「ママ友」ではなく「友達」が理想。ママ友の平均人数と付き合い方のポイント

ママ友は子供のためにも作らないとだめなの?」と悩むママは多いかもしれません。一方、「ママ友をあえて作らない」という意見もあります。ママ友との関わり方や考え方は人それぞれで、価値観に違いがあって当然。無理して作ることはありませんし、多ければよいというものでもありません。しかし、気軽に話ができる人がいれば楽しいのも事実です。ママ友を作るとしたら、無理をすることなく自然にお付き合いができるとよいですね。

amana images

ママ友って作らなくちゃだめなの?

子供の遊び友達を増やしたり、保育園の情報交換をしたりと、子供のためにはママ友を作った方がよいのではないかと思うママは多いのではないでしょうか。

でも、積極的な人もいれば人付き合いが苦手という人もいます。人付き合いが苦手という人にとっては、「ママ友を作る」ということはとても高いハードルでしょう。

保育園や幼稚園に通い始めれば必然的に交流が生まれますが、あえて乳児期からママ友を作る必要はないのでは?と考えるママもいます。

ママによって価値観も異なりますが、まずは果たしてママ友作りは本当に必要なのかと悩むママの声をご紹介します。

1.子供のためにママ友は必要なのだろうけど…

娘の為にもママ友作らないといけないんだろうけど、作りたくても人見知り発動して作れない。涙が出る(;_;)
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

育児がスタートすると、ママは子供のために友達をつくらなければと思いますよね。友達が自然にできればよいのですが、義務になってしまうと辛いものです。「涙が出る」という言葉から、お子さんのことを思っての親心と、ママ友作りの難しさが伝わってきますね。

2.出産前からママ友は必要?

ママ友 PIXTA

ママ友って作らなきゃダメですか?

まだ産んですらいないんですけど、今の段階から友人にママ友作らなきゃね!って言われるんですが、わざわざ作りに行くつもりなんて全くなかったんです…
自然に仲良くなってその流れで友人になれるならいいんですが(それが理想)、わざわざ連絡先交換してなんとかして自分から作りに行くもんではないと思っていて…
無理矢理仲良くしようとするのって特に人間関係面倒だし。
子供に友達いないと可哀想だよ!とも言われますけど、園に通えば自分で作ってくるでしょ?と思ってます。
友達なんて親から与えられるものじゃないですから。
園に入るまでの3年間、私の元々の友人やその子供、姪っ子ちゃんや家族がいれば充分だと思っているんですが…
私の考えは甘いんですかね?
子供、可哀想ですか?
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

出産する前からママ友作らないと!と言われてしまうと何だか疲れてしまうママは多いのではないでしょうか。子供は自然に友達ができるものと思いながらも、何となく「これでいいのかな」と悩んでいるママもいるでしょう。

3.幼稚園の1日保育が辛い

幼稚園の1日保育疲れた……

幼稚園でママ友作れない無理~~🙄
20代いないしみんな30後半から40代くらいだし
もうグループできてるし無理~~しんどい
みんな鬼に見える✋
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

幼稚園の1日保育では、すでにママたちのグループができ上がっている場合もありそうですね。そのような中に入っていくのはかなり勇気がいるものです。

1日でも疲れてしまうのに、入園したら園の行事などでも顔を合わせることが増えます。うまくお付き合いができればよいですが、それがうまくできたら苦労はしませんよね。ママ友のことで入園前から悩んでしまうママも多くいます。

ママ友は何人いる?幼稚園ママと保育園ママに大きな差

ママ友 PIXTA

リビングくらしHOW研究所が2014年5月9日〜5月31日に行ったアンケート調査(437回答)によると、幼稚園児のママと保育園児のママでは、ママ友の人数に大きな差があることがわかりました。

「ママ友は何人いますか?」の回答で1位だったのは、幼稚園ママが「11~15人」、保育園ママが「3人」となりました。

保育園のママは仕事をしている人が多く、登園やお迎えの時間にばらつきがみられます。一方、お迎えのタイミングが同じ幼稚園児のママは、ママ同士の付き合いが多く、ママ友の人数も多くなるようです。

出典元:

