止にも効果的です。

収納期間の目安は約6ヶ月のため、6ヶ月以上続けて使用する場合は、一度圧縮袋から出して天日干しした上で再度圧縮袋にしまいましょう。

口コミでは「この手の収納用具は初めてだったのですが、ものすごい量の布団や毛布が入ります。数量も多くて、このお値段でこの収納力はお見事です。」、「簡単に圧縮出来て半年以上たってもペッタンコのままです。買って正解でした。」といった声がありました。

9.東和産業「脱酸素剤 ダニ カビ予防 圧縮パック用 2個入り」

東和産業 脱酸素剤 ダニ カビ予防 圧縮パック用 2個入り E381380H

こちらの商品は、東和産業から出ている布団圧縮袋専用の脱酵素剤です。虫よけになるため、季節の変わり目に布団を片付ける際こちらも一緒にいれておくとよいですね。

口コミでは「圧縮パックと併用すると残った酸素をこれが吸収しダニも一網打尽!とテレビで見て、使ってて良かった!」、「冬に使っていた羽毛布団を圧縮パックの保存用に使っています。買ってよかった」というような声がありました。

布団圧縮袋は正しく使って効率よく収納しましょう

布団 PIXTA

布団圧縮袋の使い方やおすすめの商品についてご紹介しましたがいかがでしたか?

衣替えシーズンには洋服だけでなく布団の入れ替えをするでしょう。特に布団は空気を含んでいるため、押し入れの中でもかさばりやすいですよね。そのようなときは、布団圧縮袋を使って効率よく収納をしてみましょう。自分のおうちにある布団の種類や形状から、それに合った布団圧縮袋を選んで使ってみてくださいね。

おすすめ記事

「布団圧縮袋」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