ママ友との関わり方いろいろ

ママ友 amana images

ママ友との関わり方は人それぞれですが、中にはママ友との距離感や関わり方に悩みを持つママも多いのではないでしょうか。

ママ友というくらいですから、「友達」と考えるのが普通ですが、時にはそう思えない状況に遭遇することもあるかもしれません。

ママ友に対しての関わり方に意見をもつママ達の声をご紹介します。

1.ママ友は特定の人に決めない

ママ友付き合いって難しいですよね、、わたしもそうゆう雰囲気になるのが面倒で深くかかわりをもっていません。特定の人はきめず、行事などで近くにいるママさんとお話する感じです。
避けられることしてないのならあまりきにしないほうがいいですよ〰💦
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

仲良くなったと思ったのに何となくいつもと違う空気感がある、何か嫌な思いをさせてしまったのかな?と不安に感じるママは多いはずです。特定の人と仲良くするというのではなく、つかず離れず適度な距離感を保つのがよいかもしれませんね。

何か思い当たることがなければ、あまり気にせず過ごしましょう。

2.ママ友ではなくて友達がよい

ママ友 PIXTA

めんどくさいですね〜💦
私もそうゆう人達苦手かも。群れたり、お互い褒めあったり…😂

ママ友じゃなくて、友達がいいです。
私も子供が産まれたら、親たちとは関わらないといけないけど、そうゆうのが苦手な方も絶対いるので、そうゆう方と仲良くなれたらいいなと思います。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

ママ友というとどうしても子供を介して、子供のために仲良くなったという印象が強いですが、できれば昔からの友達のような関係になりたいものです。

子供が幼稚園や保育園に行き始めたら、関わらなくてはいけないけれど、どう努力しても気が合わない人もいます。そのような中でも、気が合う友達と仲良くなれたら嬉しいですよね。

3.適度な距離感が大事

ん~うちは周りにはそういう人いないなぁΣ(゜Д゜)

それは頻繁に連絡し合うとかあり得ないです😵

適度な距離なんでたまに連絡するくらいで、用があるときにはラインですが💦
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

友達だからといってあまりにも頻繁に連絡されるのは困ってしまいますよね。

お互い生活リズムも違いますし、適度な距離感を持って接することは重要なことです。用事がなければ連絡してはいけないというのではなく、お互いの生活を尊重できる関係性を保ちたいものです。

出典元:

先輩ママに聞く「ママ友づきあいで気を付けていること」

ママ友 amana images

ママ友づきあいをしていく上で理想はあっても、どのようなことに気を付けていれば気持ちのよい関係を築けるのか気になりますよね。

実際にママ友づきあいをしている先輩ママに、気持ちよくママ友と付き合うコツを聞きました。

  • 適度な距離感を保つ
  • 自分からあまり踏み込んだ話はしない、深入りはしない
  • 自分から連絡先の交換をしない
  • 無理して付き合おうとしない
  • 自分を偽らないようにする
  • 共通の話題で話す
  • 子供を評価するような言葉は使わないように気を付ける

ママ友とのお付き合いの経験がある先輩ママにお話を聞いたところ、ママ友とは適度な距離感をもって接しているという声が多く、個人的な話や連絡先を聞くことは、よほど仲良くなるまではしないということでした。

ママ友と話すときは、自分を偽らないこと、無理をして付き合うことはせず決して深入りしないというルールを設けているママも。

また、子供の発達や成長にかかわる話は、特に気にするママも多くデリケートな話題のため、できるだけ話さない、表現に気を付けるといった意見もありました。

先輩ママの声からも、無理せず自分と気の合うママがいたら話してみる、というくらいがママ友との関係を築くのにはちょうどよいでしょう。

肩の力を抜いて、自分に合った関わり方を

ママ友 amana images

ママ友の人数は、ママのライフスタイルによっても異なることがわかっています。

決して多いからよいというものではなく、少ないからいけないということでもありません。重要なのは、自分にあった関わり方であるかどうかということ。

家事や育児をこなす中で、肩ひじはらずに自分らしく楽しい仲間との時間を過ごすことがママの充実感にもつながります。せっかくの友人ですから、楽しい時間を過ごせるような関係を保ちたいものですね。

記事の感想を教えて下さい

7月1日〜17日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様にギフト券500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「ママ友」「関わり方」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!